【お知らせ】重要【やはり危険?】高速スタートアップとfirstboot【2024/2/19】に注意事項追加【2024/2/26】

ステマ規制に関する表示

  当サイトでは、記事本文やサイドバー等に以下が設置されています。御理解の上サイトを利用ください。 1)アフィリエイト広告リンク 2)プロモーション記事 3)記事作成に当たって、販売業者からの提供を受けたハード/ソフト等を使用した記事

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

追加した注意事項とお詫び

「 【やはり危険?】高速スタートアップとfirstboot【2024/2/19】 」の記事に「重要な注意事項」を追記しました。

申し訳ないことに、「 無署名(新基準の署名がない)ドライバーの自動例外登録 」が適用されているケースを失念していたために注意事項を記載し忘れたものです。

ご迷惑をおかけした方がいらっしゃいましたら、平に謝罪申し上げます。

ご容赦、ご寛容賜りますようお願い申し上げます。

【やはり危険?】高速スタートアップとfirstboot【2024/2/19】

重要な注意事項

この記事の設定変更事項の中で「CSMとセキュアブートの組み合わせに注意・・・更にAUTOは利用せず、手動で確実に設定する」となるPCは下記の条件を満たすPCとなります。

なお、古め(Win8.1対応以前)のパーツを利用している・MBRインストールである・Win8.1より前のOSからアップグレードを繰り返している方は下部の注意事項を参照してくださいね。

CSMとセキュアブート設定の固定対象となるPC

・Windows10以降のOS(1903)以降にクリーンインストールされていることが望ましい)であること。

・Win8.1よりも前のOSからアップグレードを繰り返していないこと

・OSインストールがUEFI形式であること

・古め(Win8.1対応以前)のパーツを利用している(MS新基準のドライバー署名がないパーツやソフトウエアを利用している場合となります)

・M-2接続のSSDを利用している場合は、M/BにM-2用のスロットが搭載されていること。(PCIeの増設ボード利用でM-2 SSDをシステムドライブにしていいる場合はおすすめしません) ⇒ 適正なドライバーが導入されていない場合にシステムドライブを見失い、OSが起動しなくなる場合があります。ただし、OSが破損しなくなったりするのではありませんので、BIOS設定をもとに戻せば通常に起動します。

この三点を満たしていればほぼ問題はありません。

CSMとセキュアブート設定はそのまま(手動固定ではなく自動のまま)にしておいたほうが無難なPC

・古め(Win8.1対応以前)のパーツを利用しているPC

・UEFIインストールではなく、MBRインストールであるPC

・Win8.1より前のOSからアップグレードを繰り返しているPC

実はこのようなPCでは、CSM有効とセキュアブート無効の組み合わせでない場合は起動しません。

1つ目の理由は、どういう訳かWin10のOSかつWin7時代からアップグレードを繰り返しているPCの中に稀に当該しないものがあるみたいなためです。

2つ目の理由は、Win10(1903)以降のOSでドライバー署名が厳格になったことです。基本的にMS新基準のドライバー署名がないパーツやソフトウエアは動作しなくなりました。

それでは困るという人もいますので、OSのアップグレードを繰り返している方の後方互換性を担保するために「 無署名(新基準の署名がない)ドライバーの自動例外登録 」という仕組みが作られました。

この仕組みで「OSアップグレード前に利用していたパーツのドライバー」は、無署名でも利用でき、パーツが正常に動作するという仕組みにしたのです。

CSMとセキュアブート設定を変更すると無署名(新基準の署名がない)ドライバーの自動例外登録が全く無効になってしまうことや、一部無効になってしまうことがあるようですので、対象になると思う方はCSMとセキュアブート設定の箇所は変更しないでくださいね。

人気の投稿とページ

コメントを残す

CAPTCHA