お知らせ

【お勧めします】
そのまますべてのPCで当てはまるかどうかは不明ですが、「手元のWin7機で通常のアップデートに長時間ようする環境」で検証した結果、KBナンバーが判明している場合にはupdateカタログからダウンロード後に手動で導入すると短時間で終了するようです。

来る12/9の定例アップデートはロールアップですから数は少ないので手動で更新しても手間は最小と思われますので「確認がいつまでも終了しない」という方はぜひお試しください。

なお、注意点がありますのでWinUp2016/12分の記事もご覧ください。

旧館からの記事移動開始のお知らせ
2016/12/11より、旧ブログ「自作PCの道楽」(はてなダイアリー)から「自作PCの道楽新館」への記事の移動を開始しました。

◎ フォーローしてね! WinUP情報や不具合情報追加を、ツイッター・フェイスブック・Google+でお知らせしていますのでご利用ください。

保護中記事のパスワードについて 記事の自己検閲によるパスワード保護の開始についてを読み了承の上閲覧される方は「5525」を入力してくださいね。

サイト内検索:カテゴリなど一部詳細情報はページ最下部もご覧ください





【重要】Windows10に関するWindows Update情報の取り扱いについて

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分17秒です。

(副題)Windows7/8/8.1でProではない方の「Windows 10 無償アップグレード」の危険性

Windows10に関するWindows Update情報の取り扱いを「【Windows Update】2015年*月の不具合情報など【定例+臨時】」のなかで、7/29より始めたいと考えています。

  広告




お歳暮に迷ったらこれ!

・取り扱いは開始しますが、「Pro・エンタープライズ・教育機関用」以外では実質上役に立ちません。
Windows 10 無印では、すべてのWindows Update が「自動更新で強制的に適用」されてしまいます。
そのため、「不都合なKBを選択的に適用しない」ということができません。
(PROもセキュリティー以外の適用を4ヶ月間留保できるだけです。根本的な解決にはエンタープライズ版を購入するしかありません)

・以下のような理由により問題が発生することが考えられたり、やむを得ず「Pro版に有償でアップグレード」しなくてはいけない場合が出てくる可能性があります。(自動更新を停止するにはProにする以外の方法がありません@現時点の情報)
◎MSがどのようなポリシーでWindows Update を提供してくるのかはわからない。
今までのアップデートでサードパーティーの製品に対し「本当の意味で配慮してアップデートを配信」するというようなことは行ってきませんでした。この状態が継続すると「突然不具合が発生する」「甚だしい場合はPCが起動しなくなる」可能性があります。

このような場合に
「対処の方法を知らないとPCの復旧さえできない」
「せっかく復旧しても、すぐにWindows Updateが再適用されてしまうのでまた同じ状態になる」
などということが発生すると考えられます。

「ソフトウエア/ハードウエアのベンダーがバージョンアップや新しいドライバを出して対応してくれることが無い場合」は不都合が発生したソフトウエアを削除したりハードウエアを取り外してしまうしか対処方法はなくなります。

ご自分で「古めのハードウエアや、Windows 10 正式対応の可能性がないソフトウエア」を使用している場合はもちろんですが、このような事態の可能性が一番高いのは「ソニー・NEC・富士通などのメーカーPCで付属のソフトが山盛り」かつ「メーカーでアップグレード対応から外れている機種」の方です。

Windows 10 非対応のソフト数などが多くなりますので

十二分に注意してください。

More:
・個人的な意見を言わせていただくなら「メーカーがホームページで「 Windows 10 完全対応 」といっていない場合は「アップグレードは自殺行為」ぐらいに考えた方がいい気がします。

・Windows 8.1 アップグレードの際なども不都合が多発したのは記憶に新しいかと思います。旧サイトの「自作PCの道楽」でも関連記事へのアクセスが「一日に2.5万件」などというレベルでした。

(注意:この項の情報は、あくまで私の手元で発生したということです。必ず発生するというものではありません。)
自分の手元などでアップグレードの互換性がOKだった「8種類のメーカー製PC」に、Windows 10 プリビューをインストールしてみた結果では「1機種はアップグレードが途中で止まり、元のOSに戻る」「1機種は起動不能」になりました。なお、起動不能になったのは、ドライバなどが作り込まれてオリジナルのものになっていることが多いと言われるs社のものでした。

SN00022

「アプリとデバイスのアップデートについては、後ほどこのレポートをご確認ください」という 文言の意味は、「お使いのPCが本当にアップグレードOKかどうかは今の時点ではわかりません。後で必ず再確認してください」ということです。「決して間違えないでください」

2015/7/7 06:30 注意書きを追記:
「アプリとデバイスのアップデートについては、後ほどこのレポートをご確認ください」の文言についてコメントをいただきました。
コメント欄でも書きましたが、OKの表示は「アップグレードアドバイザの利用時点の結果であって最終的な結果ではない」ということです。私も知らなかったのですが「更新はWindows Update時に実行される」とのことです。
このことを踏まえて、少なくとも「最終的にWindows 10 にアップグレードする直前」には再確認してくださいね。

募集中です!!! よろしくお願いすます!!!
投稿記事の募集を開始します

 


人気ブログランキングへ

    Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

    A800009
    Windows 10 レスキューキット

    A800010
    プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

    厄介なブルースクリーンエラー、BAD_POOL_HEADER (0x19)、DPC_WATCHDOG_VIOLATION(0x133)の回避機能を実装。

    および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

    初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

    【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
    ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

    About comments

    申し訳ありませんが、日本語のコメントのみを承認しています。 Sorry, only for Japan to approve. 죄송 하지만 일본어 코멘트를 승인 하 고 있습니다. 抱歉,只为日本批准。 عذراً، فقط لليابان الموافقة.

    2件のコメント

    • 通りすがり

      そのメッセージは今まで完全な互換性が実現されていなかったアプリ(特にウイルス対策ソフト等システムに関わる重要なもの)で、最近メーカーが対応の完了を発表したが、リリースまでのWin10の更新や調査でさらなる問題が出る可能性が0ではないので保留という意味です。
      互換性チェックはアップデートの時に行われるので「後で必ず再確認してください」というのは誤りです。

    • >通りすがりさん
      コメントありがとうございます、誤解を招く書き方ですね…。最終的な結果ではないので「後日も確認が必須です」ということで書いたものです。

      注意書きを入れますね。

    コメントを残す