【Winup個別】2019年6月の第二定例日遅刻分などのKB情報ほか【2019/6/23】

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

この記事について

2019/6/21にWin7/8.1に.NETの非セキュリティアップデートと同じく非セキュリティアップデートのマンスリー品質ロールアップのプレビューが来ています。また、6/19の更新を導入したかたのIE11ででPower BIのレポートを読み込むと動作しなくなる不具合の修正パッチとイベントビューアーの不具合の修正パッチも来ました。

 

目次

IE11の修正パッチ

イベントビューアー

マンスリー品質ロールアップのプレビュー

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信
OS/ソフト Windows、Update、7、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

IE11の修正パッチ

対象:
1)通常のロールアップを利用している方は6/21のロールアップのプレビューの中では修正が配信されています。
2)Win7/8.1で6/19のセキュリティーのみの更新を利用した方

 

Win7/8.1(セキュリティーのみの更新を利用した方)
KB4508646

2019-06 x64 ベース システム用 Windows 7/8.1 更新プログラム (KB4508646)
Internet Explorer の累積的な更新: 2019 年 6 月 20日

 

イベントビューアー

対象:
1)通常のロールアップを利用している方は6/21のロールアップのプレビューの中では修正が配信されています。
2)Win7/8.1で6/19のセキュリティーのみの更新を利用した方

 

Win7 (セキュリティーのみの更新を利用した方)
KB4508772

2019-06 x64 ベース システム用 Windows 7 更新プログラム (KB4508772)
Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用の更新プログラム: 2019 年 6 月 20日

 

Win8.1 (セキュリティーのみの更新を利用した方)
KB4508773

2019-06 x64 ベース システム用 Windows 8.1 更新プログラム (KB4508773)
Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の更新プログラム: 2019 年 6 月 20日

 

マンスリー品質ロールアップのプレビュー

相変わらずマカフィーとの不具合の件も直っていないです…。既知の不具合をよく見てくださいね。なお、IE11とイベントビューアーの不具合修正が含まれています。

今回は既知の不具合のみ掲載しています。詳細内容を見る方はリンク先でご覧になってくださいね。

 

Win7
KB4503277

Win8.1
KB4503283

 

Win7
2019-06 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4503277)
2019年6月20日 – KB4503277(月次ロールアップのプレビュー)

このアップデートの既知の問題
症状
MicrosoftとMcAfeeは、McAfee Endpoint Security(ENS)Threat Prevention 10.xまたはMcAfee Host Intrusion Prevention(ホストIPS)8.0またはMcAfee VirusScan Enterprise(VSE)8.8がインストールされているデバイスに関する問題を確認しました。このアップデートをインストールした後、システムの起動が遅くなったり、再起動時にシステムが反応しなくなったりする可能性があります。

回避策
現在McAfeeでこの問題を調査中です。

McAfeeのお客様向けのガイダンスは、次のMcAfeeサポート記事にあります。

マカフィーセキュリティ(ENS)Threat Prevention 10.x
McAfee Host Intrusion Prevention(ホストIPS)8.0
McAfee VirusScan Ent

 

Win8.1
2019-06 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4503283)
2019年6月20日 – KB4503283(月次ロールアップのプレビュー)

このアップデートの既知の問題
症状
名前の変更など、クラスタ共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダに対して実行した操作によっては、 “STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)”というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者特権を持たないプロセスからCSV所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

回避策
以下のいずれかを行います。

管理者権限を持つプロセスから操作してください。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行してください。
マイクロソフトは解決策を検討中で、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

症状
MicrosoftとMcAfeeは、McAfee Endpoint Security(ENS)Threat Prevention 10.xまたはMcAfee Host Intrusion Prevention(ホストIPS)8.0またはMcAfee VirusScan Enterprise(VSE)8.8がインストールされているデバイスに関する問題を確認しました。このアップデートをインストールした後、システムの起動が遅くなったり、再起動時にシステムが反応しなくなったりする可能性があります。

回避策
現在McAfeeでこの問題を調査中です。

McAfeeのお客様向けのガイダンスは、次のMcAfeeサポート記事にあります。

マカフィーセキュリティ(ENS)Threat Prevention 10.x
McAfee Host Intrusion Prevention(ホストIPS)8.0
McAfee VirusScan Enterprise(VSE)8.8

 

今回の記事は以上です。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA