お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

重要
当サイトの広告で「最新のWindowsが1,980円」というようなものが表示されることがあります。自動ローテーションの広告でサイト運営者がブロックしても再度表示されるようです。メールでお問い合わせをいただきましたが、当サイトで推奨しているものではありませんのでご注意ください。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

109人の購読者に加わりましょう

【おたふくかぜ】私の難聴の原因がわかった?

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分5秒です。

実は私はかなり前より「突然発生したように思える難聴」という問題を抱えているのですが、病院で検査をしていただいても全く異常所見が見当たらずどうにもできないでいました。

どのみち治療法はないのですが、もしかするとという原因が見えてきました。

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)が引き起こすムンプス難聴とは

もしかするとこれが原因だったようなのです。左耳が非常に悪くなっていたのですが、記事にもあるように片耳が非常に悪くとももう一方の耳が聞こえていたためおたふく風邪にかかった後相当の期間気が付かずにいました。

もちろん耳鼻科の先生にもおたふくかぜのことを話していませんでしたので気が付かなかったというわけです。

1999年の12月に発症し、さらに髄膜炎にり患、新年を病院で迎え1かつ規範の入院でした。(知り合いの医師から「タマに病原菌が入ると盛大に腫れるよ~、21世紀は盛大に迎えよう!」と脅されたのは秘密)

子供のころにおたふく・はしかなどにかかったことがあり免疫があると思っていても「周りに病気を発症した人がいなく再感染しそうになったことがない期間が相当に長い」、「加齢により免疫力が落ちる」などというケースでは安心できないそうです。

もちろん、結核や各種肝炎、そのほかの病気の多くも同様なそうです。思い当たる場合は予防接種を受けるなどするとよいかもしれません。

みなさん、ご自愛くださいね!!!

 


人気ブログランキング

コメントを残す