お知らせ

【お勧めします】
そのまますべてのPCで当てはまるかどうかは不明ですが、「手元のWin7機で通常のアップデートに長時間ようする環境」で検証した結果、KBナンバーが判明している場合にはupdateカタログからダウンロード後に手動で導入すると短時間で終了するようです。

来る12/9の定例アップデートはロールアップですから数は少ないので手動で更新しても手間は最小と思われますので「確認がいつまでも終了しない」という方はぜひお試しください。

◎ フォーローしてね! WinUP情報や不具合情報追加を、ツイッター・フェイスブック・Google+でお知らせしていますのでご利用ください。

保護中記事のパスワードについて 記事の自己検閲によるパスワード保護の開始についてを読み了承の上閲覧される方は「5525」を入力してくださいね。

サイト内検索:カテゴリなど一部詳細情報はページ最下部もご覧ください





PC モニタ購入時の3つの問題点

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分43秒です。

DSCN3486

PCモニタを「選択・購入」する際に失敗しないためにはいくつかのことを調べることが必要です。大きく分けると次の三点になるかと思います。

  広告




お歳暮に迷ったらこれ!

1)PCとモニタの入出力端子
(プラスして手持ちのAV機器との接続もあるならそれも考慮)
2)ビデオカードなどは購入するモニタに対応しているか。
3)モニタ自体の機能や性能

もう少し詳しく見ていきましょう。

1)PCとモニタの入出力端子のことはわかりますか?
・D-SUB
・DVI-(I、D、デュアルリンク)
・ディスプレーポート(1.0,1.2)
・HDMI(1.0,1.4,2.0)
・赤/白/黄の3個の差し込みのもの

2)ビデオカードなどは購入するモニタに対応しているかはわかりますか?
・ペーカーのページなどを見てもHDMIが「1.0,1.4,2.0」のどの規格のものかわかりにくく、表示されていない場合も多い。
・自分のPCに取り付けられるのかがわからない。
・具体的に自分の目的に合うビデオカードはどれなのか。

3)モニタ自体の機能や性能はわかりますか?
・自分のPCできちんと全機能が使用できるのか。
・画面の大きさと解像度の関係はどうなのか。
・IPS、NT、VAの違いって何。
・実際の画面の見え方や使用感はどうなのか。
・自分の使用方法で必要な機能は何なのか。

マルチモニタで作業中

「選択・購入」するには、「意外なほどたくさんのこと」を調査することが必要になります。
なかなか調べきれないですし、実際のことなどは実物を見たり、たくさんのレビューを読み「そのレビューが信頼できるのか」を判断しなければなりません。

・毎月10万人以上の方に来ていただいている「自作PCの道楽」、「自作PCの道楽新館」を運営して知ったこと。

・マイクロソフトコミュニティーのコミュニティーモデレータとWiki執筆者をして経験したこと。

・PCサポートを生業として「現場で知ったこと」や「購入のお手伝いをした経験」

こんなことを生かして「どんなものを・どうやって・失敗せずに選ぶのか」を記事にしていきたいと思います。

もちろん質問も大歓迎です。

どうぞよろしくお願いします!!!

注:この記事は「俺のPCモニタがこんなに可愛いわけがない」を閉鎖/移転しました。

 


人気ブログランキングへ

    Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

    A800009
    Windows 10 レスキューキット

    A800010
    プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

    厄介なブルースクリーンエラー、BAD_POOL_HEADER (0x19)、DPC_WATCHDOG_VIOLATION(0x133)の回避機能を実装。

    および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

    初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

    【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
    ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

    About comments

    申し訳ありませんが、日本語のコメントのみを承認しています。 Sorry, only for Japan to approve. 죄송 하지만 일본어 코멘트를 승인 하 고 있습니다. 抱歉,只为日本批准。 عذراً، فقط لليابان الموافقة.

    コメントを残す