お知らせ

2017/6/21第二定例日でしたが、手元のPCでは配信が落ちてきません。本日夕方再度確認してみます。

ただし、Win10(RS2)が自動配信されるPCが増えているようですから、その点は抜かりなく準備をしておいてくださいね。

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
Google+ページ

サイト内検索

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

「Windows10アップグレードチェッカー」に追加してほしい機能を募集します

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分55秒です。

◎最終更新日
2015/9/8

・内容
「Windows10アップグレードチェッカー」に追加してほしい機能を募集します。




ファイル履歴-障害00023

 

・対象記載/OS/ソフト
Windows 10

 

・対象読者
「Windows10アップグレードチェッカー」導入者

 

・本文

先だって、 【Coming soon】Windows10販売開始後に判明した不具合も手当て !!! 【Win10レスキューキットZEROが頼もしい】 の記事内でも、「10が販売終了になるまで改良を加えていく予定」ということを紹介しました。

実は、 【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】  でインテビューに答えてくれている「プログラマー U さん」は、電机本舗のプログラマーでもあり代表者です。

U さんとは、私がMSコミュニティーのモデレーターをしていた時期に、「Windows 8 のファイル消失問題」をいち早く取り扱い、解決手法を周知したころからのお付き合いです。

今回も、「よいソフト(Windows 10 レスキューキット)を発売されましたね」ということでお話しをしたところ10秒問題などを詳しく教えてくださり、インタビュー記事となりました。

その際に「アップグレード後の再起動ループの原因は何なのでしょう」というところから、「Windows10アップグレードチェッカー」の開発と無償提供を考慮してくださったようです。

せっかく、「10が販売終了になるまで改良を加えていく予定」とおっしゃってくださっているのですから、「こんな機能があるとよい・こんな困りごとが解決できないだろうか」などという要望をまとめて、U さんにお伝えしたいと考えています。

要望のある方は「コメント欄」に書きこんでくださいね!!!

 

・広告

Windows10アップグレードチェッカー

抜粋:

3.配布形態
「Windows10アップグレードチェッカー」は「Windows10レスキューキット」の支援ツールとして開発しました。
無料配布中の「Windows10レスキューキット Free版」の中に同梱します。
「Windows10アップグレードチェッカー」を希望する方は「Windows10レスキューキット Free版」を入手ください。

ダウンロードサイト

A800009
Windows 10 レスキューキット

A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

 

人気ブログランキングへ

    Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

    A800009
    Windows10レスキューキットEX


    A800010
    プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

    厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
    (0x133)の回避機能を実装。

    および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

    初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

    【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
    ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

    One Response to “「Windows10アップグレードチェッカー」に追加してほしい機能を募集します”

    1. DISMツールを実行できるのはいいんですけど、
      私の環境では修復ソースが見つからないのです。(0x800F081F)
      現状、Windows 10 ですが、アップグレード前のWindows 8.1 の頃も同じ。
      (多分、アプリの何かが影響しているかも? と思う)
      Win8.1初期化(工場出荷状態)→ Win10アップ → アプリ色々セットアップでこの状態。
      Windows10レスキューキットの互換性チェックでも特に問題なし。(関係ないか)

      SFCも同様だし、
      使い物にならないツールだなぁ・・・と思っていたのですが、
      そういえば、DISMツールって「修復ソース」を指定できるんだっけ?
      だったら、インストールメディアを修復ソースに指定できないだろうか!?

      ということで、
      DISMツールで、修復ソースにWindows10インストールメディアを指定して実行できれば、とても嬉しく思います。
      ISOファイルはHDDに保存しているので、仮想ドライブにマウントするのも簡単だし、
      ドライブレターだけ自分で設定すれば済むような、簡単操作が良いです。

    コメントを残す