お知らせ

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

212人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】Win10(RS4・April 2018 Update)第三報-自動配信は絶対安易に適用してはいけない【2018/5/7】

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分41秒です。

副題:5/1~5/6までの主な障害/不具合発生と対策と自動配信を止めてWin10(RS4・April 2018 Update)にすべきではない理由

この記事について

5/1~5/6までのWeb上の障害/不具合情報を総合すると、PCメーカーやパーツベンダー、そしてセキュリティーソフトの1803対応は不十分なようです。もちろん、もともとWin10に正式対応していないPCやソフトもあるのはご存知の通りです。

 

現在の状況を見ると、このブログでお勧めしているWindows10レスキューキットEXや無料ツールのWindows Update MiniToolを利用して、Win10(RS4・April 2018 Update)は当分の間適用しないことをお勧めします。

また早期に適用するという場合は、Win10(1803)適用前に「必ずソフト/ハードベンダーのサイトで1803対応状況を確認する」よう強くお勧めします。

 

参考記事
【WinUp個別】無料のWinUp制御ソフトWindows Update MiniTool【2017/12/19】

公式ページ
Windows Update MiniTool

本体ダウンロード

日本語化ファイルダウンロード

 

Windows10レスキューキットをお勧めします

A800009
Windows10レスキューキットEX

 

Win10の機能で適用を遅らせたいという方は、ネットセキュリティブログさんが2/18/5/4に「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する方法という最新版の詳細な記事をアップしてくれていますのでそちらを参考にしてくださいね。

記事冒頭を抜粋

はじめに
【目次】 [非表示]

はじめに
「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する際の注意事項
「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順
1、【「Windows 10」のエディションを確認する】
2、【「Windows 10 Pro」】
3、【「Windows 10 Home」】
「Windows 10」の「Windows Update」の自動更新を無効にする方法
あとがき
さて改めまして今回の投稿は、先日の投稿の投稿に引き続き、「Windows 10」のメジャーアップデートに関する投稿になります。

先日の投稿で記載したように、2018年5月1日(1)に「Windows 10」の次期メジャーアップデートとなる「Windows 10 April 2018 Update」の配信が開始されました。

そして当ブログ管理人のパソコン環境で使用する「Windows 10」においても、「Windows 10 April 2018 Update」を適用してみましたが、「Windows 10 April 2018 Update」の適用直後から、以下のように当ブログ管理人のパソコン環境で使用する「Windows 10」が全く操作することができないという症状に陥っていました。

 

目次

障害/不具合が確認されている類型など

MSコミュニティーでの質問例

 

障害/不具合が確認されている類型など

主に、セキュリティーソフト、Win10自体、ソフト/ハードベンダーの未対応が原因と考えれれる障害が発生しています。

 

セキュリティーソフト
完全にセキュリティーソフトが原因というものはまだ表出していないのですが、例えばESETは5月下旬の正式対応(Windows 10 April 2018 Update (Redstone 4)への対応について)となっています。

マカフィーは、全体的なアナウンスはありませんがビジネススイートでは、「BitLockerは、Windows 10バージョン1803(2018年4月更新)の新規インストール時に自動的にアクティブになります。」というような注意喚起を掲載していて(たまに勝手に暗号化される原因?)、MSの許可されていないDMA対応バス/デバイスが検出されましたへのリンクを置いています。

最近の仮プロファイルでログオンしてしまう障害では、サードパーティーとWin ディフェンダーの2重起動事例もあったようです。さらに、ネットバンキングなどを利用している場合はサートネチズンやIBMラポートも動作しています。

セキュリティーソフト由来の不具合はBSoDや起動不能などの深刻なものになることも多いので、1803に完全に対応したというアナウンスが出るまでは1803にアップしないほうが無難です。

1803にアップするという方は、いったんサードパーティー製のセキュリティーは完全アンインストールしてWindows Defenderが有効な状態でのインストールをお勧めします。

 

Win10自体
・各種設定が初期化されてしまう。

 

・NtfsDisableLastAccessUpdateの値が変更され、アクセスごとに無用な書き込みでSSDを消耗する。
解除するには、コマンドプロンプト(管理者)を起動⇒「 fsutil behavior set disablelastaccess 1 」と入力してエンター。

 

・Win7 ⇔ Win10間でファイルのやり取りをした外付けストレージが読み込めなくなる。
もしかすると後述するUSB周りの不具合の可能性もあるのですが、高速スタートアップの無効化またはLFS Ver.の1.1固定で対応してください。

参考記事
【外付けHDD】新たなファイル消失問題【内蔵HDDも危ない?】

 

・ホームグループが廃止された。
1803でホームグループが廃止されました。

【Win 10/8.1/7混在】プリンタ共有ができない場合の改善例【新旧各種プリンタ3台】のアクセスが多い状態が2年ほど続いていました。先日もトンネリングデバイスが増えてしまうようなKBの配信があったり、MSとしても修正努力をしていたのではないかと考えられる節があるのですが(とうとう修正しきれないので)廃止してしまったのではないかと勘ぐってしまいます。

1803の件に限らず、ネットワーク設定がリセットされてしまうようなKBの配信もありましたので引き続き注意が必要です。

 

・1803にアップした後「小さなパーティション」が表示され、容量不足の警告が出るようになる。
予約済み領域などのシステムパーティションが表示されるようになってしまう不具合です。

手動での修正方法はありますが、誤って削除した場合などに起動不能になるような深刻な障害を引き起こしますので「MSが対策を出すとアナウンスしていますのでそれまで待つ」ことをお勧めします。

More
コマンドプロンプトからの修正
対象ドライブをG-volume 5と仮定

diskpart
list volume

select volume 5
remove letter=G

これだけを見て理解できない場合は、MSの対策を待ってくださいね。

 

ソフト/ハードベンダーの未対応
・ EaseUS Todo Backup、A-Tuning(ASRockのシステムツール)などが入っていると、途中で止まってしまったり最後に起動不能になる。

ソフトをアンインストールすることで正常にアップデートができます。なお、A-Tuning導入者ですでに起動しない状態の方はセーフモードで起動してアンインストールすると直るようです。

 

・アップ後に画面の明るさ調整などができなくなる/タッチパッドやキーボードが使用不能になるなど。
PC付属の独自ユーティリティーの影響と考えれらます。アップデート前にアンインストールしておくことをお勧めします。(特にメーカーが正式対応していない機種では厳重に注意してください。

 

・1803一部環境でCortanaとChromeが正常に動作しなくなる。
5/9に修正の配信があるようです。

再起動やスリープからの復帰、いったんログオフ(ユーザーの切り替え)で直るようですが、Windowsキー + Ctrl + Shift + Bキーを押下、タブレットはボリュームアップとボリュームダウンボタンを2秒以内に3回同時に押下、ノートPCユーザーは液晶を閉じてからまた開くなどでも復旧する場合があるようです。

 

・1803ではストアアプリのバックグラウンド動作をOFFにすることができなくなった???

 

・dGPU搭載はアップデートに失敗する。
一旦dGPUをデバマネから削除⇒nVidiaとIntel Graphicsのドライバを完全削除してVGAモードでの起動にする。その後ドライバが自動的に入らないようオフライン状態でISOなどからインストールし、完了後ドライバを導入する。

2018/5/8追記:
コメント欄で情報をいただきました。

この方法で「1803のインストールは可能だが、バッテリーセーバーモードから復帰した際、ブラックスクリーンになる可能性がある」とのことです。

MSが対処するまで待ってアップするのが正解のようです…。

Windowsをインストールするときに2018年4月10日のアップデート(バージョン1803)をインストールするときに、「ディスプレイに接続された個別のGPUを搭載したハイブリッドラップトップ」エラー

 

MSコミュニティーでの質問例

5/1~5/7までのMSコミュニティーの質問事例です。なお、メジャーアップデート失敗や新規ドライブができる問題、クロームとコルタナの問題に関しては、MS公式としたWindows 10 April 2018 Update のインストールの問題を解決する方法など4個から類型を探してみてくださいね。

気になるもの

・サインインできないなどパスワード関連のトラブル

・プロダクトIDがはじかれてしまう。

・共有フォルダの不具合と域内ネットワーク構築の失敗

注:今回の抽出には、ロック画面の変更ができなくなったなどのOS動作そのものに問題が無いケースを割愛しています。

5/8追記
BluetoothやLAN関連、機種やパーツ特有のものと考えれれる障害では、コミュニティーの質問の追跡とPC/パーツベンダーのサイトの確認を継続してくださいね。

解決策が掲載されたり1803用のドライバや修正パッチが提供されてくることも多いと思います。

解決策が出ました
最近の Windows Update をインストールした後に Intel Wireless Bluetooth ドライバ が動作しなくなった

April 2018 Update をインストールしてから、アプリがカメラやマイクにアクセスできません

 

MS公式
Windows 10 April 2018 Update をインストールした後、新しいパーティションがファイル エクスプローラーに表示される

 

Windows 10 April 2018 Update をインストールしようとすると、「ディスクリート GPU をディスプレイに接続したハイブリッド ラップトップ」 エラーが表示する

 

Windows 10 April 2018 Update をインストール後、「コルタナさん」や Chrome などの特定のアプリを使用すると、一部の端末がハングアップまたはフリーズすることがある

 

Windows 10 April 2018 Update のインストールの問題を解決する方法

 

Win10そのもののトラブル
MediaCreationTool1803 でプロダクトキーの検証が出来ません【Ver1803】

 

Windows10 Proのライセンス認証が突然不可能になった

 

Parallels Desktop 12 for Macの仮想PCにWindows10ver.1803をクリーンインストールしたら、ライセンス認証しない

 

セキュリティプロセッサ(TPM)のファームウェアの更新が必要

 

PCにログインできない

 

Windows 10 OS 1803 update後にサインイン不可となりました

 

Windows 10 ビルト 1803 にアップデートしたところ、サインイン画面が PIN コード画面に固定されてしまっています。【Ver1803】

 

セーフモードのパスワードについて

 

PC初期化後、Windows 10の再インストール時に「セットアップでプロダクトキーを検証できませんでした」と表示され、インストールできません

 

Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) で追加されたはず近距離共有の項目がない【Ver1803】(Bluetooth接続ができなくなった結果の可能性あり)

 

近距離共有(Near Share)ができません。【Ver1803】

 

Windows10 1803 update後のRemoteAppでのIME不調【Ver1803】

 

Windows(UEFI/GPT)における「fixboot」実行不可について(1803に無関係?)

 

システムイメージのバックアップができなくなりました【Ver1803】

 

windows10 April2018Update導入後から起動時間が異常に長くなった【Ver1803】

 

Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) で共有フォルダの不具合【Ver1803】

 

家庭内LANの構築ができずに困っています、構成要件をご教授ください【Ver1803】

 

Windows 10 April 2018 Update から言語が削除できません

 

Windows 10 April ​2018 Update をインストール直後に、日本語または繁体字中国語バージョンの Windows 以外で、日本語 IME または繁体字中国語 IME を使用する場合の問題

 

言語バーが表示されない【Ver1803】
再表示してください。【Windows10 バージョン1803用改訂版】「日本語入力の言語バー」が消えた! 再表示方法は?

 

Windows10バージョン1803のタイムラインが異常表示【Ver1803】

 

Ver.1803 にバージョンアップ後、起動時にエラーID10及びID214が発生するようになった。【Ver1803】

 

Windows 10 1803にアップグレード後、レジストリ”NtfsDisableLastAccessUpdate”の値がおかしくなる【Ver1803】
SSDの設定値の件です。

 

Windows10 立ち上がらなくなってしまいました

 

高速スタートアップをオフにしたいがシャットダウン設定欄から「高速スタートアップ」項目がなくなった【Ver1803】

 

 

ソフト/ハードの未対応など

「BUFFALO TurboPC EX Series」のアンインストールを求められて windows10 バージョン1803にアップデートできない【Ver1803】

 

Realtek PCIE Card Reader のアンインストールを求められて、Windows 10 April 2018 Update がインストールできない【Ver1803】

 

Windows10 1803更新前にEaseUS Todo Backupを削除して下さい。【Ver1803】

 

直近18/5/2winアップデートの問題、PC立ち上げ指紋セットアップ解除出来ない。

 

最近の Windows Update をインストールした後に Intel Wireless Bluetooth ドライバ が動作しなくなった

 

Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム適応後のチーミング強制解除と再設定不可事象【Ver1803】
LANアダプタのチーミングができなくなるようです。手元のASUS P9X79 DELUXでも発生しています。

 

Mobile ノート PC を Windows 10 Ver.1803 にアップグレードすると、起動直後にフリーズして操作が出来ません。【Ver1803】

 

Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラムインストール後の不具合、ディスプレイの明るさ調整の機能が失われた【Ver1803】

 

HDR表示ディスプレイでのSDRコンテンツの輝度設定について【Ver1803】

 

Windows10Proローカルアカウントを作成して2~3日後にサインインすると画面が真っ黒になる。(1803に無関係?)

 

NECパソコン Windows10にしたらSDカード読めない

 

テンキー入力できない【Ver1803】

 

Win10のバージョンを1803へアップデート後の不具合【Ver1803】(ライン入力ができなくなった)

 

0xc0000098 Windows10 アップグレード後のシステム障害【Ver1803】(アップグレード対象外PC)

 

Ver.1803にバージョンアップ後、起動時(再起動、休止状態からの復帰含む)に新たにイベントエラー(id1021,id1017,id1008)が常に発生する.【Ver1803】

 

Windows10,1803機能更新プログラムをインストールすると、カラー印刷ができなくなる【Ver1803】

 

プリンターと通信ができなくなった。結果印刷ができない。【Ver1803】

 


人気ブログランキング

One Response to “【WinUp個別】Win10(RS4・April 2018 Update)第三報-自動配信は絶対安易に適用してはいけない【2018/5/7】”

  1. > ・dGPU搭載はアップデートに失敗する。
    > 一旦dGPUをデバマネから削除⇒~
    1803は現時点では dGPU搭載ノートPCに対応していないため、失敗するのが正しい動作です(MSの発表より)。
    https://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_10-windows_install/hybrid-laptops-with-discrete-gpu-connected-to/3518f6b4-c267-4d38-b5b9-d5ea0c16e975
    記載の方法でアップデートはできますが、
    バッテリーセーバーモードから復帰した際、ブラックスクリーンになる可能性があるため、
    ブロックしているとのこと。
    Chrome,Cortana の問題同様、MSの対応を待つのが正解です。
    しかし、MSの発表は毎回遅い…

コメントを残す