お知らせ

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

239人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】2018/7/11・・・7月第1定例日のKB配信【2018/7/11】

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分15秒です。


第一定例日のKBが配信されました。手元のPCでは、Win7に5個、Win8.1に6個、Win10(1803)に3個来ました。

 

フラッシュの更新も来ていますので、Win7の方と自動更新で落ちてこないという方は、Adobeのページからインストールしてくださいね。

 

今回配信分の不具合/障害情報記事の掲載は、今夕(7/11 20時過ぎ)ないしは明日の午前中、その後重要/重大なものがあれば随時、まとめ記事は今週末(7/15日中)を予定しています。

 

 

なお、私の手元のWin10(1803@VM)では、3個同時にインストールしようとすると失敗(原因はKB4338819)するため一個一個別々にインストールしました。

 

同時インストールに失敗した場合は、KB890830とKB4338832を先入れし、その後いったん再起動してからでないとKB4338819のインストールは失敗を繰り返します。必ず、一度再起動してください。

 

それでもだめな場合は以下のcmd(管理者)でWinUPをリセット後にインストールするとよいかと思います。

net stop wuauserv
net stop cryptSvc
net stop bits
net stop msiserver
Ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
Ren C:\Windows\System32\catroot2 Catroot2.old
net start wuauserv
net start cryptSvc
net start bits
net start msiserver

 

なお、気になる情報をニッチなPCゲーマーの環境構築さんが発信しています。GWXがまた悪さをしてWin10へのアップグレードを勧めてくる場合があるという情報です。再活動なのか誤作動化などはっきりしませんが、過去には勝手にアップグレードが始まってしまうケースなどもありましたので、GWXパッチがそのままになっているという方は注意が必要です。

心配な方は、記事中のKBを確認してくださいね。

【Win】 GWXが再活動?誤作動?GWXパッチをほったらかしの人はご注意
一部抜粋
GWX、覚えているでしょうか。かつてWindows7 / 8.1ユーザに対して望む・望まないに関わらず、勝手にWindows10にアップグレードして多く人や企業に迷惑をかけた悪名高きMicrosoft公式ウイルスです。===中略===以下、GWX関連のKBリストです。KB3035583悪名高きGWXウイルス本体。MSがKBページを削除したため、現在情報は見られません。KB2952664旧GWXサブ。2018年7月現在、KB2952664は純粋なテレメトリと化しており、GWX関連はないとMSは主張しています。KB3064683Win8.1用Win10アプグレ関連。・・・続く

 

Win7
Win7系ダウンロードページ
KB4338818
KB4340556
KB2952664
KB4054530
KB890830

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4338818)
2018年7月10日-KB4338818(毎月のロールアップ)
例によってネットワークインターフェイスが機能しなくなる問題がありますので注意してください。

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、KB4284842(2018年6月21日にリリース)の一部であった以下の問題に対処する改善および修正が含まれています。

Windowsの64ビット(x64)バージョンのLazy Floating Point(FP)状態リストア(CVE-2018-3665)と呼ばれるサイドチャネルの投機実行に関する追加の脆弱性に対する保護を提供します。
Internet ExplorerのInspect Element機能を更新して、開発者ツールの起動を無効にするポリシーに準拠させます。
DNS要求がInternet ExplorerとMicrosoft Edgeでプロキシ構成を無視する問題を解決します。
Internet Explorer、Windowsアプリケーション、Windowsグラフィックス、Windowsシェル、Windowsデータセンターネットワーク、Windowsワイヤレスネットワーク、およびWindows仮想化のセキュリティ更新プログラム
解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

このアップデートの既知の問題
症状
不足しているファイル(oem .inf)に関連するWindowsおよびサードパーティのソフトウェアに関する問題があります。この問題のため、この更新プログラムを適用すると、ネットワークインターフェイスコントローラが機能しなくなります。

回避策
ネットワークデバイスを見つけるには、devmgmt.mscを起動します。他のデバイスの下に表示されることがあります。

NICを自動的に再検出してドライバをインストールするには、[ 操作 ]メニューから[ ハードウェアの変更をスキャン]を選択し ます。
a。または、デバイスを右クリックして[ 更新 ]を選択して、ネットワークデバイス用のドライバをインストールし ます。 次に、[ 更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する] または[ コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索する]を選択します 。

 

2018-07 x64 用 Windows 7 および Server 2008 R2 の .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4340556)
3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1 Windows 7 SP1 およびサーバー 2008 R2 SP1 (KB 4340556) および.NET Framework のセキュリティおよび品質プログラムのロールアップ更新プログラム

 

Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
Windows 7 で Windows を最新の互換性に関する更新プログラム
こちらも悪評高きKBですのでご注意!!!
参考:Windows7/8.1のアップデートで恐怖のKB2952664/KB2976978が再び襲来

 

Windows 7 x64 用 Microsoft .NET Framework 4.7.2 (KB4054530)
Windows 用の Microsoft.NET Framework 4.7.2 オフライン インストーラー

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2018 年 7 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Win8.1
Win8.1系ダウンロードページ
KB4338832
KB4338815
KB4340558
KB2976978
KB4054566
KB890830

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 8.1 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4338832)
Adobe Flash Playerのセキュリティ更新プログラム:2018年7月10日

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4338815)
2018年7月10日-KB4338815(毎月のロールアップ)

 

2018-07 x64 用 Windows 8.1 および Server 2012 R2 の .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4340558)
3.5 SP1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1 Windows 8.1、8.1 の RT、および Server 2012 R2 (KB 4340558) および.NET Framework のセキュリティおよび品質プログラムのロールアップ更新プログラム

 

Windows 8.1 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2976978)
Windows 8.1 と Windows 8 の Windows を最新の状態に維持するための互換性に関する更新プログラム
こちらも悪評高きKBですのでご注意!!!
参考:Windows7/8.1のアップデートで恐怖のKB2952664/KB2976978が再び襲来

 

Windows 8.1 x64 用 Microsoft .NET Framework 4.7.2 (KB4054566)
Windows 8.1、Windows RT 8.1、および Windows Server 2012 R2 の Microsoft.NET Framework 4.7.2

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2018 年 7 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Win10(1803)
Win10系ダウンロードページ
KB4338819
KB890830
KB4338832

 

注:今回のKB導入は、KB890830KB4338832を先入れ後に再起動し、その後KB4338819を導入しないとインストールに失敗する環境があるかもしれません。

KB4338819以外は成功したという場合は、再起動後にKB4338819を再度導入してみてください。

すべて失敗してしまう場合は、ダウンロードページよりスタンドアローン版をダウンロード後に「ネットワークから切断した環境で個別にインストール」してくださいね。

それでもだめな場合は以下のcmd(管理者)でWinUPをリセット後にインストールするとよいかと思います。

net stop wuauserv
net stop cryptSvc
net stop bits
net stop msiserver
Ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
Ren C:\Windows\System32\catroot2 Catroot2.old
net start wuauserv
net start cryptSvc
net start bits
net start msiserver

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の差分更新プログラム (KB4338819)
2018年7月10日-KB4338819(OSビルド17134.165)
「Windowsエコシステムを評価し、Windowsへのすべてのアップデートのアプリケーションとデバイスの互換性を保証します。」という一節が入っています。

この件が署名なしドライバの自動例外登録が外れてしまって突然機器が動作しなくなってしまったり、はなはだしい場合はPCが起動しない、VGAドライバ由来でモニタが真っ暗になってしまうなどということの解決だといいのですが、

MSがこのような対応をする

⇒ 新たに問題が発生する

こんなケースも多いです。

十二分に注意を払ってくださいね。

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

有効な入力としてEOFを正しく処理するためにユニバーサルCRT Ctypeファミリの機能を向上させました。

Microsoft Storeで入手可能なMicrosoft Edge DevToolsプレビューアプリケーションを使用して、UWPアプリケーションでWebViewコンテンツのデバッグを有効にします。

緩和オプショングループポリシーのクライアント側拡張がGPO処理中に失敗する可能性がある問題に対処します。エラーメッセージは、 “WindowsはMitigationOptions設定を適用できませんでした。この問題は、Windows DefenderセキュリティセンターまたはPowerShell Set-ProcessMitigationコマンドレットを使用しているコンピュータで、手動またはグループポリシーによって軽減オプションが定義されている場合に発生します。

Windowsエコシステムを評価し、Windowsへのすべてのアップデートのアプリケーションとデバイスの互換性を保証します。

Internet Explorer、Windowsアプリケーション、Windowsグラフィックス、Windowsデータセンターネットワーク、Windowsワイヤレスネットワーク、Windows仮想化、Windowsカーネル、およびWindows Serverのセキュリティ更新プログラム。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは、現在この更新プログラムの問題を認識していません。

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2018 年 7 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4338832)
Adobe Flash Playerのセキュリティ更新プログラム:2018年7月10日

 

おまけ(office2010)
Microsoft Office 2010 (KB4022206) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム

 

Microsoft Office 2010 (KB4022208) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム

 

Microsoft Word 2010 (KB4022202) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム

 

 


人気ブログランキング

コメントを残す