お知らせ

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

239人の購読者に加わりましょう

【旧館からの移転記事】OS再インストール無しで容量の大きなHDDから容量の小さなSSDに移行する方法

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分53秒です。

こちらの記事は、はてなダイアリーの旧サイト「自作PCの道楽」より移動した記事です。

記事移転時に新着記事お知らせ機能が働いてしまいますので、「記事更新メールお知らせ機能に登録してくださっている方にはお手間なお知らせ」となりますがご寛容ください。

 

※実使用容量以下のSSDに移行は不可能です。

SSDを購入して、さて取り付けようとしたときにうまくいかないことがあると思います。例えばC:の容量がSSDの容量よりも大きいため移行できない、一つのHDD上にC:、D:など複数のパーティションがある、Windows標準のイメージバックアップを新たなSSDに書き戻そうとしたがストレージ構成が不正と見なされるなどセキュリティー記述子の問題のため失敗する・・・・・・etc。

そのような場合の解決法をお知らせしますのでご利用ください。また、お知らせした体験版などは便利で使いでのある製品ですので、気に入ったら購入を検討してください。

また、ShadowProtectを使用して全く新規のシステムにそのまま移行することも可能ですので試してみてください。但し、評価版はHIR機能については利用出来ません(P2V、P2P)との記述がありうまくいかないこともありますのでその場合4500円程度で正規商品(パーソナル3.5)を購入してください。

アプリケーションの入手先

Acronis True Image Home 2010無償試用版(機能制限があるかもしれません)

http://www.acronis.co.jp/homecomputing/products/trueimage/

WD版(WDのHDDが使用されているシステム上で利用できます。他のHDDにも使えます。)

http://support.wdc.com/product/downloaddetail.asp?swid=119&wdc_lang=jp

SG版(SGのHDDが使用されているシステム上で利用できます。他のHDDにも使えます。)

http://www.seagate.com/ww/v/index.jsp?locale=ja-JP&name=DiscWizard&vgnextoid=fd42e92f955ce010VgnVCM100000dd04090aRCRD

Acronis True Image の操作方法

http://www.sakura-pc.jp/pc/contents/software/acronis_ti11h_clone.html

ShadowProtect

イメージバックアップの作成、異なるPC間チップセット間などのOS移行が可能です。ダウンロードの際に検証版を落としてください。評価版は書き戻しができません。

http://www.storagecraft.jp/trial

操作方法

http://gigazine.net/news/20090526_shadowprotect/

実際の操作

1. 元のC:が独立したストレージ上にあり移行するSSD(HDD)より容量が小さい場合

おなじPCに取り付ける場合は、単純にAcronis True Imageでディスクのコピーをします。異なるPC間の場合はShadowProtectのHIR機能を利用してイメージバックアップを書き戻します。

2. 元のC:が独立したストレージ上にあり移行するSSDの容量のほうが小さい場合

A. まずVista以降のOSでC:の容量を変更できるならそれでSSDの容量以下に圧縮できるか調べます。コンピュータ-管理-記憶域-ディスクの管理-C:を右クリックボリュームの縮小で縮小後の合計サイズが表示されますので確認してOKなら実行します。まだ大きければユーザーフォルダなどを移動してみてください。

移動方法

http://allabout.co.jp/gm/gc/81250/

これで小さくなれば1の方法でOKです。

B. 使用容量はSSDの容量以下だがC:の容量の方が大きな場合

Acronis True Imageで容量を自動調整してディスクのコピーをします

3. C:がストレージのパーティションの場合

いったんShadowProtectでC:のみのイメージバックアップをとり、独立したストレージにC:のみを書き戻したあとで1、2の操作をします。

他のPCや異なるチップセットに移動する場合はその後にHIR機能を利用したイメージバックアップを作り書き戻してください。この方法だと全てを再インストールするのに比較してかなり短時間で終了します。ちなみに先日145GBのSSD/RAID0→80GBのSSD単機の移行で1時間弱でした(ストレージの容量が大きくなると時間が長くなりますが最初に設定したあとは操作不要ですので寝ている間にでもやれば無問題です)

質問があれば書込んでください。

 

※PDFの図解入り詳細版がMS OneDrive に保存されています。参考にどうぞ。

 

※新しい日付(6/25)に詳細版がありますので見てみてください。

※10/7に移行後にSSDの使用容量がなぜか増えたという質問の回答を載せました。

 


人気ブログランキング

コメントを残す