お知らせ

重要
当サイトの広告で「最新のWindowsが1,980円」というようなものが表示されることがあります。自動ローテーションの広告でサイト運営者がブロックしても再度表示されるようです。メールでお問い合わせをいただきましたが、当サイトで推奨しているものではありませんのでご注意ください。

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新をメール受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

95人の購読者に加わりましょう

【Win個別】2017/9/25・26配信分KB情報【2017/10/5】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分26秒です。


2017年9月末に提供されたWin10(1703)KB4040724、Win10(1607)KB4038801の情報提供をしていませんでした…、面目ない。

遅くなりましたが以下の通りとなります。




なお、RS3前に提供される今月分のオプション以外のKBは、RS3配信に向けた細かな修正等が含まれている可能性も高いため、10/17のRS3アップ前までには適応しておいたほうが無難と考えられます。

RS3アップでは障害の発生もありそうですから、(システム)バックアップは必ず取得しておきましょう。また、ホームエディションの方はWindows10レスキューキットEX
(10/5現在キャンペーンで1,999円になっています)などでRS3の更新時に自動更新をブロックして様子見ができる環境を用意するのも必要かもしれません。

Win10(1703)
2017 年 9 月 26 日 — KB4040724 (OS ビルド 15063.632)

機能追加および修正
この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

信頼性の改善と携帯ネットワーク接続の修正。
KB4038788 をインストールした後の Microsoft Edge の初回起動時、またはその後ときどき、Microsoft Edge の次の起動までパフォーマンスが低下する問題や応答しなくなる問題を修正しました。
以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題
現象
KB4034674 をインストールすると、Microsoft Edge およびその他のアプリケーションでは、チェコ語とアラビア語が英語に変更される可能性があります。
回避策
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

Win10(1607)
2017 年 9 月 26 日 — KB4038801 (OS ビルド 14393.1737)

機能追加および修正
この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

ログが有効な場合に、パスワードをログに記録しないように、BitLocker.psm1 PowerShell スクリプトを更新しました。

スマート カードのワークステーションのロック設定に関する問題を修正しました。場合によっては、スマート カードを取り外したときにシステムがロックされません。

空のパスワードで資格情報を資格情報マネージャーに保存した後に、その資格情報を使用しようとしたときにシステムが動作を停止する問題を修正しました。

WMI クエリからアクセス トークンが正しく閉じられない問題を修正しました。

複製されたファイルのサイズが ReFS で正しく計算されない問題を修正しました。

Npfs!NpFsdDirectoryControl のエラー STOP 0x44 を修正しました。

エラー 0x1_SysCallNum_71_nt!KiSystemServiceExitPico を修正しました。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

注: この更新プログラムは Windows Server 2016 には使用できません。

Windows Update クライアントの機能強化
マイクロソフトは、Windows Update の信頼性向上のために、Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースする予定です。 この更新プログラムは、最新の累積的な更新プログラムがインストールされておらず、現在管理されていない (たとえば、ドメインに参加していない) デバイスのみに提供されます。
この更新プログラムの既知の問題
マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

 

3)「自作PCの道楽新館」が登録されていればOKです。


 


人気ブログランキング

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す