お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

重要
当サイトの広告で「最新のWindowsが1,980円」というようなものが表示されることがあります。自動ローテーションの広告でサイト運営者がブロックしても再度表示されるようです。メールでお問い合わせをいただきましたが、当サイトで推奨しているものではありませんのでご注意ください。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

115人の購読者に加わりましょう

【リアルとは分ける】専用クレジットカードを用意しよう!【お得で安心インターネッライフ】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分23秒です。

・クレジットカードを用意しよう!
この記事の内容
5 クレジットカードを用意した方がよい理由 (初心者向け
6 銘柄を選ぶ (初心者向け
7 Securityに留意する( 初心者から中級者向け

=====本文=====

5 クレジットカードを用意した方がよい理由 (初心者向け
今回、「お得で便利にインターネットライフ!!!」第1回目の記事としてこんな理由から選びました。インターネット上では「クレジットカードがないと身動きが取れない」部分があるのですが、どのカードを持っているかでものすごく大きな差があります。

・お買い物やオークションで、安心・安全に使いたい。
カードの銘柄しだいで、ショッピングやオークションで安心・安全に大きな差がある。

・とにかく一番お得が実感でき、必須といってもよいほど必要性が高い。
カードにより、ポイントのたまり方・どのような場面でで使用するのが得かなど違いがあるが、どうせなら自分の使用する場面で一番お得なものを持った方がよい。

・銘柄が多く、本当に持つべきカードがわかりにくい。(組み合わせることも必要な場合があります)…etc
少数精鋭でどんな場面や万が一の自己にも強い組み合わせで、安全安心はカードを持つことが大事。

6 銘柄を選ぶ (初心者向け
・基本的には銘柄を選ぶことは簡単です。
自分でいろいろなことがわかってきたら、お好きなカードに変更してもちろんかまいませんが最初は「次の三枚の組み合わせ」が鉄板と思います。

1)ヤフージャパンカード(主としてヤフーオークション)
ヤフーオークションで決済に使用すると「新品・中古を問わず、Yahoo! JAPANカードで落札代金を支払った商品は、事前のお申し込みの必要なく、自動的に補償の対象」となります。

2)楽天カード

楽天市場のショッピングでのポイントは「ものすごい」です。ぜひ作っておきたい一枚と思います。


3)一般カード
このような3枚またはヤフーと楽天の2枚の組み合わせにします。理由は「7 Securityに留意する」でお話ししますね。


7 Securityに留意する( 初心者から中級者向け
「商品が届かない、クレジットカード番号を悪用されてしまう、カードの銘柄が使用できない」などの心配があるかと思います。これを解決するためにカードを組み合わせて使用します。

1)メインのカードは「JCB」で作る。
私が調べた限りですが「国内の会社でもあり万が一の事故時の安心感は現時点でトップ」と思います。

More: (ご注意・この件は出典を見失ってしまいました)自分自身がインターネットで使用するカードを作るときJCBカードについて調べた中でのことです。万が一保険対象になるような事故が発生した場合や、商品が届かない・キャンセルを受け付けてくれないためなどで支払いを停止したなどのときに通常は「本人購入者がが悪くなくてもクレジットカード事故扱い」になるのだそうです。「JCBカードだけは、そのような場合も正当であればクレジットカード事故扱いとされて自分の経歴に傷がつくことはない」のだそうです。

このことは、たぶんそれぞれのクレジットカード会社の「取り扱い内規」に属することですのであまり語られることはなく、私が出展を再度見つけることができない理由の一つになっているのだと思います。いずれにしろほかのカード会社と同じでも損はないので、自分はメインで使用するカードは「○○○○JCBカード」がお勧めと思います。

2)J必ずマスターカードかVISAカードも作る。
海外のJCBカードが使えない(怪しい)サイトで使用するのは論外ですが「グーグルのサイトの有料での利用」や、だんだんいろいろなことができるようになり「アマゾンの海外サイトを利用して日本国内で購入するより割安なお買い物をする」などの場合にJCBは国内カードであるため使用できない場合があります。そのため「国際カード」であるマスターカードかVISAカードも作っておきます。

3)一般カード以外の「普段インターネットで使用するカードの限度額は10~20万円の範囲」にしておく。

4)どうにも怪しいけど購入したい場合は、クレジットカードを使用せずに「商品代引き」で買う。
個人情報の収集やクレジットカード番号を悪用するために作られたのサイトもあります!!!

5)買い物の記録は一覧を作成して一週間に一度程度は変なものがないか必ず確認する。買い物のつど確認メールを見てみるようにする。

今回の記事はここまでです。個別のカードの内容については「リンク先のページ」を見てくださいね。

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す