【Win10】HGST(日立)製HDD使用者はアップグレードにに厳重注意【BSOD地獄】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分50秒です。

◎最終更新日 2015/10/21

結論要約
HGST GPT Disk Manager(Paragon GPT Loader)所以で、Win10アップグレード後にBSODが発生する。




対象機材/OS/ソフト・対象読者
アップグレードしたWin10のうち、インストールされていたHGST GPT Disk Manager(Paragon GPT Loader)のアンインストール時に不都合があった場合。

・本文
報告例:(出展2ch)
Win7→Win10
ただし、アップグレード以外でも発生の可能性あり。

症状:
(新たに?)GPTのHDDを接続して起動した時、もしくは読み書きした時にMEMORY_MANAGEMENTのBSODで再起動する。(再起動ループもあり)

定かではないが、当初からWin10でGTP使用のディスク・以前のOSでGTPとして使用していたディスク・非GTPのディスクが混在する環境では一層の注意が必要な可能性あり。

原因と推定されているもの:
HGST GPT Disk Manager(Paragon GPT Loader)はWin10アップグレード時に削除を求められる模様であるが、アンインストール時に付属のドライバのgpt_loaderが消え残る場合がある。

その状態でWin10アップグレードを実行した場合に「gpt_loader」が原因のBSODが発生する。

解決策:
レジストリキーの削除。

・検索で「 regedit 」と入力しレジストリエディタを起動。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\Class\{4d36e967-e325-11ce-bfc1-08002be10318}のUpperFiltersの値からgpt_loaderを削除

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\gpt_loaderを削除

今回の事例に該当する場合、緑の矢印の順に追っていくと「赤枠の部分」にgpt_loaderがあります。

*画像クリックで拡大します。
ファイル履歴-障害00022

 

注意点:
上記手順を踏まずに、system32\drivers\gpt_loader.sysを手動で削除すると、GPTディスクを接続していない状態でもinaccessible_boot_deviceでBSODが発生する状態になる。

人気ブログランキングへ

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す