【WinUp個別】急報・・・止めといて!!! 危険、「Windows 10 May 2020 Update」への更新【2020/5/28】

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


2020/5/27に一般公開されましたが、すでにいくつかの不具合が公式に確認されているようです。

危険につき、「Windows 10 May 2020 Update」(2004)への更新は当面やめておけフラグとします。

プリビューの期間も結構長かったのですが、それでもまだ少なくとも10以上の問題が残っているようです。

その中でも、オーディオドライバの問題などは、現行の1909でも(4月のアプデ後にひどくなって)発生しているものがそのままというよりも「よりひどくなっているという感があります。

実用上の問題としては「IMEの不具合」がどの程度なのかということもあります。

さらに、Nvidiaの古いグラフィックスドライバーの問題が出ていますが、このようなケースの場合はほかのものにも不具合が発生することが多いです。

不具合の内容を見ると、アップデート後に起動不能や完全な真っ暗画面となる可能性も低くなさそうです。

障害が発生する環境には配信されないというアナウンスですが、今までを振り返るとあまりあてにならない気がします。

ましてや、自動配信されていないのに手動でアップするなど自殺行為です。

くれぐれもすぐに導入というのは避けてくださいね。

 

 

ネタ元の記事
「Windows 10 May 2020 Update」への更新には注意! ~Microsoftが10件の問題を調査中

不具合点の引用

・複数のBluetoothデバイスに接続またはペアリングできない
特定のRealtekドライバーを搭載したWindows 10デバイスで、複数のBluetoothデバイスに接続できない場合がる

・「Conexant ISST」オーディオドライバーのアップデートトラブル
「Conexant ISST」オーディオドライバーを搭載したデバイスで「Windows 10 バージョン2004」の更新中・更新後にエラーや問題が発生する可能性がある

・特定の「Conexant」オーディオドライバーのアップデートトラブル
「Conexant」または「Synaptics」オーディオドライバーを搭載したデバイスがブルースクリーンエラーで停止することがある

・ImeModeプロパティでテキスト入力フィールドのIMEモードを制御できない
一部言語のIMEと特定アプリの組み合わせで問題が発生する可能性も

・Intel iGPUを搭載したデバイスで可変リフレッシュレート(VRR)が期待通りに動作しない
とくに「DirectX 9」ゲームではVRRが有効にならない

・Thunderboltドックの抜挿でエラー
Thunderboltドックを使用しているデバイスでドックのプラグインまたはアンプラグを行うと停止エラーが発生することがある

・Always On、Always Connectedを使用している一部のデバイスでエラーまたは予期せぬ再起動
Always On、Always Connectedなネットワークアダプタが複数あるデバイスで問題が発生する可能性

・「GameInput Redistributable」と「Windows 10 バージョン2004」の相性問題
「GameInput Redistributable」を使用したアプリやゲームでマウス入力が不能に

・「aksfridge.sys」「aksdf.sys」の問題
特定のバージョンの「aksfridge.sys」または「aksdf.sys」を使用するアプリやドライバーのあるデバイスでは、アップデートや起動に問題が発生する可能性がある

・古いNvidia GPUのドライバーに関わる問題
v358.00以下のバージョンのNvidia GPUドライバーで問題が発生する可能性

 

今回の記事は以上です。


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA