【WinUp個別】2020年5月の第一定例日KB配信【2020/5/13】

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

この記事について

2020年5月の第一定例日のKB配信情報です。

なお、今回の更新でExcelの不具合パッチが2010/2013用なども配信されていますので適用してくださいね。

 

目次

すべてのKB一括

悪意

Adobeフラッシュ

Win8.1系

Win10系

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害
OS/ソフト Windows、Update、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

すべてのKB一括

5月分の抽出

Win7とWin10(1803以前)は記載していませんのでこちらかWin10の更新履歴から確認してください。

Webページが開いたのちに最終更新日時でソートしてください。「2019/12」以上の条件を追加するとサイトの仕様なのかKBがありませんになってしまう場合があるのが弱点です。

セキュリティーのみの更新を探す場合やドライバーの更新が来ていないか、1803以前の更新を確認するなどの場合に利用してくださいね。

なお、冒頭で書いたようにWin7は有料サポートの分も一覧に出て来ますが、契約していないと利用できません。

悪意

KB890830

悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Adobeフラッシュ(Win8.1/10)

今月分はありません。

 

Win8.1系

ダウンロードリンク
4556401(net)

4556846(ロール)

 

2020-05 Windows 8.1 および Server 2012 R2 (x64 版) 用 .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ (KB4556401)
Windows 8.1、RT 8.1、およびWindows Server 2012 R2用の.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8のセキュリティおよび品質ロールアップ(KB4556401)

 

2020-05 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4556846)
2020年5月12日-KB4556846(月例のロールアップ)
既知の問題はありません。

 

Win10系

1809
4556441(net)

4551853(ロール)

 

1903・1909
4552931(net)

4556799(ロール)

 

1809

2020-05 .NET Framework 3.5、4.7.2 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows Server 2019 用) (KB4556441)
2020年5月12日-KB4556441 Windows 10バージョン1809およびWindows Server 2019用の.NET Framework 3.5、4.7.2、および4.8の累積的な更新

 

2020-05 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4551853)
2020年5月12日-KB4551853(OSビルド17763.1217)

このアップデートの既知の問題
症状
KB4493509をインストールした後、一部のアジア言語パックがインストールされているデバイスに「0x800f0982-PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」というエラーが表示される場合があります。

回避策
最近追加した言語パックをアンインストールして再インストールします。手順については、「Windows 10で入力言語と表示言語の設定を管理する」を参照してください。
[ 更新の確認]を選択し 、2019年4月の累積的な更新をインストールします。手順については、「Windows 10を更新する」を参照してください。
注言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次のようにPCをリセットします。

[設定]アプリ> [ リカバリ]に移動します。
[ このPCの回復をリセットする ]オプションで[ 開始 ]を選択します。
[ ファイルを保持]を選択します
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

1903・1909

2020-05 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 10 Version 1909 用) (KB4552931)
2020年5月12日-KB4552931 Windows 10バージョン1903およびWindows Server 1903 RTMおよびWindows 10バージョン1909およびWindows Serverバージョン1909用の.NET Framework 3.5および4.8の累積的な更新

 

2020-05 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB4556799)
2020年5月12日-KB4556799(OSビルド18362.836および18363.836)
既知の問題はありません。

 

今回の記事は以上です。


人気ブログランキング

4 Responses to “【WinUp個別】2020年5月の第一定例日KB配信【2020/5/13】”

  1. 管理人(ジャミラ)様
    こういう問合せの場ではないと思いますが、すいません。何か分ればと思い..
    ネット検索しましたが、同様の事例が見当りませんでした。

    ・内容:パッチ適用できない(この更新プログラムはお使いのコンピュータには適用できません)

    ・機種:富士通 LIFEBOOK A572/F(Win7 モデル)
    ・OS:Win10 Home v1803 x64(クリーンインストール)

    2月度(KB4537762,Bリリース)までは正常に適用できたのですが、3月~適用に失敗し続けています。

    前提.
    ・(オンラインの)WinUp ではなく、MS Update カタログからDL・手動適用。
    ・管理者権限ユーザー:administrator(ビルトイン)を有効化して使用。
    ・高速スタートアップ:以前から無効化。

    試したこと.
    ・DLするものは v1803 x64 用であることを再確認。
     ※違うバージョン用のものだと、当然上記エラーになるため。
    ・SSU(最新:KB4540724(3月))は正常に適用。
     ※前提となる更新未適用の場合に、上記エラーになるとのことで。
    ・WinUp トラブルシューティングを実施。→修復済になるが、同様。
    ・DBのクリア(“C:\Windows\SoftwareDistribution”フォルダの名前変更)。
    ・OSの修復(DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth , sfc /scannow)→破損無。
     ※DISM:/Scanhealth & /Checkhealth を実施。

    ・セキュリティソフトの完全停止→変わらず。
     ※使用ソフト:McAfee VirusScan Enterprise(VSE) 8.8 patch14(最新,v1903/v1909 対応)
      以前からパッチ適用時は、オンアクセススキャン(常駐スキャン)無効化。
    ・スタートアッププログラムの停止→変わらず。
     ※タスクマネージャーの[スタートアップ]タブで、個々に無効化。
    ・クリーンブート→変わらず。
     ※msconfig の[サービス]タブで、MSのサービス以外無効化。
      VSE のいくつかのサービスは無効化されず。

    ●試行後、C: 直下に意味不明の長い文字列のフォルダができることがあり、
     配下に KBxxxxx.cab や KBxxxxx.xml が存在。→パッチ適用時の一時フォルダと理解。
     (フォルダ削除後)mklink /d c:\~ c:\Windows\SoftwareDistribution\Download
     で処理継続できないかと考えたが、変わらず。

    ●コマンドラインでの適用を試行。
     ・wusa x:\~\windows10.0-kbxxxxx-x64.msu /norestart
     →wusa のヘルプ画面表示(多分エラー発生)。
     ・dism /online /add-package /PackagePath:x:\~\windows10.0-kbxxxxx-x64.msu /NoRestart
     →msu はサポートしていない旨のエラー。
     ・expand /f:* x:\~\windows10.0-kbxxxxxx-x64.msu x:\~
      dism /online /add-package /PackagePath:x:\~\windows10.0-kbxxxxx-x64.cab /NoRestart
     →成功した旨のメッセージ(画面)。→再起動(shutdown /r)。

    ●しかし、適用できていない?
     ・wmic qfe list
      最新のエントリ:KB4537762(2月度Bリリース)

     ・dism /online /get-packages
    ~~~~~
    パッケージ ID : Package_for_KB4540724~31bf3856ad364e35~amd64~~17134.1361.1.0
    状態 : インストール済み
    リリースの種類 : Security Update
    インストール時刻 : xxxxx
     #SSU

    パッケージ ID : Package_for_RollupFix~31bf3856ad364e35~amd64~~17134.1304.1.4
    状態 : インストール済み
    リリースの種類 : Security Update
    インストール時刻 : xxxxx
     #KB4537762(2月度Bリリース)

    パッケージ ID : Package_for_RollupFix~31bf3856ad364e35~amd64~~17134.1425.1.4
    状態 : ステージされた ←★この状態は?”インストール済み”にするには、どうすれば良い?
    リリースの種類 : Security Update
    インストール時刻 :
     #KB4550922(4月度Bリリース)

     ・ver
    Microsoft Windows [Version 10.0.17134.1304]

    その他.
    v1803 は既にサポート終了ということは認識しています。
    セキュリティパッチがリリース継続されているため、使い続けています。

    よろしくお願いします。

  2. 1803のサポートはコロナで半年延長されています。

    詳細は後でもう一度考えてみますが、とりあえずできること。(これから夜勤です)

    1)保留中(引っかかっていたり、実際には適用が完了していない)KB)がないかを確認します。

    DISM /image:C:\ /get-packages

    保留中の更新プログラムがある場合は、次のコマンドを実行してアンインストールし、その後に適用してみます。

    DISM /image:C:\ /remove-package /packagename: name of the package

    DISM /Image:C:\ /Cleanup-Image /RevertPendingActions

    2)インターネット接続を切断した状態でスタンドアローン版を適用してみる。これ何故かうまくいくようになることがあります。インターネットに接続した状態だと、適用の可否などをホストと通信して、不可となったりうまくいかないと適用できなくなる場合があるようです。

    3)イメージがあればそれで、なければシステムの復元で正常に更新できていた状態に戻す。(復元前と復元した直後のシステムイメージは取っておいてくださいね。特に復元を何度も繰り返すのはNGなので何度もやり直す場合に備えて取っておいてください。

    その後に更新を検索して、新規に出てきたものだけを適用してみます。

  3. #お手数ではありますが、もし2重投稿になっていれば、片方削除お願いします。

    回答ありがとうございます。

    > 1803のサポートはコロナで半年延長されています。
    →残念ながら、それは v180″9″ かと..

    > 1)保留中(引っかかっていたり、実際には適用が完了していない)KB)がないかを確認します。
    > DISM /image:C:\ /get-packages
    →エラーになってしまいます。
     エラー: 87
     指定された /Image オプションが実行中の Windows インストールをポイントしています。
     ~

    > 2)インターネット接続を切断した状態でスタンドアローン版を適用してみる。これ何故かうまくいくようになることがあります。
    →これは実施済です。
     ※オンアクセススキャン(常駐スキャン)を無効化するため、ネット接続は切断しています。

    > 3)イメージがあればそれで、なければシステムの復元で正常に更新できていた状態に戻す。(復元前と復元した直後のシステムイメージは取っておいてくださいね。特に復元を何度も繰り返すのはNGなので何度もやり直す場合に備えて取っておいてください。
    →イメージは2月度成功後のもの1つだけあります(何世代も残していない,必要になる場面がなかったため)。
     但し、ややこしいのですが、2月度適用前に3月度失敗(DISM /get-packages→状態 : ステージされた),
     #2月度がリリースされていることを3月になってから認識・累積更新のため、先に3月度適用を試みた。
     3月度削除(DISM /remove-packages)→2月度適用しました(従来通り msu ダブルクリック)。

     システムの復元ですが、無効にしています(役に立ったことがなかったため)。
     今からでも有効にしておく方が良いでしょうか..?

  4. Windows の起動の問題の高度なトラブルシューティング

    このページのだから間違いないと思ううんだけどエラー出る?

    あとは、メーカー製のPCの場合に付属のユーティリティーソフトやドライバをWin10対応の最新のものにすると直ることがあるよ。

    無い場合は、付属のユーティリティーソフトを削除して、AutoRunsで関連しそうなサービスの残滓なども止める。

    症状としては、通り一遍のことをやってダメだと厳しいんだよね…。

コメントを残す

CAPTCHA