お知らせ

【お勧めします】
そのまますべてのPCで当てはまるかどうかは不明ですが、「手元のWin7機で通常のアップデートに長時間ようする環境」で検証した結果、KBナンバーが判明している場合にはupdateカタログからダウンロード後に手動で導入すると短時間で終了するようです。

来る12/9の定例アップデートはロールアップですから数は少ないので手動で更新しても手間は最小と思われますので「確認がいつまでも終了しない」という方はぜひお試しください。

なお、注意点がありますのでWinUp2016/12分の記事もご覧ください。

旧館からの記事移動開始のお知らせ
2016/12/11より、旧ブログ「自作PCの道楽」(はてなダイアリー)から「自作PCの道楽新館」への記事の移動を開始しました。

◎ フォーローしてね! WinUP情報や不具合情報追加を、ツイッター・フェイスブック・Google+でお知らせしていますのでご利用ください。

保護中記事のパスワードについて 記事の自己検閲によるパスワード保護の開始についてを読み了承の上閲覧される方は「5525」を入力してくださいね。

サイト内検索:カテゴリなど一部詳細情報はページ最下部もご覧ください





IEやWordなどでスクロールする際にジャンプしたり逆転してしまう障害

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分22秒です。

◎最終更新日 2015/10/13

結論要約
Webブラウザ・Word・Excel・PDFの文書を閲覧する際に、マウスのスクロールホイールを操作すると、ジャンプする・逆転する・カクカクするなど思い通りに操作ができない障害があります。

この障害の原因として、ドライバや機器自体の不良ということではなく「スクロールホイールの仕様が強めにカチカチッというタイプのもの」ということが原因ではないかということを発見したというか考えています。

  広告




お歳暮に迷ったらこれ!

対象機材/OS/ソフト
Windows OS全般・スクロールホイール付きマウス全般

対象読者
主に現在「障害が発生している方」で原因が不明なためマウスの物理的破損を疑っている方。

 

・本文
表題の障害は、もちろんドライバ・PCの描画スペックの低さ・付属のユーティリティー・マウス自体の物理的障害の場合ももちろんあります。

しかしながら、私が見つけたマウス自体のスクロールホイール機構の問題であるなら「同様の機構のマウスで買い替えた場合」に、「せっかく新しいマウスを購入」しても同じ不都合が発生する場合が出てきます。

ホイールの仕様に由来する障害があるのではと考えた検証内容です。

機材:(すべての機材で同結果)
Windows10…i7-3960X+P9X79 DELUXE+GTX580+メモリ16GB(OSx64)
Windows 7/8.1…上記のPCのハイパーV仮想。4コア+メモリ4GB(OSx64)
Windows 7…Q6600+GA-G33 DS3R+HD5770+メモリ4GB(OSx86)

◎現象が発生するマウスは、Windows 7/8.1/10のどのOSでも発生する。ただし、2014/3月以前はWindows7では現象は発生していなかった。

 

マウスの銘柄と動作

障害が発生するマウス(マウスホイールが強くカチカチッというタイプ)
サンワサプライ製MA-BTH20(ブルートゥース3.0)
MS wireless Mobile Mouse 3500(無線2.4Ghz)
DELL製のワイヤードマウス(型番不明)

 

障害が発生しないマウス(マウスホイールがスムースなタイプ)
LogiCool M570(無線2.4Ghz)
MS Explorer Touch mouse(タッチセンサー式スクロール)(無線2.4Ghz)

障害の発生が動作の切り替えにより変わるマウス(スクロール動作が切り替え可能)

Logicool MK700付属マウス(無線2.4Ghz)
(このタイプの切り替えマウスとなります)

 

◎上記のような結果となり、特にスクロールホイールの動作を切り替えられるMK700付属のマウスで切り替えると(同じマウスにかかわらず)不都合な動作が発生するということを合わせて考えると、スクロールホイールの仕様により障害が発生する場合があると推定されます。

 

広告
この件では、ホイールの仕様が問題となります。今回のテストでLogicoolさんのスクロール方式が切り替えられる製品では「非常にスムースにスクロールできる」ことを確認しています。

旧館の記事「ロジクールLX-710」でも書いていますが、3年間という長期の製品保証、対応の素晴らしさ、製品としての性能の高さから「予算があって製品が気に入れば」次のような商品を検討してみてくださいね。

紹介したほかでも「Logicoolさんのマウスで、高速スクロール機能(フリーホイール機能)」が使えるものであればOKと思います。

何にしろ製品の機能として、ポインタの動きの正確さ・ボタンの配置や機能など「一度使用するとLogicoolファンになる」のがよくわかる製品です。(紹介した製品のほかにも3000円~14000円程度までたくさんの種類があります)

ロジクール パフォーマンス マウス m950t M950t

Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t

Logicool ロジクール MXAnywhere2™ ワイヤレスモバイルマウス BluetoothSmart・USB対応 MX1500

 

また他社製品でもスクロールホイールが「カチカチッ」というクリック感のないものはOKと思いますので、探してみてくださいね。(残念ながら、紹介したLogicoolさんの製品以外では確実な製品がわかりません、ごめんなさい…)

 

この件は検証のお願いもかねて「MSコミュニティーでディスカッションを立てました」ので興味のある方は追跡してみてくださいね。

 

Windows8/8.1/10でのスクロールホイール操作での障害について(の全文)

現象/障害:
Webブラウザ、Word、PDF問わず、スクロールホイールでスクロールする際に「カクカクする・ジャンプする・ホイールを回していると一時的に逆方向にスクロールしてしまう」場合がある。

Windows8/8.1/10でのスクロールホイール操作で、スクロールがうまくいかない・ジャンプしてしまうなどの質問があります。

このような質問では、セットポイントなどのユーティリティーが原因であった(またはそのように見える)、PCの(描画)スペックが低いのではないか、マウスそのものに問題がある、などの回答がされています。

このことについて気づいたことがありますので、ほかの方にも検証をしていただけると解決策として「すっきりとしたものが提示できるケース」が出てくるのではないかと考えています。

検証結果等含めてご意見をお願いします。(なお、Windows10完全対応を謳っていないものもあるため、それが原因ということもあるかもしれません)

============

実は、私の環境ではWindows8.1Update1を適用したころより「この現象」が発生していました。理由はわからないのですが、9/29にWindows10をクリーンインストールしてのち、使用に耐えないほど現象が酷くなっていました。

仕方がないので、修理などの検証用に使用しているサンワサプライ製MA-BTH20という「ほぼ新品のマウス」を使用してみたのですが現象は同様に発生しました。

そこで以下のことを試してみたところ、この障害は自分の環境の場合「カチカチッと回る(感じが強い)スクロールホイール」でのみ発生するのです。

以下私の環境での状況です。

機材:(すべての機材で同結果)
Windows10…i7-3960X+P9X79 DELUXE+GTX580+メモリ16GB(OSx64)
Windows 7/8.1…上記のPCのハイパーV仮想。4コア+メモリ4GB(OSx64)
Windows 7…Q6600+GA-G33 DS3R+HD5770+メモリ4GB(OSx86)

◎現象が発生するマウスは、Windows 7/8.1/10のどのOSでも発生する。ただし、2014/3月以前はWindows7では現象は発生していなかった。

マウスの銘柄と動作

障害が発生するマウス(マウスホイールが強くカチカチッというタイプ)
サンワサプライ製MA-BTH20(ブルートゥース3.0)
MS wireless Mobile Mouse 3500(無線2.4Ghz)
DELL製のワイヤードマウス(型番不明)

障害が発生しないマウス(マウスホイールがスムースなタイプ)
LogiCool M570(無線2.4Ghz)
MS Explorer Touch mouse(タッチセンサー式スクロール)(無線2.4Ghz)

障害の発生が動作の切り替えにより変わるマウス(スクロール動作が切り替え可能)
Logicool MK700付属マウス(無線2.4Ghz)
(このタイプの切り替えマウスとなります)

◎上記のような結果となり、特にスクロールホイールの動作を切り替えられるMK700付属のマウスで切り替えると不都合な動作が発生するということを合わせて考えると、スクロールホイールの仕様により障害が発生する場合があると推定されます。

原因は、OS側のドライバなどであるのか、マウスの機構由来なのか不明ですが、もし今回気が付いたことが私のほかの環境でも同様であれば、

・質問時のアドバイスに生かすこと
・改善の手がかりや要望を出すこと

につながると考えています。

注:この件につき、UEFI BIOS上でも試行してみたのですが「ドライバが同様のため」なのか動作が不良になるマウスでは同様の不良動作が発生しました。そのため、(少しでもと考えたのですが)原因を絞ることはできませんでした。

 


人気ブログランキングへ

    Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

    A800009
    Windows 10 レスキューキット

    A800010
    プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

    厄介なブルースクリーンエラー、BAD_POOL_HEADER (0x19)、DPC_WATCHDOG_VIOLATION(0x133)の回避機能を実装。

    および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

    初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

    【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
    ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

    About comments

    申し訳ありませんが、日本語のコメントのみを承認しています。 Sorry, only for Japan to approve. 죄송 하지만 일본어 코멘트를 승인 하 고 있습니다. 抱歉,只为日本批准。 عذراً، فقط لليابان الموافقة.

    コメントを残す