お知らせ

注意喚起・未検証
先日Win7スタンドアロン版のセキュリティーのみのアップデートを適用した場合に「NPS 認証が中断され、ワイヤレスクライアントが接続に失敗する」という不具合は、今回のMS発表を見るに「8月のアップデートを適用したPCで条件は限定されず、Win7/8.1/10共通に発生する」可能性がある気がします。

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

最新記事
【WinUp個別】RS2(1703)の配信は見境なし!!!

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+


サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

【緊急情報】クロームユーザーはご注意を

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分57秒です。

重要
クロームを狙う「身代金ウイルス」 偽のフォント情報に注意を

この攻撃はウイルスに感染したサイトを訪れたユーザーをターゲットとする。サイトを表示した瞬間「Hoefler Textフォントが見つかりません(HoeflerText font was not found)」との表示がクロームの画面に表示され、一見するとクロームのプラグインが期限切れになっているかのように錯覚させる。

アップデートと書かれた部分をうっかりクリックすると実行ファイルがインストールされる罠だが、セキュリティの専門家らはこのファイルが身代金型ウイルスのSporaであることを突き止めている。

この攻撃を検知するアンチウイルスソフトは現状ではごく限られているが、幸いなことにクロームに元々備わっている機能が、被害からユーザーを守っているようだ。

ダウンロードが始まった途端、クローム上に「このファイルは一般的にダウンロードされているものではありません」との表示が浮かび「危険の可能性がある」と警告される。指示に従ってdiscard(廃棄)ボタンをクリックすれば、被害に遭うことはない。

 

ダイアログが英文のためうっかりクリックし、その後の警告が出た際に間違えると「身代金ウイルス」に感染します。

くれぐれもご注意を…。

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す