お知らせ

注意喚起・未検証
先日Win7スタンドアロン版のセキュリティーのみのアップデートを適用した場合に「NPS 認証が中断され、ワイヤレスクライアントが接続に失敗する」という不具合は、今回のMS発表を見るに「8月のアップデートを適用したPCで条件は限定されず、Win7/8.1/10共通に発生する」可能性がある気がします。

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

最新記事
【WinUp個別】RS2(1703)の配信は見境なし!!!

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+


サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

【今晩のお買い物】ちょっと待った!!!【気になる人は気にしてください】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分43秒です。

お買い物から帰ってきたらこんなニュースが…。

ブラジル産の鶏肉、某メーカーの鳥から揚げなど思い切り買ってきた後でニュース見ちゃいました。




まあ、大丈夫なのでしょうけど「気にするタイプだ」という方はお気を付けください…。

「製造機械のプラスチック部品が入っているかもしれない」というだけで全量回収することがあるぐらいのメーカーもありますので「場合によっては大騒ぎ」かもです。

でも、現実問題として国内の輸入鶏肉の77%はブラジル産ということですから対処のしようがなさそうです。それでも、自分のところに負担がかからないようにと考えて(安易に調査もせず)「うちの製品は大丈夫です」なんてことを言う会社が出てこないことを祈ります…。

良し悪しは別としてというか、事実を事実のままきちんと説明する会社を見極める試金石になるかもしれませんね。

ヤフーニュースより引用
食肉検査で不正か=日本の輸入に影響も―ブラジル

時事通信 3/18(土) 15:07配信
【サンパウロ時事】ブラジル捜査当局は17日、全国の食肉加工会社70社以上を、衛生管理基準に違反した疑いで一斉に家宅捜索した。

衛生検査で組織的な不正が行われていた可能性があり、ブラジル産食肉の主要市場である日本の輸入にも影響しそうだ。

地元メディアなどによると、食肉会社は衛生検査官に賄賂を払い、衛生基準を満たさない食肉や加工食品を国内外に販売したとされる。警察は既に数十人の逮捕状を取得。官民癒着による大規模な不正が疑われ、ブラジル産食肉への信頼が揺らいでいる。

製品の一部に腐った肉を使ったなどの情報もある。農務省は3カ所の食肉加工工場の一時閉鎖を命令。工場から出荷された製品は販売店から撤去することも決めた。政府は近く、食肉輸出相手国の大使を集め、事態を説明する方針だ。

ブラジルは世界有数の食肉生産国で、日本を含む約150カ国に輸出。2015年に日本が輸入した鶏肉の77%はブラジル産が占めた。

牛肉に関しては、日本は同年12月にブラジルとの協議で「対日輸出条件を順守できる体制」を確認。BSE(牛海綿状脳症)発生で停止していた加熱処理牛肉の輸入再開を決めた。

追記
今日は土曜日でかなりの割合の会社の相談窓口などがお休みです。対応が早いのはどの会社かというのも興味深いところかもしれませんね。


人気ブログランキング

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す