【WinUp個別】注意点あり-2024年1月第4週のKB配信【2024/1/24】

ステマ規制に関する表示

  当サイトでは、記事本文やサイドバー等に以下が設置されています。御理解の上サイトを利用ください。 1)アフィリエイト広告リンク 2)プロモーション記事 3)記事作成に当たって、販売業者からの提供を受けたハード/ソフト等を使用した記事

この記事を読むのに必要な時間は約 27 分です。

2024年1月第4週の配信情報です。

現在、毎月第4週の配信内容は基本的に「プレビュー版のKB」となっています。

そのため、(特にセキュリティー関連が含まれていない場合は)よほど気になる不都合や不具合があり、その修正が含まれていない限りは導入する必要はないと捉えて構いません。基本的に「KBの内容を確認してどうしても必要」であれば導入するという形です。

※ プレビュー(このサイトではプレと略して表記しています)ではない正規版のKBが配信されることもありますので留意してくださいね。

この記事がお役に立てば幸いです。

※ 今回のWin11のKB5034204とWin10のKB5034203には、UEFI) セキュア ブート システムとビットロッカーに関する変更が含まれています。杞憂かもしれませんが、PCが起動しなくなったり、ビットロッカーの回復キーを要求される事態もありえますので、適用前に復元ポイントを手動で作成しておく、回復キーを控えておくなどしておいたほうが安心です。

2017年頃以前のCPUを搭載しているPCで「フォト、メディアプレイヤー、ペイント、電卓など」が動作しなくなる障害が発生しているようです。

詳しくは、【気になる】Win10-古めのCPUで障害発生中?【2024/2/5】を御覧ください。

各OSごとの提供している情報元

手元にWin11(22H2)とWin10(21H2)の実機機材がなくなったため、KB配信情報は以下の内容になります。

また、サポート終了に付きWin8.1とWin10(21H2)のKB配信情報を終了しました。

OS・バージョン 情報提供しているKBの種類
Win11(23H2) AMD CPUの手元実機へ実際に配信されたKBの情報(含むプレビュー)
Win11(22H2) MSページに記載されたロールアップ(含むプレビュー)
Win11(21H2) MSページに記載されたロールアップ(含むプレビュー)
Win10(22H2) Intel CPUの手元実機とAMD CPUの仮想マシンへ実際に配信されたKBの情報(含むプレビュー)

 2023年4月より、ネットフレームワークのKB情報は原則割愛します。(おまけ的な取り扱いとします)

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害、Update、アップデート

アップグレード

OS/ソフト Windows、10、11
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

今回の注意点

・今のところ特にありませんが、既知の不具合には留意してください。

※ 今回のWin11のKB5034204とWin10のKB5034203には、UEFI) セキュア ブート システムとビットロッカーに関する変更が含まれています。杞憂かもしれませんが、PCが起動しなくなったり、ビットロッカーの回復キーを要求される事態もありえますので、適用前に復元ポイントを手動で作成しておく、回復キーを控えておくなどしておいたほうが安心です。

・機材の関係なのか、落ちてこないKBがあったり、配信開始時点で落ちてこずにしばらく時間が経過した後や一旦KBをインストールして再起動した後に再確認するとKBが落ちてくる場合があります。

【WinUp個別】WinUpの確認で落ちてこないKBがある?【2021/1/15】

OS・Ver.毎のKB配信

OS・Ver.毎のKB配信情報です。

Windows OS 10/11の記事に載っていない各Ver.の重要な更新は以下で確認してくださいね。

Windows 11 の更新履歴

Windows 10 の更新履歴

 

Win11/10の既知の問題

Windows10/11の既知の問題の詳細は、以下のリンク先で確認してくださいね。

当ページに貼り付けた状態では、少々見にくく、テキスト内のリンクをすべて貼るのが困難でもあるため、今月より変更しますのでご了承ください。


Win10(旧Ver.)とWin11の累積の既知の不具合や解決方法は以下のページの左側のメニューから自分が確認したいVer.を選択して見てくださいね。

Windows のリリースの正常性・Windows10/11各バージョンの更新履歴・既知の不具合など

1)上記リンクからページを開く。

2)ページ左側のタブで目的の項目を選択する

3)目的のページが開いたら閲覧する

なお、画像の上部に羂索窓が設置されていますのでこちらも活用してくださいね。

 

Win11(23H2・22H2)

ダウンロードリンク

ロール・プレ:KB5034204

※ ネット・プレ(5034467?)も配信されているようですが、手元環境では落ちてきませんでした。

2024-01 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 23H2 の累積更新プログラム (KB5034204)

※ 今回のKBには、UEFI) セキュア ブート システムとビットロッカーに関する変更が含まれています。杞憂かもしれませんが、PCが起動しなくなったり、ビットロッカーの回復キーを要求される事態もありえますので、適用前に復元ポイントを手動で作成しておく、回復キーを控えておくなどしておいたほうが安心です。

2024 年 1 月 23 日—KB5034204 (OS ビルド 22621.3085 および 22631.3085) プレビュー

ハイライト
この更新プログラムは、一部のユーザーの [スタート] メニューで検索が機能しなくなる問題を解決します。この問題はデッドロックが原因で発生します。

このアップデートでは、ビデオ通話の信頼性を高めるための問題が解決されています。

このアップデートでは、デバイスが応答を停止する原因となる問題が解決されます。これは断続的に発生し、印刷サポート アプリをインストールした後に発生します。

この更新により、トラブルシューティング プロセスが失敗する問題が解決されます。これは、ヘルプ アプリを使用するときに発生します。

この更新では、ファイル エクスプローラー ギャラリーに影響する問題が解決されます。ツールチップを閉じることができなくなります。

このアップデートでは、Bluetooth Low Energy (LE) オーディオ イヤフォンに影響する問題に対処します。音楽をストリーミングすると音が聞こえなくなります。

このアップデートでは、Bluetooth 通話に影響する問題が解決されます。PC で通話に応答するときに、PC を介した音声のルーティングが停止されます。

改善点
注: 解決された問題のリストを表示するには、OS 名をクリックまたはタップして、折りたたみ可能なセクションを展開します。

Windows 11、バージョン 23H2
重要: EKB KB5027397を使用して 、Windows 11 バージョン 23H2 に更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムには品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

このビルドには、Windows 11 バージョン 22H2 のすべての改善点が含まれています。

Microsoft は、欧州経済領域 (EEA) におけるデジタル市場法 (DMA) への準拠を確保するために取り組んでいます。詳細については、「欧州経済領域のデジタル市場法に準拠するための Windows での変更のプレビュー」を参照してください。これらの変更は、EEA 内の Windows 11 バージョン 23H2 PC に段階的に展開され、2024 年 3 月 6 日までに準拠する予定です。

Windows 11、バージョン 22H2
このセキュリティ以外の更新プログラムには品質の改善が含まれています。この KB をインストールすると、次のことが行われます。

このアップデートでは、特定の種類の 7-Zip ファイルに影響する問題が解決されます。ファイル エクスプローラーでは空として表示されます。

この更新プログラムは、グループ ポリシー エディターの Wi-Fi Protected Access 3 (WPA3) に影響する問題を解決します。HTML プレビューのレンダリングが失敗します。

この更新プログラムは、Windows Management Instrumentation (WMI) に影響する問題に対処します。キャッシュの問題が発生します。この問題により、CurrentTimeZone が間違った値に変更されます。

この更新プログラムにより、電源移行時の Windows の信頼性が向上します。これにより、停止エラーのリスクが軽減されます。

この更新により、OpenType フォント ドライバーに影響する問題が解決されます。特定のアーキテクチャでは、この問題がサードパーティ アプリケーションのテキストのレンダリング方法に影響を与える可能性があります。

このアップデートでは、COLRv1 のカラー フォント形式に影響する既知の問題が解決されます。正しくレンダリングされるようになりました。Windows はこの形式を使用して、絵文字を 3D のような外観で表示します。

この更新プログラムは、WMI の動作を停止する問題に対処します。これは、Microsoft Intune などのモバイル デバイス管理 (MDM) プロバイダーを使用する特定のシナリオで発生します。

この更新プログラムは、BitLocker データのみの暗号化に影響する既知の問題に対処します。Microsoft Intune などのモバイル デバイス管理 (MDM) サービスは、適切なデータを取得できない可能性があります。これは、 BitLocker 構成サービス プロバイダー (CSP)ノードでFixedDrivesEncryptionTypeまたはSystemDrivesEncryptionTypeポリシー設定を使用するときに発生します。

このアップデートでは、アクセス ポイント名 (APN) プロファイルに影響する問題に対処します。これにより、セルラー対応デバイスの APN プロファイルの自動構成が停止されます。これは、「netsh mbn showreadyinfo *」コマンドを実行すると発生します。

このアップデートでは、Trusted Platform Module に影響する問題に対処します。特定のデバイスでは、正しく初期化されませんでした。このため、TPM ベースのシナリオは機能しなくなりました。

この更新プログラムには、Windows カーネル脆弱性ドライバー ブロックリスト ファイルDriverSiPolicy.p7bに対する四半期ごとの変更が含まれています。これは、Bring Your Own Vulnerable Driver (BYOVD) 攻撃の危険にさらされるドライバーのリストに追加されます。

この更新は、Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) セキュア ブート システムに影響します。更新された署名証明書をセキュア ブート DB 変数に追加します。この変更を選択できるようになりました。

この更新プログラムは、RemoteApp ウィンドウに影響する問題に対処します。場合によっては、クライアント デバイスを閉じた後もクライアント デバイス上に残ります。

この更新プログラムは、リモート デスクトップ クライアントに影響する問題に対処します。ユーザーのセッションの間違ったインスタンスに接続する可能性があります。これは、ユーザーがホスト上で複数のセッションを持っている場合に発生します。

この更新プログラムは、キーボード言語を変更するときに発生する問題を解決します。一部のシナリオでは、変更を RemoteApp に適用できません。

この更新プログラムは、Windows ローカル管理者パスワード ソリューション (LAPS) 認証後のアクション (PAA) に影響する問題を解決します。アクションは、猶予期間の終了時ではなく、再起動時に発生します。

この更新プログラムは、Active Directory に影響する問題に対処します。IPv6 アドレスへのバインド要求は失敗します。これは、リクエスタがドメインに参加していない場合に発生します。

この更新プログラムは、LocalUsersAndGroups CSP に影響する問題に対処します。グループが見つからない場合は、グループ メンバーシップの処理を停止します。

この更新プログラムは、マルチフォレスト展開におけるグループ ポリシー フォルダー リダイレクトに影響する問題に対処します。この問題により、ターゲット ドメインからグループ アカウントを選択できなくなります。このため、そのドメインに詳細なフォルダー リダイレクト設定を適用することはできません。この問題は、ターゲット ドメインが管理者ユーザーのドメインと一方向の信頼を持っている場合に発生します。この問題は、すべての拡張セキュリティ管理環境 (ESAE)、強化されたフォレスト (HF)、または特権アクセス管理 (PAM) の展開に影響します。

この更新により、Active Directory ユーザーとコンピュータの設定が変更されます。デフォルトでは、スナップインは X509IssuerSerialNumber の強力な証明書マッピングを使用するようになりました。x509IssuerSubject の弱いマッピングは使用しません。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれる新しいアップデートのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 11 サービス スタック更新プログラム – 22621.3073 および 22631.3073
この更新プログラムにより、Windows 更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質が向上します。サービス スタック更新プログラム (SSU) により、デバイスが Microsoft 更新プログラムを受信して​​インストールできるように、堅牢で信頼性の高いサービス スタックが確保されます。

