【WinUp個別】不定期・2021年9月2日のKB配信【2021/9/4】

この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

2021年9月2日の配信(不定期配信)情報です。

Win11のビルドアップとWin10のセキュリティー更新が含まれないプレビューが配信されています。

 

Win10(各Ver.)の累積の既知の不具合や解決方法は以下のページの左側のメニューから自分が確認したいVer.を選択して見てくださいね。

Windows 10バージョン2004およびWindows Serverバージョン2004

Windows 10、バージョン20H2およびWindows Server、バージョン20H2

Windows 10 バージョン 21H1

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害
OS/ソフト Windows、Update、8.1、10、11
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

今回の注意点

現時点では、既知問題以外の情報はありません。

 

【WinUp個別】WinUpの確認で落ちてこないKBがある?【2021/1/15】

 

OS・Ver.毎のKB配信

現在、・Win10(21H1・20H2/2004)・Win8.1のKB配信情報をお届けしています。なお、1909は5/12でサポート終了となるため、情報提供は終了となりました。

 

記事に載っていないWin 10各Ver.の重要な更新は以下で確認してくださいね。

Windows 10 の更新履歴

 

Win11・10(21H1)のWindows Insiderプログラム

ダウンロードリンク

Windows11 インサイダープレビュー22449.1000(リンクなし)

Win11・10(21H1)のWindowsInsiderプログラムについては、通常のWindowsUpdateでスタンドアローン版を入手することはできません。そのため、ダウンロードリンクを掲載できないです。

開発チャネルおよびベータチャネルのWindowsInsiderプログラムのメンバーとなり、インサイダー版のOSを導入されている場合にWinUpでの提供があるものです。

手動での導入も可能ですが、結構な手間が必要です。

Windows 10アップデートセンターさんの記事に手動での更新方法が載っていますので、興味のある方は見てくださいね。

また、詳細情報なども掲載されているのですが記事コピー禁止のため、このサイトでの引用は行いません。

 

Windows11 インサイダープレビュー22449.1000(RSプレリリース)

22454.1000から22449.1000へのアップです。

Windows 11開発版、本来の開発版となり不具合・不安定増えるため要注意

Windows 11 InsiderPreviewビルド22449の発表(MSブログ)

更新7:10 PM PDT:最近、開発チャネルとベータチャネルの両方のWindows Insiderが、スタートチャネルとタスクバーが応答せず、OSの設定やその他の領域が読み込まれないことを報告し始めました。インサイダーに送信され、そのデプロイメントをキャンセルしたサーバー側デプロイメントの問題をすぐに発見しました。この問題の影響を受けた場合は、次の手順を使用してPCで動作状態に戻すことができます。

手順1: CTRL-ALT-DELを使用して、タスクマネージャーを開くことを選択します。
ステップ2:タスクマネージャーの下部にある[詳細]を選択して、タスクマネージャーを展開します。
ステップ3:「ファイル」に移動し、「新しいタスクを実行」を選択します。
ステップ4:「開く」フィールドに「cmd」と入力します。
手順5:以下を貼り付けます(すべて太字):
reg delete HKCU \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ IrisService / f && shutdown -r -t 0
ステップ6:Enterキーを押すと、PCが再起動します。再起動後、すべてが正常に戻るはずです。
——————————————————-

こんにちはWindowsInsider、本日、Windows 11 Insider Preview Build22449を開発チャネルにリリースします。

このビルド番号は、受け取っているWindows11プレビュービルドよりも大きいことに気付くかもしれません。これは、開発チャネルをアクティブな開発ブランチ(RS_PRERELEASE)からのビルドの受信に戻すためです。これは、Dev Channelにリリースされたビルドが、10月5日に顧客にリリースされるWindows11エクスペリエンスと一致しなくなったことを意味します。

これらのビルドは、新しい開発サイクルの初期段階からのものであり、エンジニアからの最新の進行中のコードが含まれています。これらは常に安定したビルドであるとは限りません。また、開発チャネルでのフライト中に、主要なアクティビティをブロックしたり、回避策を必要としたりする問題が発生する場合があります。フライトごとにこれらの問題の多くを文書化するため、ブログ投稿に記載されている既知の問題を必ずお読みください。新しい開発サイクルの初期段階にあるため、これらのビルドに新しい機能や大きな変更がすぐに表示されることはありません。これらのビルドも特定のリリースと一致していません。これらのビルドからの新機能とOSの改善は、準備ができたときに将来のWindowsリリースに表示される可能性があり、完全なOSアップデートまたはサービスリリースとして提供される可能性があります。

Windows Insider ProgramとOSアップデートのフライトに不慣れな方は、 この記事をチェックして、フライトの仕組みと各チャネルで何が期待できるかを確認してください。

 

 

Win10(21H1・20H2・2004)

ダウンロードリンク

KB5005101(ロールプレ・セキュリティー更新を含まない)

 

2021-08×64モデル用Windows10バージョン21H1のプログラム更新(KB5005101)

2021年9月1日-KB5005101(OSビルド19041.1202、19042.1202、および19043.1202)プレビュー

ハイライト
Bluetoothヘッドセットが音声通話でのみ機能するというまれな状態を更新します。

日本語の再変換をキャンセルすると、ふりがなの結果が間違ってしまう問題を更新します。

Windows Updateをインストールした後、MicrosoftOneDriveの同期を「既知のフォルダーのみ」にリセットする問題を更新します。

デバイスに特定のサードパーティオーディオドライバーがある場合、USBを使用してデバイスに接続するオーディオヘッドセットが機能しない問題を更新します。

ちらつきや線のアーティファクトが残る可能性のある画像のサイズ変更に関する問題を更新します。

アウトオブボックスエクスペリエンス(OOBE)プロセス中に、ユーザー名ボックスに単語を入力できない問題を更新します。この問題は、中国語の入力方式エディター(IME)を使用している場合に発生します。

テキストボックスをOffice365アプリにコピーして貼り付ける際の問題を更新します。IMEを使用している場合、テキストボックスにテキストを挿入することはできません。

タッチ入力ジェスチャを行うときにデバイスが機能しなくなる可能性がある問題を更新します。この問題は、ジェスチャの途中でより多くの指をタッチパッドまたは画面に接触させた場合に発生します。

ハイバネーション後に外部モニターに黒い画面が表示される可能性がある問題を更新します。この問題は、外部モニターが特定のハードウェアインターフェイスを使用してドッキングステーションに接続している場合に発生する可能性があります。

ハイダイナミックレンジ(HDR)モニターの標準ダイナミックレンジ(SDR)コンテンツの明るさをリセットする問題を更新します。これは、デバイスを再起動するか、デバイスにリモートで再接続した後に発生します。

 

改善と修正
Windows 10、バージョン21H1
Windows 10、バージョン20H2
Windows 10、バージョン2004
このセキュリティ以外の更新には、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

ユーザーが分散コンポーネントオブジェクトモデル(DCOM)のアクティブ化の失敗を追跡できない問題に対処します。

高負荷時にWindowsリモート管理(WinRM)サービスが機能しなくなる可能性のあるスレッドの問題に対処します。

Windows Management Instrumentation(WMI)プロバイダーのホストプロセスが機能しなくなる原因となる問題に対処します。これは、Desired State Configuration(DSC)の使用時に発生する未処理のアクセス違反が原因で発生します。

異なるボリュームに格納されている分散ファイルシステム(DFS)パス間のファイル移行が失敗する原因となる問題に対処します。この問題は、Move-Itemコマンドを使用するPowerShellスクリプトを使用して移行を実装する場合に発生します。

メモリ不足状態が発生した後、WMIリポジトリに書き込めない問題に対処します。

ハイダイナミックレンジ(HDR)モニターの標準ダイナミックレンジ(SDR)コンテンツの明るさをリセットする問題に対処します。これは、システムを再起動するか、システムにリモートで再接続した後に発生します。

ハイバネーション後に外部モニターに黒い画面が表示される可能性がある問題に対処します。この問題は、外部モニターが特定のハードウェアインターフェイスを使用してドッキングステーションに接続している場合に発生する可能性があります。

VBScript内でネストされたクラスを使用するときに発生するメモリリークに対処します。

アウトオブボックスエクスペリエンス(OOBE)プロセス中に、ユーザー名ボックスに単語を入力できない問題に対処します。この問題は、中国語の入力方式エディター(IME)を使用している場合に発生します。

