注意喚起

「Windows Essentials 2012」のサポートが終了しています。

また、Win8に関しても1/13でサポート終了となりますので注意してくださいね。

 大変失礼しました、勘違いで記載した誤情報です。錯誤した原因のWin10のビルドごとのサポート終了について記事にしましたのでご覧ください。

【重要】Win10のビルド(バージョン)ごとのサポート終了【正直私もわからない】

お知らせ

サイトの常時SSL化作業のお知らせ
2016//12/30より、サイトの常時SSL化作業を開始します。

お願い
常時SSL化に伴い早急に解消作業を行う予定ですが、ブログページ内の個別の画像リンクや照会先リンク、アフィリエイトリンク先などがSSL対応でない場合に「保護されたコンテンツのみ表示しますか」というような警告が表示され、安全なページであってもURLの先頭に鍵マークが表示されません

詳細はこちら ⇒ サイトの常時SSL化作業のお知らせ

旧館からの記事移動開始のお知らせ
2016/12/11より、旧ブログ「自作PCの道楽」(はてなダイアリー)から「自作PCの道楽新館」への記事の移動を開始しました。

◎ フォーローしてね! WinUP情報や不具合情報追加を、ツイッター・フェイスブック・Google+でお知らせしていますのでご利用ください。

保護中記事のパスワードについて 記事の自己検閲によるパスワード保護の開始についてを読み了承の上閲覧される方は「5525」を入力してくださいね。

サイト内検索:カテゴリなど一部詳細情報はページ最下部もご覧ください





【Windows Update】どうも調子が悪い場合に一番最初にやること【とりあえず】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分18秒です。

◎最終更新日 2015/10/18

結論要約
Windows Updateに関して、内容が適用できない・適用して不都合や不具合が発生したなどのほかに「Windows Updateそのもの」の調子が悪いという事例が増えている気がします。

不都合・不具合の原因は多岐にわたるのですが、一番最初は次のような手立てを実行すると良いでしょう。

  広告




対象機材/OS/ソフト
Windows Vista / 7 / 8 / 8.1

対象読者
Windows Updateがどうも不調という方。(確認に時間がかかる・取得できないことがある・適用時にエラーが発生するなど)

 

・本文

Windows Updateに関して、内容が適用できない・適用して不都合や不具合が発生したなどのほかに「Windows Updateそのもの」の調子が悪いという事例が増えている気がします。

不都合・不具合の原因は多岐にわたるのですが、一番最初は次のような手立てを実行すると良いでしょう。

 最新の Windows Update エージェントをインストールしなおしてみる。
Windows Update エージェントを最新バージョンに更新する方法

 Fixitを実行してみる。
Windows Update のコンポーネントをリセットする方法

 エラーコードがわかる場合は、 Windows Update の一般的なエラーのソリューションを試してみる。

 

以上で改善しない場合は、原因が多岐にわたるため共通の手段というのは少ないのですが、次のようなトラブルシューティングをすることになります。


*cmd(管理者)は、WindowsキーとXキーを同時押しして「高度なコンテキストメニュー」を表示させるのが簡単です。

コンテキスト-CMD

 お使いのセキュリティーソフトで「PC全体をフルスキャンしてみる。
ウイルスやマルウエアの影響が原因の場合があります。

 OSの正常性の確認
Cmdを管理者として実行し、sfc /scannow と DISM.exe /online /cleanup-image /Restrehealth コマンドを実行する。

 Windowsのトランザクションログに異常が発生していないか確認する。
おもにVistaでの問題となります。

イベントビューアーで、管理イベントのエラーの中に「トランザクション関連の項目」がないか確認します。もしある場合は、トラザクションログをリセットします。

Cmd(管理者)で、2.「 fsutil resource setautoreset true c:\ 」と入力します。c:\はエラーの出ているドライブを指定します。

 セキュリティーソフトの確認
・カスペルスキーのように独自のファイヤーウオールを持つソフトや、インターネットバンキング用のセキュリティーソフトを使用している場合には「ファイヤーウオールが二重起動している」場合があります。確認してみてくださいね。

参考:
SaAt Netizen・IBM Security Trusteer Rapport
旧館の記事「特定のサイトの閲覧ができない・サイトの表示が遅い場合の追加情報…2015/6/14

 セキュリティーソフト全体を停止または(完全)アンインストールしてみる。
*できる限り、保護の停止やコントロールパネルからのアンインストールではなく、ベンダーのサイトなどから(完全)削除ツールをダウンロードして実行することをお勧めします。

マカフィーの例:
マカフィー・個人向け製品専用削除ツール(MCPR.exe)の使用方法

 クリーンブートしてみる。
ソフトウエアの競合がないかを確認します。
Windows のクリーン ブートを実行する方法

 Windows 8.1 Tips 集 – Windows Update トラブルシューティング ガイドの手順を最初から試す。特に「方法 2 : BITS トラブルシューティング ツールを実行する」は、試す価値があります。(重複しているものもありますが、最後と考えもう一度順番どおりに実行してみるのもよいかと思います。)

 

ここまでやって直らない場合、一般にこれ以上の修復手順はなかなか難しいかと思います。いわゆるプロに依頼するか、ファイルなどのバックアップを行ってからOSをクリーンインストールしてみることになるでしょう。

 

人気ブログランキングへ

    About comments

    申し訳ありませんが、日本語のコメントのみを承認しています。 Sorry, only for Japan to approve. 죄송 하지만 일본어 코멘트를 승인 하 고 있습니다. 抱歉,只为日本批准。 عذراً، فقط لليابان الموافقة.

    コメントを残す




    CAPTCHA