このアップデートの既知の問題

現象 回避策
複数のモニターを使用している Windows デバイスでは、Windows (プレビュー版) で Copilot を使用しようとすると、デスクトップ アイコンがモニター間で予期せず移動する問題や、その他のアイコンの配置の問題が発生する可能性があります。 ユーザーがこの問題に遭遇しないようにするために、Windows の Copilot (プレビュー版) は、マルチモニター構成で使用されているデバイス、または現在使用されているデバイスでは利用できない場合があります。

現在解決策に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

既知の問題

Windows 11、バージョン 23H2 の既知の問題と通知

Windows 11、バージョン 22H2 の既知の問題と通知

Win10(22H2)

ダウンロードリンク
ロール・プレ:KB5034203

※ ネット・プレ(5034582?)も配信されているようですが、手元環境では落ちてきませんでした。

2024-01 Cumulative Update Preview for Windows 10 Version 22H2 for x64-based Systems (KB5034203)

※ 今回のKBには、UEFI) セキュア ブート システムとビットロッカーに関する変更が含まれています。杞憂かもしれませんが、PCが起動しなくなったり、ビットロッカーの回復キーを要求される事態もありえますので、適用前に復元ポイントを手動で作成しておく、回復キーを控えておくなどしておいたほうが安心です。

2024 年 1 月 23 日 — KB5034203 (OS ビルド 19045.3996) プレビュー

ハイライト
この更新プログラムは、一部の単一機能プリンターに影響する問題に対処します。 スキャナーとしてインストールされる場合があります。

新機能! 今後数週間は、あなたのロック画面に豊かな天気体験をもたらすでしょう。 これには、動的で対話型の天気更新プログラムが含まれます。 そのため、ロック画面で天気にカーソルを合わせると、詳細が表示されます。 天気カードをタップまたはクリックしてサインインすると、MICROSOFT Edge が開き、MSN 天気の完全な予測が表示されます。 [設定の天気] > [個人用設定] > [ロック画面] > [ロック] 画面の状態を既に使用している場合は、何も行う必要はありません。 また、ロック画面の状態が “なし” に設定されている場合、この新しいエクスペリエンスは既定でオンになります。 現在と同様に、選択したパーソナル化オプション (Windows スポットライト、画像、スライドショー) に関係なく、画面をロックすると、ロック画面の状態が表示されます。

機能追加
重要: EKB KB5015684 を使用して、Windows 10 バージョン 22H2 に更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 この KB をインストールする場合:

Microsoft は、欧州経済地域 (EEA) のデジタル 市場法 (DMA) への準拠を確保するために取り組んでいます。 詳細については、「 ヨーロッパ経済地域のデジタル市場法に準拠するための Windows の変更のプレビュー」を参照してください。 これらの変更は、2024 年 3 月 6 日までに、EEA の Windows 10 バージョン 22H2 PC に段階的にロールアウトされます。

この更新プログラムは、インターネット エクスプローラー ショートカットに影響する問題に対処します。 ポリシーを使用して削除すると、ショートカットが再び表示されます。

この更新プログラムは、Windows Management Instrumentation (WMI) に影響する問題に対処します。 キャッシュの問題が発生します。 この問題により、 CurrentTimeZone が間違った値に変更されます。

この更新プログラムは、FileHash およびその他のバイナリ フィールドの XPath クエリに影響する問題に対処します。 イベント レコード内の値の照合を停止します。

この更新プログラムは、BitLocker データのみの暗号化に影響する既知の問題に対処します。 Microsoft Intuneなどのモバイル デバイス管理 (MDM) サービスでは、適切なデータが取得されない可能性があります。 これは、BitLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) ノードで FixedDrivesEncryptionType または SystemDrivesEncryptionType ポリシー設定を使用する場合に発生します。

この更新プログラムは、コード整合性モジュール (ci.dll) に影響する問題に対処します。 この問題により、デバイスの応答が停止します。

この更新プログラムには、Windows カーネルの脆弱なドライバー ブロックリスト ファイル DriverSiPolicy.p7b に四半期ごとの変更が含まれています。 これは、Bring Your Own Vulnerable Driver (BYOVD) 攻撃の危険にさらされているドライバーの一覧に追加されます。

この更新プログラムは、統合拡張ファームウェア インターフェイス (UEFI) セキュア ブート システムに影響します。 新しい署名証明書が Secure Boot DB 変数に追加されます。 これで、この変更を選択できます。

この更新プログラムは、既存のリモート デスクトップ セッションへの再接続を停止する問題に対処します。 代わりに、新しいものを取得します。

この更新プログラムは、キーボード言語を変更するときに発生する問題に対処します。 一部のシナリオでは、変更が RemoteApps に適用されない場合があります。

この更新プログラムは、Windows ローカル管理者パスワード ソリューション (LAPS) の認証後アクション (PAA) に影響する問題に対処します。 アクションは、猶予期間の終了時ではなく、再起動時に発生します。

この更新プログラムは、Active Directory に影響する問題を解決します。 IPv6 アドレスへの要求のバインドは失敗します。 これは、リクエスタがドメインに参加していない場合に発生します。

この更新プログラムは、LocalUsersAndGroups CSP に影響する問題に対処します。 グループが見つからない場合は、グループ メンバーシップの処理を停止します。

この更新プログラムは、削除されたクラウド ファイルに影響する問題に対処します。 クラウド プロバイダーが削除要求を拒否しても、ファイルは削除される可能性があります。

この更新プログラムは、MSIX アプリケーションに影響する問題に対処します。 これらは開かず、場合によってはホストが応答しなくなります。 これは、CimFS イメージで MSIX アプリアタッチを使用する場合に発生します。

この更新プログラムは、マルチフォレスト展開グループ ポリシーフォルダー リダイレクトに影響する問題に対処します。 この問題により、ターゲット ドメインからグループ アカウントを選択できないようにします。 このため、そのドメインにフォルダー リダイレクトの詳細設定を適用することはできません。 この問題は、ターゲット ドメインが管理者ユーザーのドメインと一方向の信頼を持っている場合に発生します。 この問題は、すべての拡張セキュリティ 管理環境 (ESAE)、セキュリティ強化されたフォレスト (HF) または特権アクセス管理 (PAM) の展開に影響します。

この更新プログラムは、Active Directory ユーザー & コンピューターの設定を変更します。 既定では、スナップインで X509IssuerSerialNumber の強力な証明書マッピングが使用されるようになりました。 x509IssuerSubject の弱いマッピングは使用しません。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 10 サービス スタック更新プログラム – 19045.3989
この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。

このアップデートの既知の問題

/tbody>

現象 回避策
複数のモニターを使用している Windows デバイスでは、Windows (プレビュー版) で Copilot を使用しようとすると、デスクトップ アイコンがモニター間で予期せず移動する問題や、その他のアイコンの配置の問題が発生する可能性があります。 ユーザーがこの問題に遭遇しないようにするために、Windows の Copilot (プレビュー版) は、マルチモニター構成で使用されているか現在使用されているデバイスでは利用できない場合があります。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

Windows の Copilot (プレビュー段階) は、現在、タスク バーが画面の左右に垂直方向に配置されている場合はサポートされていません。 Windows で Copilot にアクセスするには、タスク バーが画面の上部または下部に水平方向に配置されていることを確認します。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

 

既知の問題

Windows 10 バージョン 22H2

 

今回の記事は以上です。

人気の投稿とページ

コメントを残す

CAPTCHA