お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

【注意喚起】プリンター共有に関する記事へのアクセスが非常に多くなっています【2018/12/27】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

お知らせ2
2019/2/6、旧館をはてなダイアリーからはてなブログに移行しました。詳細は【お知らせ】自作PCの道楽(旧館)のはてなブログへの移行について【2019/2/6】をご覧ください。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にもあります。

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WordPressの機能を利用したもので,
よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

302人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】2019年6月の第一定例日KB配信【2019/6/12】

この記事を読むのに必要な時間は約 28 分です。

この記事について

2019/6/12の公開時誤ってパスワード保護になっていました。お詫び申し上げます。

2019年6月の第一定例日のKB配信情報です。

Win10(1903)は身の回りを見てもあまり自動配信されている様子がないです…。トラブルを避けていたのでしょう。ところが6月の第一定例日を境に自動配信対象を増やすというようなうわさがあります。

気を付けてくださいね…。

 

 

6/14追記

昔は新しいOSが発売されるときには「祭り」があったような…。秋葉原などで深夜から並ぶ人もいました。今では、障害や不具合が発生しないかと戦々恐々としなくてはなりません。

なぜなのでしょうね…。、

 

目次

Win10の更新準備

すべてのKB一括

悪意

Adobeフラッシュ

共通の不具合など

Win7系

Win8.1系

Win10系

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信
OS/ソフト Windows、Update、7、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

Win10の更新準備

重要
・Win10のMay 2019 Updateが迫っています。準備を忘れないでくださいね。

参考記事
【WinUp個別】 WIN 10の大きなアップデート前に必ずやっておくべきこと【2019/4/6】

【WinUp個別】Win10 May 2019 Updateの準備はOKですか?【2019/5/13】

【WinUp個別】書き忘れ分・・・Win10 May 2019 Updateの準備はOKですか?【2019/5/13】

 

 

すべてのKB一括

ダウンロードリンク
2019/06月分の抽出

 

Webページが開いたのちに最終更新日時でソートしてください。「2019/04」以上の条件を追加するとサイトの仕様なのかKBがありませんになってしまう場合があるのが弱点です。

セキュリティーのみの更新を探す場合やドライバーの更新が来ていないか、1709以前の更新を探すなどの場合に利用してくださいね。

悪意

ダウンロードリンク
890830

 

Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

Adobeフラッシュ(Win8.1/10)

ダウンロードリンク
KB4503308

注:
Win10用はVer.ごとに分かれてます。ほかのVer.のものが導入できるのかどうか定かではないのですが、手動で導入する場合には一応自分のVer.以外のものを適用しないように注意してくださいね。

Win7は手動での更新となります。(ページの最下部に最新版のインストールボタンがあります)
Flash Player の状況確認

 

共通の不具合など

Win7/8.1共通の不具合
Win7 /8.1 にて、アップデートをインストールした後、システムの起動が遅くなったり、再起動時にシステムが反応しなくなる。

原因:マカフィーのセキュリティソフト

参考リンク
Slow boot times and performance after installing Microsoft Windows April 2019 updates on a system with Host Intrusion Prevention

Slow boot times and performance after installing Microsoft Windows April 2019 updates or later on a system with Endpoint Security

Slow performance after applying Microsoft Windows April 2019 updates or later Microsoft monthly updates on a system with VirusScan Enterprise installed

 

Win8.1/10共通の不具合
Windows展開サービスサーバの接続が切れる。

一般には関係ありませんが、SEの方などで当該する場合は既知の不具合を参照してくださいね。

 

注;Win10で5/22以降のKBを導入しているとIE11が起動できなくなる不具合が発生していたようですが、今回の配信で修正されています。やはりロールアップのプレビューは人柱ですね…。

 

 

Win7系

ダウンロードリンク
KB4503292(ロール)

 

2019-06 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4503292)
2019年6月11日 – KB4503292(月次ロールアップ)

リリース日:2019年6月11日
バージョン:月次ロールアップ
始まるKB4493472 月間のロールアップのアップデートはもはやPciClearStaleCache.exeが含まれません。このインストールユーティリティは、内部PCIキャッシュの不整合を解消します。これが発生する可能性がありますPciClearStaleCacheが含まれていない毎月の更新をインストールする際に、下記の症状を:

コントロールパネルネットワークの既存のNIC定義は、新しいイーサネットネットワークインターフェイスカード(NIC)に置き換えられますが、デフォルト設定になります。以前のNICのカスタム設定はレジストリに残りますが、使用されませんでした。
静的IPアドレス設定がネットワークインターフェイスで失われました。
Wi-Fiプロファイル設定は、ネットワークフライアウトに表示されませんでした。
WIFIネットワークアダプタが無効になっていました
これらの症状は、ゲスト仮想マシン上で特に共通していると上のマシンされていない更新以来月、2018。

管理者は、2018年4月10日(の間にリリース月次ロールアップのいずれか一つ以上のことを確認する必要がありますKB4093118)と12年3月、2019年(KB4489878が)がインストールされている以前の 2019年4月以降の更新プログラムをインストールします。これらの各ロールアップ更新プログラムには、PciClearStaleCache.exeが含まれています。

 

改善点と修正点
このセキュリティ更新プログラムは、更新プログラムKB4499178(2019年5月23日にリリースされたもの)の一部であり、次の問題に対処した改良と修正を含みます。

Internet Explorerを使用しているときのURLのHTTPおよびHTTPS文字列の文字数制限に関する問題を解決しました。
Windowsアプリケーションプラットフォームとフレームワーク、Microsoftグラフィックコンポーネント、Windows入力と構成、Windowsシェル、Windowsサーバー、Windows認証、Windowsデータセンターネットワーク、Windowsストレージとファイルシステム、Windows仮想化、インターネットインフォメーションサービス、およびMicrosoft JETデータベースエンジンのセキュリティアップデート。
解決されたセキュリティ上の脆弱性に関する詳細情報は、セキュリティアップデートガイドを参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
症状
MicrosoftとMcAfeeは、McAfee Endpoint Security(ENS)Threat Prevention 10.xまたはMcAfee Host Intrusion Prevention(ホストIPS)8.0またはMcAfee VirusScan Enterprise(VSE)8.8がインストールされているデバイスに関する問題を確認しました。このアップデートをインストールした後、システムの起動が遅くなったり、再起動時にシステムが反応しなくなったりする可能性があります。

回避策
現在McAfeeでこの問題を調査中です。

McAfeeのお客様向けのガイダンスは、次のMcAfeeサポート記事にあります。

マカフィーセキュリティ(ENS)Threat Prevention 10.x
McAfee Host Intrusion Prevention(ホストIPS)8.0
McAfee VirusScan Enterprise(VSE)8.8

 

症状
マーカー付きの折れ線グラフを含むPower BIレポートをロードまたは操作すると、Internet Explorer 11が機能しなくなることがあります。この問題は、Scalable Vector Graphics(SVG)マーカーを含む他のコンテンツを表示しているときにも発生する可能性があります。

回避策
Power BIレポートの問題を軽減するには、マーカーをオフにしてレポートを再公開する必要があります。問題のある折れ線グラフを選択して[ ビジュアライゼーション]ペインに移動すると、マーカーを無効にできます。次に、「図形」の下の「フォーマット」タブで、「マーカーを表示」スライダをオフに設定します。

解決策を検討中で、7月中旬に解決策が提供される予定です。

 

Win8.1系

ダウンロードリンク
KB4503276(ロール)

 

2019-06 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4503276)
2019年6月11日 – KB4503276(毎月のロールアップ)

リリース日:2019年6月11日
バージョン:月次ロールアップ

改善点と修正点
このセキュリティ更新プログラムは、更新プログラムKB4499182(2019年5月23日にリリースされたもの)の一部であり、次の問題に対処した改良と修正を含みます。

安全ではなく、既知のキーを使用してセキュリティフォブなどの接続を暗号化する、WindowsとBluetoothデバイス間の接続を意図的に防止することにより、セキュリティの脆弱性を解決します。イベントビューアのBTHUSBイベント22に「Bluetoothデバイスがデバッグ接続を確立しようとしました…」と表示されている場合、システムに影響があります。デバイスの更新が存在するかどうか確認するために、Bluetoothデバイス製造元に問い合わせます。詳細については、CVE-2019-2102およびKB4507623を参照してください。
可変ウィンドウ拡張機能を使用するように構成されたWindows展開サービス(WDS)サーバーから起動前実行環境(PXE)がデバイスを起動できないという問題に対処します。これにより、イメージのダウンロード中にWDSサーバへの接続が途中で終了することがあります。この問題は、Variable Window Extensionを使用していないクライアントやデバイスには影響しません。
Internet Explorerを使用しているときのURLのHTTPおよびHTTPS文字列の文字数制限に関する問題を解決しました。
Windowsアプリケーションプラットフォームとフレームワーク、Windows入力と構成、Windowsシェル、Windowsサーバー、Windows認証、Windowsデータセンターネットワーク、Windowsストレージとファイルシステム、Windows仮想化、インターネットインフォメーションサービス、およびMicrosoft JETデータベースエンジンのセキュリティアップデート。
解決されたセキュリティ上の脆弱性に関する詳細情報は、セキュリティアップデートガイドを参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
症状
名前の変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、 “STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)”というエラーが発生して失敗する場合があります。これは、管理者特権を持たないプロセスからCSV所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

