【Win UP@2015/7~個別】Chromeブラウザを起動しているとPCが極端に重くなる問題の解決@nVidia

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分39秒です。

「Chrome」Webブラウザがクラッシュ,フリーズ,TDR(Timeout Detection and Recovery)などする事象の解決策として、Hotfixドライバが公開されました。ただし、Hotfixドライバはベータ版ドライバよりも一段下という取扱いですから、「Chrome」ブラウザおよびG-SYNC環境でのトラブルに対処したHotfix版ドライバ「GeForce 353.38」などを参考に事象の発生している人のみ導入してくださいね。 この問題をWindows Update由来と思っている方も多いようですので「このカテゴリの記事」として公開します。 新規ドライバの入手先: GeForce Hotfix driver 353.38

募集中です!!! よろしくお願いすます!!!

投稿記事の募集を開始します

 

人気ブログランキングへ

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す