お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
Google+ページ

サイト内検索

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

【大丈夫かMS】実はかなり深刻なのでは…【脆弱性】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分1秒です。

Windowsの新しい脆弱性が2/25にまた発表されたようです。

IT mediaエンタープライズさんより
Microsoftの更新プログラム公開延期で相次ぐ未解決の脆弱性、今度はEdgeとIEにも

抜粋:

 MicrosoftのWebブラウザ、EdgeとInternet Explorer(IE)に新たな未解決の脆弱性が発覚した。同社は2月の月例セキュリティ更新プログラム公開を3月まで延期しており、これと前後して未解決の脆弱性が次々と明らかになっている。

米セキュリティ機関SANS Internet Storm Centerによると、今回の脆弱性はEdgeとIEのType Confusion(型の取り違え)問題に起因する。

この問題は米Googleの研究者が、2016年11月に発見し、Googleが独自に定めた90日の期限が過ぎたとして、2月25日にコンセプト実証コードを公開した。危険度は「高」と評価している。





2月の定例アップデートが延期になり、延期理由として「Windows 6.Xカーネル?そのものに根本的な問題があるのではないか」というような記事もあったみたいです。

「きわめて安全なOS」と言い続けているWin10や同様に安全といい続けているEdgeの脆弱性も直せず、攻撃コードが明らかにされて後一か月も放置とは…。

大丈夫なのかMS!!!

    コメントを残す