回避策
以下のいずれかを行います。

管理者権限を持つプロセスから操作してください。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行してください。
マイクロソフトは解決策を検討中で、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

症状
MicrosoftとMcAfeeは、McAfee Endpoint Security(ENS)Threat Prevention 10.xまたはMcAfee Host Intrusion Prevention(ホストIPS)8.0またはMcAfee VirusScan Enterprise(VSE)8.8がインストールされているデバイスに関する問題を確認しました。このアップデートをインストールした後、システムの起動が遅くなったり、再起動時にシステムが反応しなくなったりする可能性があります。

回避策
現在McAfeeでこの問題を調査中です。

McAfeeのお客様向けのガイダンスは、次のMcAfeeサポート記事にあります。

マカフィーセキュリティ(ENS)Threat Prevention 10.x
McAfee Host Intrusion Prevention(ホストIPS)8.0
McAfee VirusScan Enterprise(VSE)8.8

 

症状
マーカー付きの折れ線グラフを含むPower BIレポートをロードまたは操作すると、Internet Explorer 11が機能しなくなることがあります。この問題は、Scalable Vector Graphics(SVG)マーカーを含む他のコンテンツを表示しているときにも発生する可能性があります。

回避策
Power BIレポートの問題を軽減するには、マーカーをオフにしてレポートを再公開する必要があります。問題のある折れ線グラフを選択して[ ビジュアライゼーション]ペインに移動すると、マーカーを無効にできます。次に、「図形」の下の「フォーマット」タブで、「マーカーを表示」スライダをオフに設定します。

解決策を検討中で、7月中旬に解決策が提供される予定です。

Win10系


サービススタック更新プログラムについて

WinUpの検索時にロールアップ中の必要なものだけを導入する仕組みに使われるものです。最近特にWin10でWinUp時のトラブルのもとになっているようです。

今後の記事で、注意書きがなされないことも出てくると思いますが、このプログラムが最新でない場合ロールアップのダウンロードや導入時に次のような障害が発生する場合があります。

・WinUpの検索に非常に時間がかかる、いつまでも終わらない

・必要なプログラムが落ちてこない、逆に不要なものが落ちてくる

・KB適用に失敗する…など

基本的に手動更新(KB番号を元にスタンドアローンを自分で落としている場合)はサービススタック更新が落ちてきません。また、環境により自動更新でもうまく落ちてこない場合があるようです。

手動更新(KB番号を元にスタンドアローンを自分で落としている場合)の方と自動更新で導入に失敗するという方は、当月分のKB詳細ページ中の「その他の情報を確認し、必要条件などを満たしているかどうか、サービススタックの更新がないかどうか」を確認してくださいね。

KB詳細ページにはそれらの(ダウンロード)リンクやより詳しい情報のリンクなどが設置されています。

 

ダウンロードリンク
毎月のロールアップ全Ver.
(ページでVer.を選択⇒下部のこの更新プログラムの入手方法⇒この更新プログラムのインストール⇒Microsoft Update カタログのリンクと進んでくださいね)

.net全Ver.

 

1809
KB4465065(Intel 製マイクロコード)

KB4503327(ロール)

2019-02 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 更新プログラム (KB4465065)
KB4465065: Intel 製マイクロコードの更新プログラム

2019-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4503327)
2019年6月11日 – KB4503327(OSビルド17763.557)

リリース日:2019年6月11日
バージョン:OSビルド17763.557
注 新しい情報がリリース情報ダッシュボードに公開される時期を確認するには、@ WindowsUpdateに従ってください。

更新プログラムKB4497934以降では、いつ機能更新をインストールするかを決定できるようにする機能を導入しています。同時にデバイスを最新の状態に保ちながら、機能のアップデートを取得するタイミングを制御します。対象となるデバイスで利用可能な機能のアップデートは、Windows Updateページ(設定 > アップデートとセキュリティ > Windows Update)の別のモジュールに表示されます。すぐに利用可能なアップデートを入手したい場合は、[ 今すぐダウンロードしてインストール]を選択します。この機能の詳細については、このブログを参照してください。

Windows 10デバイスがサービス終了またはその数ヶ月以内にサービス終了になると、Windows Updateは自動的に機能の更新を開始します。これにより、それらのデバイスはサポートされ、デバイスのセキュリティとエコシステムの健全性に不可欠な毎月の更新を受け取ることができます。

注意

このリリースには、2019年6月11日にリリースされたMicrosoft HoloLens(OS Build 17763.557)の更新も含まれています。

マイクロソフトは、この最新のOSビルドに更新されていないMicrosoft HoloLens上のWindows Updateの信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースする予定です。

 

改善点と修正点
このアップデートには品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

Windows Mixed Realityキーボードが一部のアプリケーションで正しく表示されないという問題を解決しました。

安全ではなく、既知のキーを使用してセキュリティフォブなどの接続を暗号化する、WindowsとBluetoothデバイス間の接続を意図的に防止することにより、セキュリティの脆弱性を解決します。イベントビューアのBTHUSBイベント22に「Bluetoothデバイスがデバッグ接続を確立しようとしました…」と表示されている場合、システムに影響があります。デバイスの更新が存在するかどうか確認するために、Bluetoothデバイス製造元に問い合わせます。詳細については、CVE-2019-2102およびKB4507623を参照してください。

可変ウィンドウ拡張機能を使用するように構成されたWindows展開サービス(WDS)サーバーから起動前実行環境(PXE)がデバイスを起動できないという問題に対処します。これにより、イメージのダウンロード中にWDSサーバへの接続が途中で終了することがあります。この問題は、Variable Window Extensionを使用していないクライアントやデバイスには影響しません。

更新されたBroadcom Wi-FiファームウェアをMicrosoft HoloLensに追加します。詳しくは、勧告190016を参照してください。

デフォルトの検索プロバイダが設定されていないか不正な形式である場合にInternet Explorer 11が開かないという問題を解決しました 。

Microsoftスクリプトエンジン、Internet Explorer、Microsoft Edge、Windows Appプラットフォームとフレームワーク、Windows入力と構成、Windows Media、Windowsシェル、Windowsサーバー、Windows認証、Windows暗号化、Windowsデータセンターネットワーク、Windowsストレージとファイルシステム、Windows SQLのセキュリティアップデートコンポーネント、Microsoft JETデータベースエンジン、Windows仮想化、Windowsカーネル、およびインターネットインフォメーションサービス。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがデバイスにダウンロードされてインストールされます。

解決されたセキュリティ上の脆弱性に関する詳細情報は、セキュリティアップデートガイドを参照してください。

Windows Updateの改良点

マイクロソフトは信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含む、Windows Updateから自動的に更新プログラムを受信するように構成されたWindows 10を実行しているデバイスはすべて、デバイスの互換性およびWindows Update for Businessの遅延ポリシーに基づいて最新のWindows 10機能アップデートが提供されます。これは長期サービス版には適用されません。

 

このアップデートの既知の問題症状
症状
名前の変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、 “STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)”というエラーが発生して失敗する場合があります。これは、管理者特権を持たないプロセスからCSV所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

回避策
以下のいずれかを行います。

管理者権限を持つプロセスから操作してください。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行してください。
マイクロソフトは解決策を検討中で、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

症状
Microsoft Edgeまたは他のユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリケーションから印刷しようとすると、「プリンタに予期しない設定問題が発生しました。0x80070007e」というエラーが表示されることがあります。

回避策
Internet Explorerなどの他のブラウザを使用して文書を印刷できます。

マイクロソフトは解決策を検討中で、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

症状
KB4493509をインストールした後、いくつかのアジア言語パックがインストールされているデバイスに「0x800f0982 – PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」というエラーが表示されることがあります。

回避策
最近追加された言語パックをアンインストールして再インストールします。手順については、「Windows 10で入力言語と表示言語の設定を管理する」を参照してください。
[ アップデートの確認]を選択して 、2019年4月の累積アップデートをインストールします。手順については、「Windows 10を更新する」を参照してください。
注言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次の手順でPCをリセットしてください。

行く[設定]アプリ> 回復。
Reset this PC recoveryオプションの下のGet Startedを選択します。
[ ファイルを保存する]を選択します。
マイクロソフトは解決策を検討中で、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

今回の記事は以上です。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA