【劇的改善も・その1】ネットが遅いを完全解決・・・シリーズ記事の概要【シリーズ記事】

この記事を読むのに必要な時間は約 27 分です。

副題:見落としなし!!! 高速で快適なインターネット環境を手に入れるチェックポイントと改善手順

 

このシリーズ記事の目的

高速なはずのインターネット回線なのに速度が出ないという方も多いと思います。

このシリーズ記事では、私自身の体験を踏まえて「インターネット回線の速度が遅いという場合にできるだけ広い範囲のトラブルシューティング」見落としなしに手順を踏んで解決できることを目的としました。

なお、この記事では、自環境内でファイル共有ができない、プリンタが共有できないなどのトラブルは除外し、「あくまでインターネット(プラスプライベートネットワーク内の)速度の向上」に関する基本的な「チェックポイント・改善・解決」が手順通りに進めていくことで見落としなく完了できることを目標にしています。

 

もし、あなたが「この点も知りたい、これも記事に追加してほしい」などという場合、コメ欄で遠慮なくリクエストをしていただけると幸いです。

もちろん「こら、ここ間違えてるよ~」という指摘もとても助かります。

 

お願い
記事の構成上、チェック抜けを防止する目的(再確認)や、申し訳ないのですが整理しきれずに手順がダブっていいるケースがあります。

ご寛容の上、すでに済ませた手順は省略してチェックをお進めください。

PCのOSについてはWindowsとなります。macの方は同様の設定や操作などを各自試してくださいね。

また、スマホとPADについては提供されている最新版のOSにすることと、リセット系の対応しかないためほぼ割愛しています。

 

少々煩雑で長文の記事になってしまいますが、皆さんのお役に立てば幸いです。

 

対象 内容
キーワード インターネット、ネット、回線、光、ADSL、遅い、高速、低速

ルーター、ONU、LAN、無線、規格、回線事業者、プロバイダ

解決法、改善法、チェックポイント、乗り換え、新規契約

キャッシュバック、ポイント、解約違約金(補償/補填)

OS/ソフト/機材 Windows、ルーター・ONUほか無線関連機材
対象読者 インターネット速度が遅い、不安定など見落としなく解消したい方
最終更新日 2020/4/2初版

 

この記事の目次

なぜこの記事を書いたのか?・・・サポートに連絡しても解決しない???

回線速度が高速になることのメリット

参考:乗り換えないのは携帯と同じで損をしている

どのぐらいの速度が出ていれば遅くはないのか

番外:とりあえずズバッと回線変更という方

次の記事:【劇的改善も・その2】ネットが遅いを完全解決・・・手順一覧【シリーズ記事】

 

 

 

なぜこの記事を書いたのか?・・・サポートに連絡しても解決しない???

  • ぶちブチ切れたり止まるのは嫌
  • 業者はやってくれない
  • TV、PC、スマホなど複数台を同時利用すると快適に使用できない

 

このほかにもたくさん理由はあり、自分のインターネットの速度は遅いのではないだろうか、もっと高速にならないだろうか、そう考えている方は多いかと思います。

特に通信速度は「ベストエフォート」ということになっていますので、私のように光回線なのにもかかわらず1.85Kbps(メガの間違いではありません。間違いなくキロです。 参考:【号外】ドコモ光+OCNで最低記録が出ました…)というような「ある意味暴力的というか、故障でしょう?」というようなケースでも、業者は取り合ってくれません。

サポートに電話をしても「マニュアル通りの対応で直らない場合は終了」となり、解決しない場合も少なくないのです。(個人的には解決しない場合や、回線事業者とプロバイダの間でたらいまわしにされてしまうケースが多すぎる気がします)

実際に私がサポートに電話をした際には「この人、サポートできるの?」という程度のオペレーターであるケースもありました。こちら側がある程度以上に詳しく質問をすると何度も少々(ではなく)保留待ち、挙句の果てにはオペレーターが交代するなんてこともありました。

サポートに電話をするのでしたら「最初から故障担当に電話 ⇒ 速度が不安定すぎて何らかの故障(物理障害)ではないかと思うのだがチェックポイントを教えてください」このパターンをお勧めします。

さすがに故障担当の人員の方がスキルもあり、詳しい人に当たる確率が高いです。

 

私の場合は、光回線でこんな状態でした。

ちなみに最悪値は「1.85Kbps」です・・・。

 

なお、修理点検に伺った場合 ⇒ 問題がないと判断したケースでは「8,000円 + 出張料金」を支払ってもらいます ⇒ 私の場合はこう言われました。

 

これって、修理に来てもらったときに速度低下がなければ、そのたびにお金を取られるということです。

正直、あきれかえりました。

身の回りや、私の顧客の依頼があったケースでも、業者は速度が遅いことに関して「一定のマニュアルに従った手順」はやってくれます。

こちらは結果を見ることができないのですが、ONUまでのpingを打ち、それで速度が出ていれば終了です。

解決しないで泣き寝入りの方も多いのではないでしょうか?

こうなれば自己防衛しかありません。

 

回線速度が高速になることのメリット

  •  複数台のデバイスを同時使用しても快適、フリーズしない
  •  ファイルやデータのダウンロード時間が短くなる
  •  動画が止まらない、Webページの表示が速く快適になる

 

とにもかくにも速いことはある意味「善」です。同程度の料金を支払っていて速度が遅いのは願い下げです。

TverをPCで視聴、アマゾンプライムの番組をTVで視聴、家族がスマホでゲーム、こんな状況もよくあるのではないでしょうか?

たびたび動画が止まる、オンラインゲームの操作が中断して死亡フラグショッピングの画面が途中でフリーズして最初からやり直し、こんなのは嫌ですよね…。

 

More:
実際には伝送効率の問題もあるのですが、100%と仮定すると1GBのダウンロード(現状WinUpも1GB近いことも多いです)所要時間は以下のようになります。

実際には伝送効率100%とということはありませんので、これより長くなります。

なお、動画やオンラインゲームなど複数台のデバイスを同時使用するケースでは、最低限20Mbps、推奨値としては30Mbps以上の速度環境が望ましいです。

 

ダウンロード速度 所要時間
10Mbps 859秒(14分19秒)
30Mbps 286.3秒(4分46.3秒)
50Mbps 171.8秒(2分51.8秒)
100Mbps 85.9秒(1分29.5秒)
300Mbps 28.6秒

ネットワーク転送時間・速度 計算 さんで計算しました。

 

なお、私の環境(ソフトバンク光、マンションタイプ、北海道十勝幕別町、Ipv6ハイブリッド)では以下のようなスピードが出ています。実際にWin10のISOを落とす際の速度が300~750Mbpsを行き来し、約4.03GBのファイルダウンロード所要時間は45秒程度ですので、間違いなく返金700Mbps以上の速度が出ているようです。

MSサーバーからのWin10 ISOダウンロード

NUROでの測定

 

参考:乗り換えないのは携帯と同じで損をしている

どうしても改善できないため回線事業者などの乗り換えをしなければならない方は、もちろん乗り換えることになります。

そこで少し考えてほしいのは、「回線事業者を乗り換えないのは損をしているということかもしれない」ということです。

最近改善しようとしているようですが、携帯電話を2年ごとに新機種に変更している人の分の負担を携帯電話を長期間使い続けている人も負担している、交換している人だけがメリットを享受しているということです。

回線事業者の乗り換えや新規契約(乗り換え新規を含む)においても「乗り換えた方だけがキャッシュバックや2年間の割引料金」などを手にしておりその分の費用も乗り換えない人が負担している構図です。

解約金が発生してしまう時期でもその分を補填してくれたり、新規の工事料分を割り引いてくれるサービスなどもあります。

どうしても改善しない場合や改善しても再び繰り返す場合、乗り換えにちょうど良い時期の方などは、乗り換えも考えてみるとよいでしょう。

 

Moer: 乗り換え・・・私の場合

私が乗り換え新規で契約した際には、キャッシュバック5万円、ポイントが2万ポイント(2万円分)、割引が24,000円分(1000x24)でした。

さらに携帯電話2台も一緒に乗り換え(ドコモからワイモバイル、個別に乗り換え(電話と光回線を別に乗り換えた方が得になります)後に光回線セット割り適用)、こちらでもキャッシュバックが3万円、料金が安いところに乗り換えたため14,000円から4,000円ということになりました。

合計で、キャッシュバック8万円、ポイント2万円分、2年間で割引24,000円分と携帯電話の料金差額1万円x24で264,000円、合わせたメリットは364,000円となり、ちょっと信じられないぐらいのお得でした。

 

乗り換え後の速度(乗り換え前は1~8Mbps程度、ひどいときには1.85Kbps~190Kbps程度(ADSLどころかISDNなみ)でしたから、すさまじいと言っていいほどの向上です)

 

 

乗り換えの記事はこちら ⇒

 

どのぐらいの速度が出ていれば遅くはないのか

「本当に回線自体の速度が遅いのかをチェックする」の項で説明しますが、実際に遅いというのはどのぐらいの速度のことなのかを最初に定義します。8分割、機器の規格など種々の原因や要因がありますが、「この程度は出ていなくては困る、出ていて当たり前」という速度と「これぐらい出ていれば文句は言えない」という速度がありますので考えてみましょう。

ここでは、説明を簡単にするため「NTT光・1ギガ・戸建てタイプ」の例を使います。なお、平明に説明するために例外的な事項などは省いていますのでご寛容ください。

また、実際にはマンションタイプなどさらにマンションの戸数などにより分割され、光ではなく VDSL接続となっている場合もあります。回線速度が 1GBではなく、100Mbpsの場合は例示の 1/10の速度となります。

 

「この程度は出ていなくては困る、出ていて当たり前」という速度
HD以上の解像度の動画を(バックグラウンドの通信が発生しても)ストレスなく視聴するには(実際には使用する側の希望/都合ではありますが)回線の種別にかかわらず最低限15Mbps、できれば30Mbps程度は欲しいところです。

TV・PC・スマホやタブレットなどストレスなく複数台を同時使用したいのであれば、常時30Mbps以上の速度を確保したいところです。そのような用途ですとADSLではもう無理な時代になっています。

 

「これぐらい出ていれば文句は言えない」という速度
・仕組み上、基本的に32分割までは文句が言えないため、「1ギガの回線で30Mbps程度」出ていれば文句は言えません、というか全く正常ということになります。(例:200Mbpsだと1/5になるため6Mbps程度)

これは、逆を言うと常時この数値の半分以下であれば、何らかの異常や原因があるということです。

 

条件と状況がある程度なら望める速度
こちらは私の例(ソフトバンク光IPv6ハイブリッド)になりますが、時間帯や曜日を変えて何度も計測してみて「ダウンロードで300Mbps・アップロードで150Mbps」を下回ったことはありません。(相手先のサーバーが遅い場合はこの限りではありません)

 

 

つまり、200Mbpsの回線で20~23時などの込み合う時間帯に6~10Mbps以上の速度が出ているのでしたら「より速い回線に乗り換えるほかはない」ということになります。

もしもあなたの環境で、1GBの回線なのに常時10Mbps程度、200Mbpsの回線なのに常時3Mbps程度の速度しか出ないということならば「トラブルシューティングが必要」ということになるわけです。

次表が、トラブルシューティングが必要と考えられるおよその速度目安です。

 

回線/速度 トラブルシューティングが必要な実際の速度目安

1ギガ回線

NTT光など

常時15Mbps以下の場合またはたびたび3~5Mbps程度しか速度が出ないことがある場合

使用して30分以上経過すると速度が低下する場合など
(機器に不具合があり、異常発熱しているケースなどがあります)

200M回線 常時3Mbps以下の場合またはたびたび1~3Mbps程度しか速度が出ないことがある場合

使用して30分以上経過すると速度が低下する場合など
(機器に不具合があり異常発熱しているケース、メモリリークやブラウザの不具合などがあります)

ADSLやケーブルTV回線

(光回線以外)

常時1Mbps以下の場合またはたびたび1Mbps以下程度しか速度が出ないことがある場合

使用して30分以上経過すると速度が低下する場合など
(機器に不具合があり、異常発熱しているケースなどがあります)

マンションのVDSL それぞれの環境によりますが、方式上最大で20~30Mbps程度が速度上限となります。(もっと遅いことも多い)

常時5Mbps以下の場合またはたびたび3Mbps以下程度しか速度が出ないことがある場合

参考:VDSLのメリットやデメリット、遅いと感じた時の速度改善方法などについて解説

本当に回線自体の速度が遅いのかをチェックする

ここで、あなたの現在の回線速度を計ってみましょう。実際には時間帯や曜日などによりアクセスが集中する時間帯の速度は低くなりますが、一度なるべく正確に計測しておくと目安になります。

速度を計測する際には、屋内の影響を排除するためにできる限りインターネット接続されている機器は1台、有線LAN接続(無線機器しかない場合は無線ルーターのそばで計測する)でやるようにしてくださいね。

普段の自分のPCが使えている速度に近い速度を計測するには「 SOKUDO.JPさんの計測 」ページ。(ここでも簡易計測はできます。高精度版はリンク先で利用してくださいね。)

 

回線の実力上限に近い速度を計測するには「 NURO光さんの光ファイバー・インターネット回線速度の計測 」ページ。

本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線(物理回線)に対し、1セッション(論理回線)で測定を行うのではなく、複数のセッションを使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します(マルチセッション方式)。
主セッションのみを計測するよりも、複数のセッションを計測することにより正確な速度を算出しやすく、実際にお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度測定方法です。
測定結果に表示される「接続数」では、測定プログラムがお使いの機器・サーバ・ネットワークなどから総合的に最適な数を割出し速度測定した結果を確認できます。接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。

ということもあり、接続先のサーバーに左右されずに常時比較的正確な速度を計測できますので試してみてくださいね。(注:特定のサーバーからのダウンロードではないためお使いの回線自体の速度に近いものが計測できます)

なお、JAVAの動作が必要になりますので「 IEでJAVA有効状態 」での計測をしてくださいね。あなたは、どのぐらいの速度が出ているでしょうか?

 

この原稿を書いた時点(2020/2/3 8:30)の私の結果
@ソフトバンク光Ipv6ハイブリッド

NUROでの測定

SOKUDO.JPでの測定

 

 

番外:とりあえずズバッと回線変更という方

この記事をご覧になっている方の中には、もうすでに ONU やルーターなどのチェックも済まし「間違いなく回線事業者が原因だな」と考えている方もいらっしゃると思います。

また、面倒だからズバッとやっちゃいたいという方もいらっしゃると思います。

そのような場合で光回線は NTT のものを使っている場合には、とりあえずプロバイダーを変えたらどうなるのか試してみるのもありです。(ドコモ光などコラボ業者でも回線自体が NTT 東西のものであれば OK です)

この番外の項は、そのような場合やとにかくプロバイダなどを変更したら速度が上がるのかどうかを確かめたい方向けのものです。

前提条件として、 機器には異常がない・回線等にも異常がないという場合になりますが、いきなり以下の手順を踏んでもいいでしょう。

ただし、できれば PC を1台のみ有線 LAN で接続した環境にできることが前提条件となります。

また、結局は回り道になることもありますので、「出来る限りこの記事に書かれている内容を再チェック」してからということをお勧めします。(少なくとも記事内でチェックしたことは全て済んでいるか確認した方が無難です)

それでも、原因が間違いなくプロバイダーや回線事業者にある場合はこちらの手順で確認ができますので、いきなりこちらの手順をやってみるのもありです。

 

1)PC 1台だけが有線でネットワークに接続した状態にします。後ほど説明していますが1台のルーターに多数の機器が接続しているとそれだけで遅くなることがあるため出来る限り1台のみにしてください。

2)Linux のライブ CD を使用するか、 PC に予備のハードディスクを取り付けて OS をクリーンインストールした状態のどちらかにします。 この状態でインターネットに接続し速度を測ってみます。

この時点でインターネットの速度が上がるようでしたら、お使いの PC の OS などに問題があることになります。

3)2番で速度が変わらない場合、次に紹介する業者のお試しをしてみます。お試しでは全く料金や 無料期間内に止めた時に解約料がかかるなどはありませんので安心してください。

 

なお、光回線が分配機の段階で混雑している場合やマンションタイプで分割し過ぎやVDSLの場合はどうやっても速度が改善しないケースがあります。(NTTの局舎内設備由来の時・・・プロバイダーの設備が利用者数に見合っていない場合にだけ速度が向上するということです)

具体的には、「フレッツ接続 ZOOT NEXT(ズットネクスト)」 初期費用0円/月額972円~
では、プロバイダーを変更すれば速度が改善するかどうかが分かります。「フレッツ接続 ZOOT NEXT(ズットネクスト)」 初期費用0円/月額972円~では、通信方式を変更すれば速度が向上するのかが分かります。

双方とも、最大2か月間無料で試すことができ、無料期間内に解約した場合は一切料金はかかりません。

留意点
・プロバイダーの変更で速度が向上した場合でもそのプロバイダーが混雑しNTT局舎内でプロバイダーが借りている設備が足りなくなるとまた速度低下が発生します。そのため、どうせ変更するのでしたら、思い切ってIPv6-IPoE方式に変えてしまう方が無難と思います。

・ソフトバンク光やOCN、ニフティなどはV6ハイブリッド接続などの名前でIPoE接続を提供しています。ご利用になっているプロバイダーが提供している場合には接続方式を確認し、接続方式がIPv4になっている場合はIpv6-IPoE接続に変更してみてくださいね。

 

とりあえずプロバイダーを変えてみる
「フレッツ接続 ZOOT NEXT(ズットネクスト)」 初期費用0円/月額972円~

NTT局社内を経由しない接続で速くなるかを確かめる
(IPv6 IPoE接続というものになります。DS-Lite対応ルーターが必要です)
「フレッツ接続 ZOOT NATIVE(ズットネイティブ)」 初期費用0円/月額1,080円

速度と安定の新規格インターネット
フレッツ光のもう一つの選択
「ZOOT NATIVE」はNTT東日本・西日本の「フレッツ光」対応のサービスです。
次世代のネットワーク(IPv6 IPoE接続)の「DS-Lite(Dual-Stack Lite)」方式を採用。
「DS-Lite」はIPv6のネットワークを経由してIPv4通信を行う(IPv4 over IPv6)規格です。
IPv4、IPv6の両方で「高速で安定的な通信」ができる新しいインターネット接続サービスです。
速さと安定の理由 ー 混雑ポイントを通らないネットワーク構成
インターネットの利用者が増え、一人当たりの通信量も日増しに増えています。
そのため従来のネットワーク(IPv4 PPPoE接続)では混雑ポイントが発生しています。
次世代のネットワーク(IPv6 IPoE接続)はこの混雑ポイントを通らないため、いつでも高速安定通信が期待できます。 またIPv4通信/IPv6通信を意識せずにご利用いただける点も利便性が高くおすすめです。

試してみて速度が速くなったという方は、ほかの回線業者と合わせて乗り換えを検討することになります。

 

次の記事:【劇的改善も・その2】ネットが遅いを完全解決・・・手順一覧【シリーズ記事】

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA