【詰み?】新世代CPUでのWin7サポート終了?に関して【オワタ】

月別WinUp記事3月分でお知らせしましたが「2017/03/13にWindows の更新プログラムをスキャンまたはダウンロードするときに、”お使いの PC はこのバージョンの Windows でサポートされていないプロセッサを使用しています” エラーが表示されるの内容が更新」されたようです。

いったんは2017/7月で終了するとしたのを取り消したように読める発表があったのですが、ところがどっこいサポート終了をあきらめたのではないみたいです。
「【詰み?】新世代CPUでのWin7サポート終了?に関して【オワタ】」の続きを読む…

【WIN個別】大型WinUp前の注意点【絶対守ろう】

この記事は仮公開中(書きかけ)です。順次項目内容を追加します。

副題:大型=(Creators Update-Redstone 2など)や通常時のsys32がらみのWinUp時に発生しやすい不具合を防止する。

この記事について
目次

何度でも繰り返す障害
BIOSでの対策

(作成途中)
OS上の対策

(以下随時追加)
周辺機器の対策
特にルーターのこと
OSの混在
7
結果的に感じること

いよいよ「Creators Update」(Redstone 2)の提供時期が目の前です。

そこで、Win7を含めてWin8.1/10までのWindows OSすべてのWinUpがらみや通常使用時の障害を防止する手段をまとめてみることにしました。

対象 内容
キーワード Windows Update、Creators Update、Redstone 2(RS2)
Sys32、ファイル消失、再起動ループ、ネットワークの不具合
スリープ関連の失敗、USB機器の不調、グラフィックス(VGA)トラブル
OS/ソフト Windows OS全般
対象読者 トラブル回避を考慮している方
初心者から上級者まで
最終更新日 2017/3初版

「【WIN個別】大型WinUp前の注意点【絶対守ろう】」の続きを読む…

【WinUP個別】Officeに謎更新【2017/2/27】

Officeに謎更新が来ています。みなさんのところには来たでしょうか?

Microsoft Office 2010 (KB2553347) 32 ビット版 の更新プログラム
2015 年 7 月 14 日、Office 2010 (KB2553347) の更新します。
更新プログラムの詳細

Microsoft Office 2010 (KB3118380) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
MS16 148: Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2016 年 12 月 13 日
更新プログラムの詳細

「【WinUP個別】Officeに謎更新【2017/2/27】」の続きを読む…

【確認必須】復元ポイントは大丈夫?

この記事について
目次

本文

何度か記事中で書いているのですが、どういうわけか復元ポイントが(条件に当てはまらないのにもかかわらず)消えてしまうことがあります。

最後の頼みの綱となることもありますので必ず確認しておいてくださいね。

対象 内容
キーワード Windows 10 8.1 7、復元ポイント、デフォルト、無効、消えてしまう、設定、容量か小さい
OS/ソフト Windows7/8.1/10
対象読者 Win使用者すべて
最終更新日 2017/2/12

「【確認必須】復元ポイントは大丈夫?」の続きを読む…

【重要】Win10のビルド(バージョン)ごとのサポート終了【正直私もわからない】

2017年1月のWinUp情報記事でやらかしました…。Win10のビルドごとのサポート終了とごっちゃにして2016年1月にサポートが終了したWin8(8.1ではありません)が2017/1/13でサポート終了と掲載してしまいました。

◎ Windows10 (1507)のサポートは2017/1/17で終了して現在60日間の猶予期間中と思われます)

実はかなり重要な問題といえるのですが、私もよくわからないというのが実情です…。

最新の更新 2017/1/21…記事中の不適切な表現を削除しました。

更新履歴
2017/1/21…記事中の不適切な表現を削除しました。
2017/1/21…MSコミュニティーの情報をページ下部に追加
2017/1/20…初版

「【重要】Win10のビルド(バージョン)ごとのサポート終了【正直私もわからない】」の続きを読む…

【Windows 8.1 / 10】不具合予防と不具合発生時の修復が楽になる設定

ブログ主注:こちらの記事は書きかけ記事ですが、作成にかなりの時間を要しそうなため出来上がった部分から公開しています。

結論要約

Windows Update由来の不具合はずいぶんと減ったように感じられます。ところが、深刻な障害の発生はなくなりません。

私は(推定ですが)「Win8.1/10 OS」そのものの構造的問題と各自のPC環境(ソフト・ドライバ・パーツのOS対応)の複合が原因と考えています。

そのため、いつ誰のPCで発生するかわからない(今まで発生していなくとも突然障害が発生します)という非常に厄介で困った状態が継続しています。

・ブルースクリーン(BSoD)の発生につながるような障害
・ユーザープロファイルの破損によりログインできなくなる
・ファイルやフォルダが消えてしまう
・パーティションが丸ごと消えてしまう

というような問題の発生は依然として続いているのです。

発生頻度は高くなくとも「いざ自分の身に降りかかるとどうにもならなくなる」障害ですので各種の予防手段をとるべきです。

この記事では、このような問題が発生した場合に修復を楽にするような現時点で最新・最善の設定方法や注意点、チェックポイントなどをまとめてお伝えします。
「【Windows 8.1 / 10】不具合予防と不具合発生時の修復が楽になる設定」の続きを読む…

【Win10】WinUp設定を従来の手動更新ライクに変更する【ごめん無印は不可】

副題:従量課金にもかかわらず、WinUPがダウンロードされパケットが大量に消費される問題への対処

注1:申し訳ありませんがグループポリシーを設定できないOSグレードは対象となりません。
注2:検証はWin10 RS1ではなく、TH2で行っています。また、検証機は「ファイル名を指定して実行」が動作しないなど一部エクスプローラー系の動作に不具合があるため「すべての方の環境で同様の動作になるか不明な点があります。御了承ください。

この記事について
目次

概要
実際の操作方法

sn00018

通常Win10ではWinUpは自動にしか設定ができません。そのため、私自身もiPadでUSBテザリング中に1.5GBのダウンロードが実行されてしまい「アチャ~」となったことがあります。同様にBluetooth接続やイーサネットコンバータを介した接続でも従量課金回線でダウンロードが実行されパケットが大量に消費されてしまいます。

うちの嫁にも手伝ってもらって調べていると従量課金なのに従量課金と認識されなかったり設定できないという問題点解決に関する要望で一つの手法がt_ek さんという方から提案されました。

この手法の副産物なのですが、グループポリシーの編集が可能な場合には従前のOSの手動更新のように「更新ボタンをクリックすると更新する」という動作が可能なようです。(ただしボタンクリック後は自動的にインストールまで終了します)

それでも、かなりの助けになると思えますので記事化してみました。

対象 内容
キーワード Windows10、更新、従量課金、ダウンロードされてしまう
設定できない、止められない、自動更新、動作、変更したい
OS/ソフト Windows10
対象読者 Windows10(Pro/エンタープライズ等) 使用者
最終更新日 2016/10/28初版

「【Win10】WinUp設定を従来の手動更新ライクに変更する【ごめん無印は不可】」の続きを読む…