【MS公式】Windows 10 Fall Creators Update失敗とWi-Fi に接続した後で Bluetooth が動作しなくなる件の解決策

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。


MSからトラブル対応情報が二つ出ています。

 

elfさんが、記事「【Windows Update】2018年1月の更新・不具合情報【Windows 10】」のコメントで知らせてくれました。当該する方は参考にしてくださいね。

 

MSが準公式として出してくるぐらいなので、このトラブルはかなり多いんでしょうね…。

 

「いくつかのアプリケーションをアンインストールする必要があります」のエラーが発生して、Windows 10 のアップグレードが完了しません。

最新バージョンの Windows にアップグレードする前に、互換性チェックを行い、そのバージョンの Windows と互換性がないことが分かっているアプリケーションがインストールされていないことを確認します。

インストールしていないと思われるアプリによってブロックされている場合、互換性チェックでは、アプリ自体ではなく、アプリに関連付けられたファイルを検出している可能性があります。アップグレードする前に、検出されているファイルを削除する必要があります。

どのファイルがブロックの要因になっているかは、ログファイル (非表示) を確認することで判断できます。

確認方法の手順は、以下の通りです。……

 

Wi-Fi に接続した後で Bluetooth が動作しなくなりました (2.4 GHz 帯)

マイクロソフトは、一部の Bluetooth デバイスが 2.4GHz Wi-Fi 接続中に動作しなくなるという報告を受けています。
同様に、Bluetooth デバイスは、コンピュータを 5.0GHz Wi-Fi 接続から2.4GHz Wi-Fi 接続に切り替えるまで正常に機能するという報告があります。

多くの Wi-Fi アクセスポイントまたはホットスポットは 2.4 GHz 接続です。したがって、たとえば、Wi-Fi ホットスポットに接続した場合、または適切な接続を維持するために無線ルーターが自動的に 2.4 GHz接続に切り替わった場合、この問題が発生することがあります。

この場合、5.0GHz ネットワークに戻っても問題は解決されません。
さらに、この状態では、新しい Bluetooth デバイスを一度ペアにすることはできません。

これらのシナリオは、Intel ドライバーバージョン 19.30 の既知の問題に関連しています。

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA