お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
Google+ページ

サイト内検索

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

【WIN個別】2016年4月以降のWinUpエージェントは単品でもWin10にアップグレードされる???【危険】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分22秒です。

キーワード:Windows Updateエージェント、勝手に、何もしない、Windows10

◎最終更新日 2016/4/23

結論要約
GetWin10関連のKBを導入しないように注意を払っていても、2016/4以降の最新Windows Updateエージェントを導入した場合、WindowsUpdateのオプションに「Windows10にアップグレード」がチェックが入った状態で配信される場合があるようです。

SN00008




対象機材/OS/ソフト
Windows 7/8/8.1

対象読者
現状Win10にアップグレードする気のない方

・本文
GetWin10関連のKBを導入しないように注意を払っていても、2016/4以降の最新Windows Updateエージェントを導入した場合、WindowsUpdateのオプションに「Windows10にアップグレード」がチェックが入った状態で配信される場合があるようです。

この問題は、エージェントを更新することで「非表示設定や過去の更新履歴、また(自動)更新の設定が再設定」されるためと推定されます。

ちなみにWindows 10 レスキューキット無償版に同梱されているWindows10アップグレードチェッカーを導入している私の環境(Win7-4台、Win8.1-2台)ではWin10Upは配信されていませんので気になる方はお試しください。

なお、今回の記事内容と画像は、ニッチなPCゲーマーの環境構築【Win】 WindowsUpdateクライアント単品でもWin10化の危険性よりお借りしています。関連情報も充実していますので、詳細はお借りした記事ページでご確認ください。

SN00008

抽出抜粋:

WindowsUpdateで入れなくても良いKBリストの暫定追加リスト(WindowsUpdateクライアント)以外を全部アンインストールしている環境下(KB3035583等は入れておらず、WUクラだけ入れている状況)で、WindowsUpdateのオプションに「Windows10にアップグレード」が来たそうです。

最新のWUクラだけ入れている環境全てに来るかどうかまではわかりませんが、MSさんはうっかりミスかっこわらいで「Windows10にアップグレード」にチェックを入れて配信してきたこともありますので、2015年4月以降に配信されたWUクラをお使いの人はお気をつけくださいませ。

Win10関連が付加されていないWUクラに関しては、下記の関連記事をご参照くださいませ。

備考
下記のレジストリを見て、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\OSUpgrade
AllowOSUpgrade = 1

になっていたら要注意です。AllowOSUpgradeが1だとWin10への誘導が表示されるかもしれません。Win10ファックという方は0にしましょう(0はWin10くんな、1はWin10カモン)。いつの間にか1にされていたという報告をいただきましたので、WUクラのアップデートをされている方はお気をつけくださいませ。

 

人気ブログランキングへ

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す