【旧館からの移転記事】現在のメインPCについて

こちらの記事は自作PCの道楽(旧館)より移転した記事です。

起動は、ポスト-35秒、Win画面~ようこそ-7秒、ようこそ~砂時計が消えるまで-9秒程度の合計51秒で電源オフから使用できるようになります。ごくごく普通に40個程度のアプリを入れスタートアップも特に減らしていません。

i7-920@4.1Ghz運用ですので冷却には留意しています。また、埃の進入を嫌って電源は底面吸気ではなく逆付け、ケース内は正圧です。電源が長いためケース加工をすると強度が落ちますので裏配線していません。

「【旧館からの移転記事】現在のメインPCについて」の続きを読む…

【旧館からの移転記事】自分たちの世代

こちらの記事は自作PCの道楽(旧館)より移転した記事です。

40~60歳ぐらいの年代の1980年代からPCに関わってきた人間は、部品の価格について安いと思って買い込んでしまう傾向がある気がする。

初めて購入した富士通のノートPCが70万円弱でとても安くなったと喜び勇んで買ったなんていう世代のためかもしれない。CPUにしてもi7-980X辺りでも安いと感じてしまう。(但し嫁にコ○○レかねないので購入は別)

昔は機材が高価だったが、アプリなど意外と自前でプログラムが書けたりもした。現在は機材は安いが、素材自体はなぶれないし、プログラミングもある種ツールで組み合わせを作るしかないほど複雑化し、一個人では厳しいように見える。

自分も今はマクロかアクセスぐらいしかいじらない。自作PCのトラブルの時に

端子をフーフー吹いたり、チョンチョンとたたいている自分がいたりする。

【旧館からの移転記事】自作沼に足を踏み入れたきっかけ

こちらの記事は自作PCの道楽(旧館)より移転した記事です。

PC自体は,かなり早い時期から触っていた。大昔にタカラのゲームパソコンというTVに接続して使用するものを持ったのが所有の始まり。

データの保存がテープレコーダだったり、CPUに下駄を履かすとか今じゃ信じられないようなこともいろいろあり、とにかく情報のない時代=インターネット以前だったので,地方在住で部品一つ手に入れるのも大変だった。この頃はメーカー機の改造時代。

インターネット時代に入り、セキュリティーソフトが当たり前になった頃から、PCの起動やアプリの起動に妙に時間がかかるようになり、その繰り返しでストレスを感じるようになりその当時は安く高性能=自作みたいなところで自作沼に…。

今は様変わりして、自作は趣味のカスタマイズに近い位置なのだろうが沼からは抜け出せない。

【旧館からの移転記事】メインPCの構成

こちらの記事は自作PCの道楽(旧館)より移転した記事です。

CPU  …:i7-920@4.1GHz

Cooler……:CWCH-50

メモリ……..:コルセア1333を2GBx3と1GBx3で9GB

M/B …….:P6T寺

VGA  …..:GTS250

サウンド..:オンボード

SSD …….:X25-M 80GB

HDD …….:黒キャビア1TB、日立500GB

光学……….:DVD-RW、BD-ROM

ケース……:CM690

電源……….:ZALMAN ZM850-HP

keyboard・マウス……:LX710

Speaker..:LS-21

モニタ…….:W2600V-PF

その他…..:サイズ風マスター、ケースファンx6

OS ……….:Win7Ult.x64

合計………:25万円ぐらい

用途……….:オフィス、インターネット、画像加工など