お知らせ

注意喚起・未検証
先日Win7スタンドアロン版のセキュリティーのみのアップデートを適用した場合に「NPS 認証が中断され、ワイヤレスクライアントが接続に失敗する」という不具合は、今回のMS発表を見るに「8月のアップデートを適用したPCで条件は限定されず、Win7/8.1/10共通に発生する」可能性がある気がします。

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

最新記事
【WinUp個別】RS2(1703)の配信は見境なし!!!

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+


サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

【Windows Update】どうも調子が悪い場合に一番最初にやること【とりあえず】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分18秒です。

◎最終更新日 2015/10/18

結論要約
Windows Updateに関して、内容が適用できない・適用して不都合や不具合が発生したなどのほかに「Windows Updateそのもの」の調子が悪いという事例が増えている気がします。

不都合・不具合の原因は多岐にわたるのですが、一番最初は次のような手立てを実行すると良いでしょう。




対象機材/OS/ソフト
Windows Vista / 7 / 8 / 8.1

対象読者
Windows Updateがどうも不調という方。(確認に時間がかかる・取得できないことがある・適用時にエラーが発生するなど)

 

・本文

Windows Updateに関して、内容が適用できない・適用して不都合や不具合が発生したなどのほかに「Windows Updateそのもの」の調子が悪いという事例が増えている気がします。

不都合・不具合の原因は多岐にわたるのですが、一番最初は次のような手立てを実行すると良いでしょう。

 最新の Windows Update エージェントをインストールしなおしてみる。
Windows Update エージェントを最新バージョンに更新する方法

 Fixitを実行してみる。
Windows Update のコンポーネントをリセットする方法

 エラーコードがわかる場合は、 Windows Update の一般的なエラーのソリューションを試してみる。

 

以上で改善しない場合は、原因が多岐にわたるため共通の手段というのは少ないのですが、次のようなトラブルシューティングをすることになります。


*cmd(管理者)は、WindowsキーとXキーを同時押しして「高度なコンテキストメニュー」を表示させるのが簡単です。

コンテキスト-CMD

 お使いのセキュリティーソフトで「PC全体をフルスキャンしてみる。
ウイルスやマルウエアの影響が原因の場合があります。

 OSの正常性の確認
Cmdを管理者として実行し、sfc /scannow と DISM.exe /online /cleanup-image /Restrehealth コマンドを実行する。

 Windowsのトランザクションログに異常が発生していないか確認する。
おもにVistaでの問題となります。

イベントビューアーで、管理イベントのエラーの中に「トランザクション関連の項目」がないか確認します。もしある場合は、トラザクションログをリセットします。

Cmd(管理者)で、2.「 fsutil resource setautoreset true c:\ 」と入力します。c:\はエラーの出ているドライブを指定します。

 セキュリティーソフトの確認
・カスペルスキーのように独自のファイヤーウオールを持つソフトや、インターネットバンキング用のセキュリティーソフトを使用している場合には「ファイヤーウオールが二重起動している」場合があります。確認してみてくださいね。

参考:
SaAt Netizen・IBM Security Trusteer Rapport
旧館の記事「特定のサイトの閲覧ができない・サイトの表示が遅い場合の追加情報…2015/6/14

 セキュリティーソフト全体を停止または(完全)アンインストールしてみる。
*できる限り、保護の停止やコントロールパネルからのアンインストールではなく、ベンダーのサイトなどから(完全)削除ツールをダウンロードして実行することをお勧めします。

マカフィーの例:
マカフィー・個人向け製品専用削除ツール(MCPR.exe)の使用方法

 クリーンブートしてみる。
ソフトウエアの競合がないかを確認します。
Windows のクリーン ブートを実行する方法

 Windows 8.1 Tips 集 – Windows Update トラブルシューティング ガイドの手順を最初から試す。特に「方法 2 : BITS トラブルシューティング ツールを実行する」は、試す価値があります。(重複しているものもありますが、最後と考えもう一度順番どおりに実行してみるのもよいかと思います。)

 

ここまでやって直らない場合、一般にこれ以上の修復手順はなかなか難しいかと思います。いわゆるプロに依頼するか、ファイルなどのバックアップを行ってからOSをクリーンインストールしてみることになるでしょう。

 

人気ブログランキングへ

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す