お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
Google+ページ

サイト内検索

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

【Win個別】Win10でもシステムパーティション不足問題が出てきた?

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分43秒です。

現段階ではあくまで推定なのですが、Win8/8.1の時の状況と比較した場合にもしかするとという現象が出てきているように見えます。

通常のパーティションではなく、システムが使用する隠しパーティションの容量が不足しているのではないかという疑いです。(特にアップグレードを繰り返している場合は発生しやすくなります)

システムイメージの作成時に重要なパーティションの容量不足が警告されたり、(ストアアプリの現在の状態が保存されないことが原因で)スリープ復帰後にストアアプリの設定が再現されない・うまく起動しない、などということではないかと思われることが散見されます。(また、Win8.1などからアップグレードした場合にシステム領域が複数個になり分散されてしまうことも影響しているのかもしれません)




一度ディスクの管理から、システムで予約済み領域のプロパティーで空き容量の有無を確認してみてください。足りない場合に、MBRの場合はパーティション操作ソフトなどを使用して比較的簡単に拡張ができるのですが、UEFIでは難しくなります。

解決策としては「クリーンインストール」になるのですが、メーカーPCなどでは後ほど添付のソフトやドライバを再導入できなくなる可能性がありクリーンインストールの踏み切れない方も多いと思います。(ドライバのバックアップなど実行するソフトは無料であるのですが、ソフトのインストールパスを抽出するソフトの適法性が不明ですので記事では触れません)

現在、UEFIブートWin7⇒8.1⇒10とアップグレードを繰り返した環境でシステム領域を拡張するテストをしていますので記事化したいと考えていますが確実ではありません。

今後のWin10の予定では3月と9月の年2回大きめのアップが定期的に入るという話もありますので、もしかすると今後は多発することになる問題となりMSサイドでも対策してくる可能性がありますが現状では自分で対処するしかありません。ちょっと困った問題ですね…。

なお、一定以上のスキルがある方は、今後のことも含めぼくんちのTV別館の記事「 UEFI/GPT形式で、自分で予約パーティションを切ってWindowsをインストールする 」を参考に大きめのシステム領域を作成してクリーンインストールすることをお勧めします。

 


人気ブログランキング

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す