お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

重要
当サイトの広告で「最新のWindowsが1,980円」というようなものが表示されることがあります。自動ローテーションの広告でサイト運営者がブロックしても再度表示されるようです。メールでお問い合わせをいただきましたが、当サイトで推奨しているものではありませんのでご注意ください。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

109人の購読者に加わりましょう

【Win個別】Win10 Ver.1703はメモリチューニング必須

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分2秒です。


こちらの記事は書きかけです。とりあえず情報提供しており、後ほど正式版と差し替えます。

Win10(1703)より、4GB以上の物理メモリーを搭載したPCで、Svchost(Windowsサービスのホストプロセス)のプロセスを分離する機能が加わり、(メモリ4GB以下のPCでは)メモリの搭載量により設定を変更しないと従来より動作が重たくなるケースがあるようです。

また、メモリを多く搭載している場合も動作の確認をしたほうが良いかもしれませんので情報をお知らせします。

なお、この機能によりSvchost暴走時のCPU使用率100%状態に陥ることが減り、プロセスが分離(表示)されるため原因の追究も格段に楽になると考えられます。しつこいようですが「Win10アップの際はいろいろな設定の切り替え」などがうまくいかないケースがありますので、恩恵を受けられるメモリ搭載量の方も必ず状況を確認したほうが良いでしょう。

 

Windowsスマートチューニング
Win 10編: Svchostのプロセス分離、搭載メモリー量に応じて閾値を変更する

抜粋引用:

こんにちは、阿久津です。Creators Updateの名前で2017年4月12日からリリースが始まったWindows 10 バージョン1703は、4GB以上の物理メモリーを搭載したPCで、Svchost(Windowsサービスのホストプロセス)のプロセスを分離する機能が加わりました。詳しくは「Windows 10大百科」をご覧いただくとして、OSの安定性向上は歓迎すべきことです。ただ、メモリー増設が難しい2in1 PCなどは、アプリケーションの動作に悪影響を及ぼす可能性も排除できません。

本機能が有効になるか否かは、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\ControlキーのDWORD値「SvcHostSplitThresholdInKB」で定められています。今回は、物理メモリーを4GBしか搭載していないPCを対象に、Svchostのプロセス分離を行うしきい値(メモリー容量)を8GB以上に変更するチューニングをご紹介しましょう。

=====

Windows 10バージョン1607までは、複数のサービスを1つのSvchostで管理(起動)することで、消費メモリーを節約してきました。しかし、複数のサービスを制御することで、CPU負荷が高まるなどの弊害を招いていたのも事実です。また、1つのサービスが意図せずハングアップした場合、Svchostを巻き込んでOS全体をクラッシュさせてしまうこともありました。そのためMicrosoftは、メモリーの消費よりも安定性を優先するため、今回の変更を加えたのでしょう。

 


人気ブログランキング

One Response to “【Win個別】Win10 Ver.1703はメモリチューニング必須”

コメントを残す