お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

【注意喚起】プリンター共有に関する記事へのアクセスが非常に多くなっています【2018/12/27】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

お知らせ2
2019/2/6、旧館をはてなダイアリーからはてなブログに移行しました。詳細は【お知らせ】自作PCの道楽(旧館)のはてなブログへの移行について【2019/2/6】をご覧ください。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にもあります。

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WordPressの機能を利用したもので,
よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

303人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】危ないかも…2020年2月のWin10第二定例日のKB配信【2020/2/29】

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

この記事について

遅くなってしまいましたが、2/24~2/26にかけて配信されたの第二定例日分?と2/19ごろに配信されたKBの情報記事です。

(手元環境の実機1903とハイパーV上の1909で不具合が発生したため)詳細情報の引用を含めて内容を後ほど追加します。

いま、情報収集と検証中なので後ほど記事に追加しますが、今回のWin10用KBはセキュリティー更新がありませんのでもうしばらく様子見をして導入しないことを強くお勧めします。

理由は以下です。

1)不具合が発生した直後の配信KBはまた不具合が発生することも多い。

2)手元のハイパーV上の1909を更新したところ、再起動時にエラーが出て起動しなくなった。(本体OS再起動で一応立ち上がるようにはなった。またダメになりました。)

3)実機1903を更新後に再起動したところ、POST画面で停止して立ち上がらなくなった。Ctrl+Alt+DELで切り替えたが状態は変わらず…。電源ボタンで強制終了して再度電源投入したところ、何とか立ち上がった。

どうも嫌な感じがします。

あなたのお役に立てば幸いです。

 

2020/3/1…トラブってはいるのですが、恐る恐るハイパーV上のWin8.1を起動して、Win8.1のKB情報を追加しました。Win10(1909)以外は大丈夫なのか?

Win10のロールの詳細情報の引用を追加しました。

 

目次
Win8.1系

 

Win10(1809)系

 

Win10(1903/1909)

 

Win8.1系

ダウンロードリンク
KB4538158(.net)

KB4537819(ロール・プレ)

 

2020-02 x64 対応の Windows 8.1 および Server 2012 R2 向け .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、 4.8 用の品質ロールアップのプレビュー (KB4538158)
Windows 8.1、RT 8.1、およびWindows Server 2012 R2用の.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8の品質ロールアップのプレビュー(KB4538158)

ハイライト
ノイズの多い環境で音声アプリケーションが数分間開かない問題を更新します。
Windows Helloの顔認証の精度が向上します。
ActiveXコンテンツの読み込みを妨げる可能性のある問題を更新します。
モダンスタンバイモード中のバッテリーのパフォーマンスが向上します。
ウィンドウのスクリーンショットを撮ることができない問題を更新します。
すでに削除した場合でも、アップグレード後に不要なキーボードレイアウトがデフォルトとして追加される問題を更新します。
ユーザーが管理サービスアカウント(MSA)に保存されているプロダクトキーを使用してWindowsのコピーを再アクティブ化できないという問題を更新します。
一部のアプリケーションがネットワークプリンターに印刷できない問題を更新します。

改善と修正
このセキュリティ以外の更新には、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

ノイズの多い環境で、音声プラットフォームアプリケーションが数分間開かない問題を解決します。
Windows Helloの顔認証の精度が向上します。
PeerDist応答に対して誤ったContent-Lengthを受信した場合のUrlmonの復元力が向上しました。
ActiveXコンテンツの読み込みを妨げる可能性のある問題に対処します。
Microsoftブラウザーがプロキシサーバーをバイパスする可能性がある問題に対処します。
モダンスタンバイモード中のバッテリーのパフォーマンスが向上します。
特定のシナリオで電源依存コーディネーター(PDC)ドライバーが不必要にバッテリーを消耗させる問題に対処します。
特定のシナリオで一部のユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリをユーザーがアップグレードまたはアンインストールできないという問題に対処します。
PrintWindow APIを使用してウィンドウのスクリーンショットを取得しようとすると失敗する問題を解決します。
既に削除した場合でも、アップグレードまたは移行後にデフォルトとして不要なキーボードレイアウトを追加する問題に対処します。
ローカルプロファイルを持たないユーザーの[スタート]メニューの[検索]ボックスに検索結果が返されない問題に対処します。
USB 3.0ハブが接続されているVMwareゲストマシンにWindowsをインストールすると、インストールプロセスが停止する問題を解決します。
長いセッションの場合、PowerShellワークフローの再実行がコンパイルエラーで失敗する可能性がある問題に対処します。
イベント転送のスケーラビリティを改善して、スレッドの安全性を確保し、リソースを増やします。
ユーザーが管理サービスアカウント(MSA)に格納されているプロダクトキーを使用してWindowsのコピーを再アクティブ化できないというWindowsアクティベーショントラブルシューティングツールの問題に対処します。
サインインしようとすると「不明なユーザー名または不正なパスワード」エラーを生成する問題に対処します。これは、Windows Server 2003ドメインコントローラー(DC)およびWindows Server 2016以降のDCがある環境で発生します。
ユーザーがサインインまたはサインアウトするときに実行に失敗するサインインスクリプトの問題に対処します。
IsTouchCapableおよびGetSystemSkuデータを収集する必要がなくなったときに、それらを引き続き収集する問題に対処します。
ダイレクトアクセスサーバーが大量の非ページプールメモリ(pooltag:NDnd)を使用する可能性がある問題に対処します。
WinHTTP AutoProxyサービスが、プロキシ自動構成(PAC)ファイルの最大有効期間(TTL)に設定された値に準拠しない問題に対処します。これにより、キャッシュファイルが動的に更新されなくなります。
一部のアプリケーションがネットワークプリンターに印刷できない問題を解決します。
SQLレポートサービスで[印刷]ボタンをクリックすると、誤ったプリンター名が選択される問題を解決します。
再起動後にプリンターがデバイスマネージャーの非表示デバイスになる可能性がある問題に対処します。
バックグラウンドインテリジェント転送サービス(BITS)によるファイルのダウンロードを妨げる問題に対処します。エラーは「0x80190191」です。
仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用して企業ネットワークに接続すると、WindowsファイアウォールがMicrosoft Edgeなどの最新アプリからのネットワークトラフィックをドロップする問題を解決します。
再起動後にコンテナホストが復元されたときに、Host Networking Service(HNS)PortMappingポリシーがリークする問題に対処します。
組み込みMultiMediaCard(eMMC)ストレージデバイスの操作時に一部のシステムが応答を停止する問題を解決します。
復旧モード中にWindowsにサインインしようとすると発生する問題に対処します。エラー「このマシンでは管理者アカウントが使用できません」が表示されます。
ローカルの組み込みグループから一部のローカルユーザーを削除できないという問題に対処します。たとえば、「Guests」ローカルグループから「Guest」を削除することはできません。
Local Security Authority Subsystem Service(LSASS)の動作を停止させ、システムの再起動をトリガーする問題に対処します。この問題は、重要でないページ検索コントロールで無効な再起動データが送信された場合に発生します。
接続プールにいくつかの接続が失われた場合に、再試行ロジックで無限ループを引き起こすOpen Database Connectivity(ODBC)の問題に対処します。
Ntds.ditの大きなキーに対するクエリがエラー「MAPI_E_NOT_ENOUGH_RESOURCES」で失敗する問題に対処します。この問題により、Exchangeメッセージングアプリケーションプログラミングインターフェイス(MAPI)が会議出席依頼に追加のメモリを割り当てることができないため、ユーザーに限られた会議室の可用性が表示される場合があります。
要求がOCSPレスポンダーサービスに送信されたことを示すために、オンライン証明書ステータスプロトコル(OSCP)レスポンダー監査イベント(5125)を断続的に生成する問題に対処します。ただし、要求の発行者のシリアル番号またはドメイン名(DN)への参照はありません。
IPv6ローカルリンクアドレスを持つクラスターネットワーク内でサーバーメッセージブロック(SMB)マルチチャネルが機能しない問題を解決します。
クラスター環境でWindows Server 2003ソースコンピューターのStorage Migration Serviceインベントリ操作が失敗する可能性がある問題に対処します。
ホットスポットを再構築するために重複排除(dedup)ジョブをキャンセルすると、他の重複排除 PowerShellコマンドが応答しなくなる問題を解決します。
RemoteAppウィンドウにツールチップを表示した後、ウィンドウの順序が失敗する問題を解決します。
リモートデスクトップ(RD)のライセンスダイアグノザーが、リモートデスクトップセッションホスト(RDSH)とリモートデスクトップライセンスサーバー(RDLS)の誤ったバージョンを表示する問題に対処します。
Microsoft EdgeのInternet Explorerモードが失敗する原因となる証明書検証の問題に対処します。
以前の更新をインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows Updateの改善

Microsoftは、信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含む、Windows Updateから自動的に更新を受信するように構成されたWindows 10を実行しているデバイスには、デバイス互換性とWindows Update for Business延期ポリシーに基づいた最新のWindows 10機能更新が提供されます。これは、長期サービスエディションには適用されません。

 

このアップデートの既知の問題
症状
名前変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する特定の操作は、エラー「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」で失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行すると発生します。

回避策
次のいずれかを実行します。

管理者特権を持つプロセスから操作を実行します。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行します。
Microsoftは解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供します。

 

症状
KB4493509のインストール後、一部のアジア言語パックがインストールされたデバイスは、エラー「0x800f0982-PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」を受け取る場合があります。

回避策
最近追加した言語パックをアンインストールして再インストールします。手順については、「Windows 10で入力および表示言語設定を管理する」を参照してください。
[ 更新の確認]を選択し 、2019年4月の累積更新プログラムをインストールします。手順については、Windows 10の更新を参照してください。
注言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次のようにPCをリセットしてください。

[設定]アプリ> [ 復旧]に移動します。
[ このPCの復旧をリセットする ]オプションで[ 開始 ]を選択します。
[ ファイルを保持]を選択します。
Microsoftは解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供します。

 

2020-02 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4537819)
2020 年 2 月 25 日 — KB4537819 (マンスリー ロールアップのプレビュー)

機能追加および修正
このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4537821 (2020 年 2 月 11 日リリース) に含まれていた機能強化と修正プログラムが含まれています。また、次回のマンスリー ロールアップ更新プログラムのプレビューとしてこれらの新しい品質強化も含まれています。

ActiveX コンテンツの読み込みを妨げる可能性がある問題を修正します。

ボリュームのマウント解除時にシステムが応答しなくなる問題を修正します。

 

この更新プログラムの既知の問題
現象
名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

回避策
以下のいずれかの手順を実行します。

管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。
CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

Win10(1809)系

ダウンロードリンク
KB4538156(.net)

KB4537818(ロール)

KB4023057(WinUpエージェント?)

 

2020-02 .NET Framework 3.5、4.7.2 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 10 Version 1809 用) (KB4538156)
2010年2月25日-KB4538156 Windows 10バージョン1809およびWindows Server 2019用の.NET Framework 3.5、4.7.2および4.8の累積的な更新

 

2020-02 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4537818)
2020年2月25日-KB4537818(OSビルド17763.1075)

 

2019-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 更新プログラム (KB4023057)
更新の信頼性のために、Windows 10バージョン1507、1511、1607、1703、1709、1803、および1809に更新する
ごめんなさい、2/19頃に1809以前にのみ来ていたので見逃していたものです。ダウンロードリンク先は2019/8になっていますが、リリースノートが2020/2/19に更新されていますから置き換えまたは修正と思われます。

詳細を見るとわかるように32~64GBの小さなストレージの容量ひっ迫によるWinUpの動作改善がメインです。しかしながら、そのほかにWinUpの修復なども含まれていますので適用してくださいね。

 

Win10(1903/1909)系

ダウンロードリンク
KB4537572(.net)

KB4535996(ロール)

 

2020-02 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 10 Version 1909 用) (KB4537572)
2020年2月27日-KB4537572 Windows 10バージョン1903およびWindows Server 1903 RTMおよびWindows 10バージョン1909およびWindows Serverバージョン1909用の.NET Framework 3.5および4.8の累積的な更新

 

2020-02 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB4535996)
2020年2月27日-KB4535996(OSビルド18362.693および18363.693)

ハイライト
ノイズの多い環境で音声プラットフォームアプリケーションが数分間開かない問題を更新します。

Windows Mixed Reality(WMR)ホーム環境の画質を低下させる問題を更新します。

ActiveXコンテンツの読み込みを妨げる可能性のある問題を更新します。

モダンスタンバイモード中のバッテリーのパフォーマンスが向上します。

ユーザーセッションが30分を超えると、Microsoftナレーターが機能しなくなる問題を更新します。

すでに削除した場合でも、アップグレード後に不要なキーボードレイアウトがデフォルトとして追加される問題に対処します。
Windowsサーチボックスが適切にレンダリングされない問題を更新します。

プリンター設定のユーザーインターフェイスが正しく表示されない問題を更新します。

一部のアプリケーションがネットワークプリンターに印刷できない問題を更新します。

 

改善と修正
Windows 10バージョン1909
Windows 10バージョン1903
以前の更新をインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows Updateの改善

Microsoftは、信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。
EnterpriseおよびProエディションを含む、Windows Updateから自動的に更新を受信するように構成されたWindows 10を実行しているデバイスには、デバイス互換性とWindows Update for Business延期ポリシーに基づいた最新のWindows 10機能更新が提供されます。これは、長期サービスエディションには適用されません。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトは現在、この更新プログラムに関する問題を認識していません。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA