お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

重要
当サイトの広告で「最新のWindowsが1,980円」というようなものが表示されることがあります。自動ローテーションの広告でサイト運営者がブロックしても再度表示されるようです。メールでお問い合わせをいただきましたが、当サイトで推奨しているものではありませんのでご注意ください。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

111人の購読者に加わりましょう

【罠はないの?】Windows10無償アップグレード【気になる点】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分43秒です。

SN00005

現時点(6/28)で、余すところ一か月というのに情報が少なすぎて「MSは、どういうつもりなのかな?」という感じです。そこで、7/24をめどに情報の収集を行い、留意点などをまとめて記事にしたいと考えています。

【Win UP@2015/7~個別】Windows10の無償アップグレード(予約)に関する留意点
・現時点での一番の問題:OSはデバイスにライセンスされる
     ⇒ 自動認証ができなくなった場合はPCが「ただの箱」なってしまう。

現時点で一番情報があると思われるページ
Windows 10 upgrade 情報の纏め

=====随時追加情報=====
【重要】Windows10に関するWindows Update情報の取り扱いについて
(副題)Windows7/8/8.1でProではない方の「Windows 10 無償アップグレード」の危険性

日本MSの社員も「Windows 10 アップグレード」に関してほとんど情報を知らない現実…。
MSコミュニティーで質問をしてみました。このほかの質問でもMSサイドの人間が答えているものはかなりあるのですが「肝心な情報はほとんど知らないのか話さないのか」という形です。
Windows10 アップグレードアドバイザーの正確性に関する疑問

【一覧】早期に Windows 10 アップグレードをしてはいけない対象PC【具体例】

・2015/7/17 追記
ここまで来ても詳細な情報がほとんど開示されていません。それどころか引っ込めてしまった情報まであるなど迷走しています。

また、日本MSは例によって蚊帳の外で「USが主導」のため、7/29当日になってもクリーンインストールに使用できるisoが入手できるかどうかもわからないと公式にアナウンスされています。

なんとか7/24ぐらいまでに「記事にできるというか、記事にする価値のある情報」をと考えていたのですが無理なような気がします。

方法としては「USのテックネットフォーラム」で探すのが一番有効と思われますが、さすがに膨大な量を検索して英文を読み込むのは私には無理です…。

・2015/7/25 18:10…DSP版発売日とのことで情報が出るのではと思っていたのですが、この時点でもろくに情報がありません。

 

人気ブログランキングへ

2 Responses to “【罠はないの?】Windows10無償アップグレード【気になる点】”

  1. 大丈夫と思いますが、アップグレード元OSのライセンスの取り扱いに関する発表は(正式には)なされていません。

コメントを残す