お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

262人の購読者に加わりましょう

【号外-WinUp個別】Win7/10での一時プロファイルでのログオンが発生する件について【2018/4/7】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分15秒です。


Win7/10での一時プロファイルでのログオンが発生する件について、elfさんからコメント欄でご意見を頂戴しました。

 

確かに去年も一時的に多発したのを忘れちゃっていました。

 

紹介していただいた記事の記述を見る限り、今回も同様の可能性は高いのかなという感じです。

 

参考までにご覧になってくださいね。また一時プロファイルかどうかの確認方法も記載されていますので参考にしてくださいね。(あくまで参考です、解決方法や原因情報の特待ができたわけではないことに留意してくださいね

注意:一見しただけでは「一時プロファイルでログオンしていることがわからない」場合があります。一時プロファイルでログオンしている際のファイルの保存や変更など保存が反映されませんので留意してください。

なお、今回のケースでは再発するということも書き込まれていますので以下の記述を参考にレジストリを編集するのが無難かもしれません。

(2) レジストリの編集
————————————————————–

以下の公開情報にございます手順にてレジストリを操作いただき、Application イベント ログおよびレジストリをご確認いただきますようお願い致します。

ユーザー プロファイル サービスによるログオンの処理に失敗しました” エラー メッセージが表示される
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/947215/you-receive-a-the-user-profile-service-failed-the-logon-error-message

 

MS Technet Ask CORE
月例ロールアップ更新プログラムの適用後の 1 回目のシステム再起動時にサービス実行アカウントが一時ユーザー プロファイルになる場合がある

一部抜粋
こんにちは。Windows サポート チームです。
今回は、Windows Server 2008 R2 環境にて月例ロールアップ更新プログラムの適用後の 1 回目の再起動時にサービスの実行アカウントとして指定されているユーザーが一時ユーザー プロファイルとなる場合がある事象についてご紹介します。
事象が発生致しました場合には、サービスやシステムの再起動、レジストリの編集により一時ユーザー プロファイルにてログオンする事象が解消致します。
事象が発生していることの確認方法と併せて以下にてご案内差し上げます。

===中略===

事象発生の確認方法
======================================================================

システムの再起動後に、サービスの実行アカウントが一時ユーザーでログオンしていることの確認につきましては以下手順にて行うことができます。
(1) イベント ログの確認
(2) レジストリの確認
(1) イベント ログの確認
————————————————————–
一時ユーザー プロファイルでログオンした場合は Application イベント ログに以下のイベント ID 1502/1508/1515/1511 のエラーが記録されます。
以下、記録されるイベントの例となります。

————————————
ログの名前: Application
ソース: Microsoft-Windows-User Profiles Service
イベント ID: 1502
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード:
ユーザー: S-1-5-21-XXXXXXXXXX-XXXXXXXXX-XXXXXXXXXX-XXX <———– (※1) 一時ユーザー プロファイルでログオンしているアカウントの SID

===中略===

事象の解消方法
======================================================================

更新プログラムを適用し 1 回目の再起動後時、サービスの実行アカウントが一時ユーザー プロファイルでログオンしている場合には、以下手順にて事象を解消します。

(1) サービスの停止およびログオフ
————————————————————–

一時ユーザー プロファイルでログオンしているアカウントが実行アカウントとなっているサービスの停止および、対話的にログオンしている場合にはログオフします。
停止したサービスを再度起動後、 Application イベント ログにエラーが記録されず、.bak レジストリ キーが削除されていることを確認します。
Application イベント ログに ソース:Microsoft-Windows-User Profiles Service のエラーが記録され、事象が解消していない場合にはシステムを再起動して再度確認します。事象が解消していない場合には以下 (2) の手順を実施頂きますようお願い致します。

(2) レジストリの編集
————————————————————–

以下の公開情報にございます手順にてレジストリを操作いただき、Application イベント ログおよびレジストリをご確認いただきますようお願い致します。

ユーザー プロファイル サービスによるログオンの処理に失敗しました” エラー メッセージが表示される
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/947215/you-receive-a-the-user-profile-service-failed-the-logon-error-message

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す