シムを使用するアプリケーションが動作を停止する原因となる問題に対処します。この問題は、edgegdi.dllがインストールされていないデバイスで発生します。エラーメッセージは、「edgegdi.dllが見つからなかったため、コードの実行を続行できません」です。

テーマのないウィンドウを使用するアプリケーションを最小化できない可能性がある問題に対処します。

タッチ入力ジェスチャ中にデバイスが動作を停止する可能性がある問題に対処します。この問題は、ジェスチャの途中でより多くの指をタッチパッドまたは画面に接触させた場合に発生します。

ちらつきや線のアーチファクトが残る可能性のある画像のサイズ変更に関する問題に対処します。

テキストボックスをコピーしてOffice365アプリに貼り付ける際の問題に対処します。IMEは、テキストボックスにテキストを挿入できないようにします。

USBオーディオヘッドセットがUSBオーディオオフロードをサポートするデバイスで動作しない問題に対処します。この問題は、デバイスにサードパーティのオーディオドライバをインストールした場合に発生します。

認証メカニズム保証(AMA)が機能しなくなる原因となる問題に対処します。この問題は、Windows Server 2016(または新しいバージョンのWindows)に移行する場合、およびAMAをWindows Hello forBusinessの証明書と組み合わせて使用​​する場合に発生します。

コード整合性ポリシーでパッケージファミリ名ルールを指定するときに、コード整合性ルールが正しく機能しない問題に対処します。この問題は、大文字と小文字が区別される名前の不適切な処理が原因で発生します。

ShellHWDetectionサービスが特権アクセスワークステーション(PAW)デバイスで開始できず、BitLockerドライブの暗号化を管理できない問題に対処します。

一部のMicrosoftOfficeアプリケーションが特定のプロセッサを搭載したマシンで動作するのを妨げるWindowsDefenderエクスプロイト保護の問題に対処します。

リモートアプリを閉じてもIMEツールバーが表示される問題に対処します。

ポリシー「システムの再起動時に指定された日数より古いユーザープロファイルを削除する」を構成するときに発生する可能性のある問題に対処します。ユーザーがポリシーで指定された時間より長くサインインしている場合、デバイスは起動時に予期せずプロファイルを削除する可能性があります。

MicrosoftOneDriveの同期設定「常にこのデバイスを維持する」の問題に対処します。Windows Updateをインストールした後、設定が予期せず「既知のフォルダーのみ」にリセットされます。

ユーザーが日本語の再変換をキャンセルすると、誤ったふりがなの結果が表示される問題に対処します。

Bluetoothヘッドセットが音楽再生にAdvancedAudio Distribution Profile(A2DP)を使用して接続できなくなり、ヘッドセットが音声通話でのみ機能するというまれな状況に対処します。

「対象製品バージョン」ポリシーを追加します。これにより、管理者は、デバイスを移行または維持するWindows製品(Windows10やWindows11など)を指定できます。

ローカルセキュリティ機関(LSA)ルックアップキャッシュのデフォルトのエントリ数を増やして、ルックアップ量が多いシナリオでのルックアップパフォーマンスを向上させます。

インプレースアップグレード中に、管理者アカウントやゲストアカウントなどの重複する組み込みローカルアカウントが作成される可能性がある問題に対処します。この問題は、以前にこれらのアカウントの名前を変更した場合に発生します。その結果、ローカルユーザーとグループのMMCスナップイン(lusrmgr.msc)は、アップグレード後にアカウントがない状態で空白で表示されます。この更新により、影響を受けるマシンのローカルSecurity Account Manager(SAM)データベースから重複するアカウントが削除されます。システムが重複するアカウントを検出して削除した場合、システムイベントログにID16986のDirectory-Services-SAMイベントが記録されます。

srv2!Smb2CheckAndInvalidateCCFFileの停止エラー0x1Eに対処します。

「COMコンポーネントの呼び出しからHRESULTE_FAILが返されました」というエラーで転送検証が失敗する可能性がある問題に対処します。この問題は、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、またはWindows Server2012をソースとして使用している場合に発生します。

重複排除フィルターが再解析ポイントで損傷を検出した後、システムが動作を停止する可能性がある問題に対処します。この問題は、以前の更新で導入された重複排除ドライバーの変更が原因で発生します。

データ損失を修正するためにバックアップオプション(/ B)を指定してrobocopyコマンドを使用する際の問題に対処します。この問題は、ソースの場所に階層化されたAzure FileSyncファイルまたは階層化されたクラウドファイルが含まれている場合に発生します。

廃止されたストレージヘルス機能からのOneSettingsAPIに対するクエリの実行を停止します。

1400を超える新しいモバイルデバイス管理(MDM)ポリシーを有効にします。これらを使用すると、グループポリシーもサポートするポリシーを構成できます。これらの新しいMDMポリシーには、App Compat、イベント転送、サービス、タスクスケジューラなどの管理用テンプレート(ADMX)ポリシーが含まれています。2021年9月以降、Microsoft Endpoint Manager(MEM)設定カタログを使用してこれらの新しいMDMポリシーを構成できます。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows Updateの改善

マイクロソフトは、信頼性を向上させるために、WindowsUpdateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseエディションとProエディションを含め、WindowsUpdateから更新を自動的に受信するように構成されたWindows10を実行しているデバイスには、デバイスの互換性とWindows Update forBusinessの延期ポリシーに基づいて最新のWindows10機能の更新が提供されます。これは、長期サービス版には適用されません。

Windows 10サービススタックの更新-19041.1161、19042.1161、および19043.1161
この更新プログラムは、WindowsUpdateをインストールするコンポーネントであるサービススタックの品質を向上させます。サービススタック更新(SSU)は、デバイスがMicrosoft更新プログラムを受信して​​インストールできるように、堅牢で信頼性の高いサービススタックを確保します。

 

このアップデートの既知の問題
症状
Microsoft日本語入力方式エディター(IME)を使用して、ふりがな文字の入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがな文字が取得されない場合があります。ふりがな文字を手動で入力する必要がある場合があります。

注影響を受けるアプリは、ImmGetCompositionString()関数を使用しています。

回避策
現在、解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

症状
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsインストールを備えたデバイスでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除される可能性がありますが、新しいMicrosoftEdgeによって自動的に置き換えられることはありません。この問題は、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンのサービススタック更新(SSU)を最初にインストールせずに、この更新をイメージにスリップストリームすることによってカスタムオフラインメディアまたはISOイメージが作成された場合にのみ発生します。

注更新プログラムを受信するためにWindowsUpdateに直接接続するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update forBusinessを使用しているデバイスが含まれます。Windows Updateに接続するすべてのデバイスは、追加の手順なしで、常に最新バージョンのSSUと最新の累積更新プログラム(LCU)を受信する必要があります。

回避策
この問題を回避するには、LCUをスリップストリームする前に、2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージに最初にスリップストリームするようにしてください。現在Windows10バージョン20H2およびWindows10バージョン2004で使用されているSSUとLCUの組み合わせパッケージでこれを行うには、組み合わせたパッケージからSSUを抽出する必要があります。使用しているSSUを抽出するには、次の手順を使用します。

次のコマンドラインを使用して、msuからcabを抽出します(例としてKB5000842のパッケージを使用):Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <宛先パス>を展開します。

次のコマンドラインを使用して、以前に抽出したcabからSSUを抽出します。expandWindows10.0-KB5000842-x64.cab/ f:* <宛先パス>

これで、SSUキャブ(この例ではSSU-19041.903-x64.cab)が作成されます。最初にこのファイルをオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUにスリップストリームします。

影響を受けるカスタムメディアを使用してOSをインストールすることでこの問題がすでに発生している場合は、新しいMicrosoftEdgeを直接インストールすることで問題を軽減できます。新しいMicrosoftEdge for Businessを広く展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge forbusinessのダウンロードと展開」を参照してください。

 

症状
2021年6月21日(KB5003690)の更新プログラムをインストールした後、一部のデバイスは、2021年7月6日(KB5004945)以降の更新プログラムなどの新しい更新プログラムをインストールできません。「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示されます。

回避策
詳細と回避策については、KB5005322を参照してください。

 

 

 

今回の記事は以上です。

 

コメントを残す

CAPTCHA