お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

【注意喚起】プリンター共有に関する記事へのアクセスが非常に多くなっています【2018/12/27】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

お知らせ2
2019/2/6、旧館をはてなダイアリーからはてなブログに移行しました。詳細は【お知らせ】自作PCの道楽(旧館)のはてなブログへの移行について【2019/2/6】をご覧ください。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にもあります。

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WordPressの機能を利用したもので,
よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

288人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】お知らせと2019/1/7までの障害情報【2019/1/8】

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


内容
明日1/9、第一定例日の記事公開時間について

1/3配信のKB4461627にかかるExcelの不具合

Win10(1809)上の.flacにかかる不具合

Chromeの動作不具合

 

明日1/9、第一定例日の記事公開時間について
本日1/8は夜勤のシフトが入っているため、1/9の帰宅が09:00ごろになります。よって、1月第一定例日の情報記事はお昼ごろの公開予定です。

様子見の上、お待ちいただけると幸いです。

 

1/3配信のKB4461627にかかるExcelの不具合
Excel 2010用更新プログラムKB4461627を適用すると「Excelを開始できない・クラッシュする・ファイルが開けない」などの障害が発生します。

解決法
KB4461627をアンインストールします。

なお、KB4461627は1/5付で取り下げとなっていますのでアンいんすとーつごにブロックするなどの処置は不要です。

参考
2019年1月2日、Excel 2010用の更新プログラム(KB4461627)
通知

この更新プログラムをインストールした後に、Microsoft Excelまたは他のアプリケーションで問題が発生することがあります。これを解決するには、「詳細」に記載されている手順に従って、更新プログラムをアンインストールします。

このアップデートはもう利用できません。

 

Win10(1809)上の.flacにかかる不具合
こちらの情報は、ニッチなPCゲーマーの環境構築さんの【アプデ】 Windows10 v1809 October 2018 Updateを適用後、FLACファイルのメタデータが途切れたり正常に再生できなくなるがネタ元となります。

一部抜粋

Windows10 v1809 October 2018 Updateを適用後、リッピングしたFLACファイルのメタデータが途切れる

再生自体にも影響を及ぼし、本来の長さよりも短い時間で再生が途切れる場合もある

Microsoftもこの不具合を認識しているようで、次期大型アップデート『19H1』のIP版では既に修正済みとされています。しかし、v1809に対して修正がいつ配信されるかといった案内はまだありません。

参考
MSコミュニティー
[Windows 10] FLACファイルが正しく認識しない

TuneBrowserフォーラム
特定の.flacファイルが再生できません

 

Chromeの動作不具合
こちらの情報も、ニッチなPCゲーマーの環境構築さんの【ブラウザ】 Chromeが3~4秒フリーズする不具合が発生。AviraやAdobe Acrobat Reader DCとの相性問題かがネタ元となります。

一部抜粋

Avira
Aviraに含まれる『Safe Shopping Session Service.exe』が動いているとこの不具合が発生します。『Safe Shopping Session Service.exe』を強制終了させればChromeが正常に動くようになりますが、しばらくするとまた『Safe Shopping Session Service.exe』が勝手に起動します。AviraをアンインストールすることでChromeが正常に動作するようになります。なお、原因となる『Safe Shopping Session Service.exe』だけを削除した場合、Aviraが使用できなくなります。

Adobe Acrobat Reader DC
Adobe Acrobat Reader DCがインストールされているとこの不具合が発生します。Adobe Acrobat Reader DCをアンインストールすることでChromeが正常に動作するようになります。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA