お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

重要
当サイトの広告で「最新のWindowsが1,980円」というようなものが表示されることがあります。自動ローテーションの広告でサイト運営者がブロックしても再度表示されるようです。メールでお問い合わせをいただきましたが、当サイトで推奨しているものではありませんのでご注意ください。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

109人の購読者に加わりましょう

【Windows Update】2017年6月の不具合情報など【Win7/8.1定例+臨時】

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分40秒です。

この記事は「 未確定情報・推定を含む記事 」です。

この記事について

Windows7/8.1の月例更新をメインに各月の障害情報やその解決策を記事にしています。個人で運営しているブログですので限界はありますが「あなたの役に立つ情報」をお知らせできれば幸いです。

目次
配信されたKB
21日~月末
11日~20日
1日~10日
Web上の障害情報とその解決策
特に緊急・重要な情報など
今月分
先月分
お知らせとWinUpの注意事項
予備
対象 内容
キーワード Windows Update、不具合、月別、まとめ、7、8.1
更新 最新の更新
2017/6/20…第二定例日でしたが、手元のPCでは配信が落ちてきません。本日夕方再度確認してみます。

配信されたKB
2017/6/20…第二定例日でしたが、手元のPCでは配信が落ちてきません。本日夕方再度確認してみます。
Web上の障害情報とその解決策
2017/6/15…定例配信から6/15 19:00までの気になる事例を掲載しました。
特に緊急・重要な情報など
N/A
(クリックでジャンプします)

Win10はこちら⇒【Windows Update】2017年6月の更新・不具合情報【Windows 10】

更新履歴
2017/6/20…第二定例日でしたが、手元のPCでは配信が落ちてきません。本日夕方再度確認してみます。
2017/6/15…定例配信から6/15 19:00までの気になる事例を掲載しました。
2017/6/14 21:00…一回目の情報を掲載。
2017/6/14…定例更新が来ています。
2017/6/7・・・Win7/8.1に臨時の更新(テレメトリ関連)が来ています。
2017/6/3…Win7/8.1にまたまた謎配信。
2017/6/2…Win7に悪意(KB890830)が来ています。
2017/5/27…6月分の記事を準備しました。

 

配信されたKB

今月の配信KBをお知らせしています。

 

21日~月末

最新の更新



2017/6/21 第二定例日は配信なし?

第二定例日でしたが、手元のPCでは配信が落ちてきません。本日夕方再度確認してみます。

 

11日~20日

Win7/8.1のKB4022719・KB4022726でWinUpエージェントが更新されています。

エージェント更新後は、WinUpの設定がデフォルトに戻される場合がありますので必ず再確認しておいてくださいね。

 

Win7
更新対象のCPUでも、更新が落ちてこないPCがあるようです。再起動してもう一度試すと落ちてきたというような話もあります。KB誤配信のことといい、どうもおかしいですね…。

Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4022719)
2017年6月13日-KB4022719 (月次ロールアップ)

Windows 7 用更新プログラム (KB2952664)
windows 7 で windows を最新の状態に保つための互換性更新プログラム
例によってテレメトリ入りです。

Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム (KB4023307)
windows uniscribe リモートでコードが実行する脆弱性: 2017 年6月13日

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2017 年 6 月 (KB890830)
windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで特定の流行のマルウェアを削除します。

2017/6/14 21:00追記(4.7対象PCではないため当方の環境では配信なしでした)
x64 用 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の、Microsoft .NET Framework 4.7 (KB3186497)
Windows 用の.NET Framework の 4.7 オフライン インストーラー
インストール後に次も落ちてきます。

Microsoft .NET Framework 4.7 アップグレード言語パック (KB3186499)
Windows の Microsoft.NET Framework 4.7 言語パック (オフラインのインストーラー)

Win8.1
2017-06 x64 ベース システム用 Windows 8.1 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4022730)
アドビフラッシュプレーヤーのためのセキュリティ更新プログラム: 6 月13日2017

2017-06 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4022726)
2017年6月13日-KB4022726 (月次ロールアップ)

Windows 8、8.1、10 と Windows Server 2012、2012 R2、 2016 x64 エディション用の、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール – 2017 年 6 月 (KB890830)
windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで特定の流行のマルウェアを削除します。

x64 用 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の、Microsoft .NET Framework 4.7 (KB3186539)
windows 8.1、windows rt 8.1、および windows サーバー 2012 r2 用の microsoft .net framework 4.7

参考:office2010
Microsoft Office 2010 (KB3118389) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office 2010 (KB3191844) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office 2010 (KB3191908) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office 2010 (KB3203460) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Office 2010 (KB3203461) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Outlook 2010 (KB3203467) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム (KB4023307)
Microsoft Word 2010 (KB3203464) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム

1日~10日

2017/6/7 Win7 KBKB2952664
Win8.1 KB2976978

2017/6/7・・・Win7/8.1に臨時の更新(テレメトリ関連)が来ています。まれにWinUpエージェントの更新が含まれている場合があるのですがざっと見たところ今回は含まれていないようです。(情報があれば追加します)

テレメトリ関連は入れたくないという方は放置でOKでしょう。

Win7
Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
Windows 7 で Windows を最新の互換性に関する更新プログラム
例によってテレメトリ関連のものです。

Win8.1
Windows 8.1 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2976978)
Windows 8.1 と Windows 8 の Windows を最新の状態に維持するための互換性に関する更新プログラム
こちらも同様です。

2017/6/3 Win7/8.1(ドライバ謎配信)

またまた、「Advanced Micro Devices, Inc driver update for AMD SMBus」「INTEL -SYSTEM」「Qualcomm Atheros Communications Inc. – WLAN – Qualcomm Atheros」などのようなドライバの更新が配信されているPCが出てきているようです。

さらに、通常のKBで日付けの古いものが配信される場合もあるようです。

ほとんどの場合は、不必要なものとなります。

導入されたいるKBの検索、詳細情報で配信日の確認を行って不要なものは非表示処理して導入しないようにしてください。ドライバの場合は、(気になる方は)ベンダーページで最新ドライバを確認してそちらを導入しましょう。

注:むやみな導入/適用は不具合発生原因となります。

 

2017/6/2 Win7:(KB890830)

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2017 年 5 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する
5/22付のものが来ています。どうも先月から、(一時的なものと考えられますが)臨時の配信が入るようです。留意してください。

なお、このKBについては配信されるのが正常ではないかと考えられます。

 

2017/5/27 6月分の記事を準備

6月分の記事を準備しました。今月もよろしくお付き合いください。

 

Web上の障害情報とその解決策

MSコミュニティーの投稿を中心に以下のようなWeb上の障害情報とその解決策をお知らせしています。

  • 配信KBが原因で発生したと推定されるもの
  • 何度も繰り返される厄介な障害
  • 障害内容が気になるもの・重要/重大と考えられるもの…など

 

 2017/6/15 19:00 障害情報を掲載

定例更新から、2017/6/15 19:00までの気になる障害です。

Win7
未解決・今回の更新由来か不明・複数人
Windows7 管理者が消え、ゲストアカウントだけになってしまった。

未解決
windows7で、2017/6/14の定期更新以後、インデックスの作成が終わらない

Win8.1
未解決・今回の更新由来か不明・複数人
ハードディスク稼働率が100%

未解決
windows updateで更新を構成できませんでした

 

2017/6/14 一回目の情報を掲載

時間的にも早く、まだ障害情報等はそう出ていませんが一回目の情報を掲載します。今後の情報は随時掲載します。

なお、NTFSバグ対策が行われた可能性がありますので「週末ぐらいまでは十分な注意」を払っておくほうが良いかもしれません。

XP以降全般
Windows 10 builds 15063.413, 14393.1358, and 10586.962 are now available – here’s what’s new
MSがWindows XP、Vista、および10バージョン1507などのサポートされていないバージョン用のパッチを提供しているようです。サポート終了OSにも来ているところを見ると、もしかするとWin7/8.1/10などすべてのVer.でNTFSバグ対策がされたのかもしれません。

Win7/8.1/10
WinUpに長時間かかる例があるようです。

Win8/1
WinUP失敗⇒実際には成功というケースが発生している模様です。

 

特に緊急・重要な情報など

障害情報のうち、特に緊急・重要な情報をお知らせしています。内容によっては【Win個別】カテゴリーで独立記事として掲載していますのでそちらもご利用ください。

今月分

 

先月分

2017/4/29 CPUブロックについて

ブログ主注:この項目は、Win7に対応しない新世代(と誤認識された)CPU搭載のPCで「ある日突然」という感じで現れることがあります。当該するPCでも現時点ではKBが配信されていても「新たなKBやドライバの適用後・クリーンインストール後」などにKBが配信されない(残念なことにこちらが正常な動作です)状態になります。

そのため、先月分ではありませんが掲載しています。

重要
CPUブロックの誤爆に「Pentium Dual-Core E5400とCeleron J1900」も含まれていることが判明したようです。

MSソフトも把握していて修正を出すといっていますがいまだ来ていません。誤ってブロックされる場合も以下の方法でブロックを回避できるようですがあくまで自己責任となります。

Win7/8.1で新しいCPUでも更新が配信されるようにCPUチェックを行わないように改変する方法があるようですが、私自身確認していませんしあまりお勧めしませんが情報のみ上げておきます。ダウンロードページは、英語のページとなりますがそのまま掲載します。少なくとも、リンク先を見て理解し、検索して確認実行できる程度のPCスキルがない方は試みないことをお勧めします。

最新CPU搭載PCでWindows 7/8.1の更新プログラムを入手可能にするパッチが開発される

https://github.com/zeffy/kb4012218-19

 

お知らせとWinUpの注意事項

定例の注意事項などをどうしても発生しやすいままの障害の対処法を含めて2017年度版に改訂中です。出来上がり次第掲載しお知らせします。

今月の定例配信は、6/14 水曜日(米国時間:6/13)02:00、第二定例は6/21水曜日 (米国時間:6/20)02:00の予定です。

重要
Win7/8.1のPCは、第6世代Coreプロセッサー(Skylake)以降の構成ではKBの配信が制限される場合があります。

最新CPUでのWindows 7サポート打ち切りで、企業ユーザーは選択を迫られる

インテルの第6世代Coreプロセッサー(Skylake)搭載のPCで動作するWindows 7と8.1のサポートは、2017年7月17日以降に限定的になることが明らかになりました。さらに次世代のCPU『Kaby Lake』以降では、Windows 10のみがサポートOSになります。

注:記事中では7/17以降となっていますが、すでに始まっています。

・2016年7月より「Win7/8.1においても第二定例日のオプションがロールアップで提供」されました。このため不具合発生時の対処が非常に困難です。特に業務用のPCでは、様子見が必須です。

今までの例ですと「古めで署名の怪しいドライバの周辺機器やソフト、CAD・会計ソフトなどで特殊なフォントが入っているもの、暗号化ドライブやPTM、指紋認証デバイス」などが起動しないなどの重大トラブルの原因になっていますので留意してください。

定例の注意事項【Win UP@2015/7~個別】一般的注意事項と復元ポイント自動生成の不都合など

・更新前の注意事項は【注意点】Windows Update前の設定など【2015年6月版】で確認してください。また、その中でWindows8/8.1起動時にセーフモードが起動オプションとして必ず表示されるようにする方法を紹介しています。Windows8/8.1を高速スタートアップ有効のままで使用したい方や、ASUSのM/Bを使用しているなどF8キーに起動時の機能が割り当てられている方は参考にしてみてくださいね。

Windows Update情報の検索について:
【Win UP@2015/7~個別】Microsoft Update カタログ ページ【2015/8/21追加】

最近Win8.1とWin10で(以前から指摘していたように)WinUp後に各種のドライバが不正になってしまう事例が発生するケースが散見されます。チップセットドライバなどに不都合が発生するとファイル消失やHDD丸ごとのぶっ飛び(OSが起動しなくなることも…)が発生しますので厳重注意です。

参考記事
【確認必須】Windows10でファイルやフォルダが消えてしまう【解決策追加】



 

予備

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す