お知らせ

【お勧めします】
そのまますべてのPCで当てはまるかどうかは不明ですが、「手元のWin7機で通常のアップデートに長時間ようする環境」で検証した結果、KBナンバーが判明している場合にはupdateカタログからダウンロード後に手動で導入すると短時間で終了するようです。

来る12/9の定例アップデートはロールアップですから数は少ないので手動で更新しても手間は最小と思われますので「確認がいつまでも終了しない」という方はぜひお試しください。

◎ フォーローしてね! WinUP情報や不具合情報追加を、ツイッター・フェイスブック・Google+でお知らせしていますのでご利用ください。

保護中記事のパスワードについて 記事の自己検閲によるパスワード保護の開始についてを読み了承の上閲覧される方は「5525」を入力してくださいね。

サイト内検索:カテゴリなど一部詳細情報はページ最下部もご覧ください





【Windows Update 】2016年10月の更新・不具合情報【Windows 10】

この記事を読むのに必要な時間は約 21 分19秒です。

この記事の概要

目次
重大・緊急
Windows10レスキューキットの最新Ver.情報
本文
初旬分(1~10日)
中旬分(11~20日)
下旬分(21~月末)
対象 内容
キーワード Window10、Windows Update、不具合、月別、まとめ、無償アップグレード
更新 2016/10/28…更新の配布、JAVAとnVidiaドライバの件。
(クリックでジャンプします)

【重要】
今月の不具合でWin10PCが起動しなくなるケースは大きく取り扱っていません。従前から記事にしていたようにドライバや機器などがOSに完全対応していないこと、アップデートの影響で従来見逃してもらっていた?署名なしドライバやソフトの動作に異常が出ることが原因です。

このブログでは新しい問題ではないため、大きく取り上げていませんので御注意ください。

なお、【外付けHDD】新たなファイル消失問題【内蔵HDDも危ない?】の問題とも原因が共通ですので記事中の「チップセットドライバ」の項などを見てくださいね。

  広告




お歳暮に迷ったらこれ!

更新履歴
2016/10/28…更新の配布、JAVAとnVidiaドライバの件。
2016/10/26…フラッシュプレーヤーに緊急・重大な脆弱性。
2016/10/19…RS1にオプション1個、TH2は無しでした。
2016/10/16…ドライべ不適合による突然のBSoDを防止する。
2016/10/15…RS1の不具合情報を追加しました。
2016/10/14…画面真っ暗とNASのトラブル。
2016/10/14…不具合情報を追加。
2016/10/13…不具合情報追加。
2016/10/12 22:20…障害情報など。
2016/10/12…ロールアップとフラッシュの更新が来ました。
2016/10/6…KB3197356と「KB3194496、KB3197356 が 更新失敗する問題を解消する」スクリプト。
2016/10/3…Edge利用時にショッピングサイトなどで不具合。
2016/9/28…2016年10月分の記事を準備しました。

Win7/8.1はこちら⇒【Windows Update】2016年10月の不具合情報など【定例+臨時】

特に緊急・重要な情報など

当月分

2016/10/14 再起動ループや起動不能の取り扱いについて

【重要】
今月の不具合でWin10PCが起動しなくなるケースは大きく取り扱っていません。従前から記事にしていたようにドライバや機器などがOSに完全対応していないこと、アップデートの影響で従来見逃してもらっていた?署名なしドライバやソフトの動作に異常が出ることが原因です。

このブログでは新しい問題ではないため、大きく取り上げていませんので御注意ください。

なお、【外付けHDD】新たなファイル消失問題【内蔵HDDも危ない?】の問題とも原因が共通ですので記事中の「チップセットドライバ」の項などを見てくださいね。

2016/10/15 RS1でExcelに障害発生

【重要】
RS1が配信されupdateされた後に下記のような障害が発生しています。

根本の発生原因はドライバ等の不適合ですが、通常使用するプリンタのチェックを外すことで解決します。

Windows10 Anniversary Update後Excelのセルが黒くつぶれたり線が崩れる

Windows10 Anniversary Update後Excel2007を使用しているとセルが一部真っ黒になったり、
セルの線がセル内に多数表示されたりおかしくなったりします。
画面を1ページ分スクロールして戻すといったん元に戻るのですがしばらくするとまた崩れてきます。
他のパソコンのExcel2010でも同様の症状がでています。
Excel2013のパソコンでは問題ないのとExcel2010でも問題ないパソコンもあります。
上記2台はそれぞれ東芝とHPのため共通点は
Windows7の64bitからアップデート
インテルディスプレイドライバとi5だというぐらいなのですが
同様の症状の方はいらっしゃいますでしょうか

2016/10/16 突然のBSoDを防止する

Win10において不適合ドライバによる障害や起動不能例が発生しています。Windows 10 レスキューキットFree版(無料配布版)で、すべての不適合ドライバというわけではありませんが大部分をチェックできます。

今まで大丈夫であったものが、WinUp後に顕在化し「突然起動不能に陥る」という場合があるため一度自分の環境を確認しましょう。

Windows 10 レスキューキットFree版(無料配布版)にある互換性テストで(デジタル署名のない)問題を起すドライバをサーチすることができます。この検査に引っかかったドライバがあればそれをWindows8/10に対応した最新版に更新するか、アンインストールしてください。

先月分

2016/9/21 システムの保護/復元に関する注意喚起

【警告・重要・重大】
今回(2016/9/21)の第二定例で私の手元環境では「Win7では復元ポイントが消失、Win8.1では今回の復元ポイントが生成されないという事象」が発生しました。

【重要】システムの復元は使い物にならない?かも【回復・保全】で予測した通りです)

この問題は、過去のWeb上の事例などからも、私一人に発生するものではないと考えられます。

特に現状で
・Win10のシステムの保護がWinUp時に無効化される
・ファイルの以前のVer.がファイル履歴と置き換えられようとしている
・システムの回復の方式がUSB回復ドライブという外部ストレージに変更され、Win8.1と異なりOSインストール後の変更も一部反映される仕様になった
などの例を見ても、MSとしてはシステムの保護と復元をなくする方向性ではないかと考えられます。

今後、Win7/8.1も定例日のKBがロールアップ提供されることになり、システムの復元では下手をするとシステムの復元に失敗するのならまだましで、「OSがクラッシュする」可能性も高いために変更してなるべくシステムの復元を利用させたくないのではないでしょうか?

何しろ、KBがロールアップ提供された場合に以前の状態に戻すということは、「ロールアップに含まれるKBの数や種類によってはWin7 SP1をWin7無印に戻すということに匹敵」してしまう場合があるように思います。

万が一の障害時に困ったことになりますので「必ず様子見をするか、イメージバックアップを取得するかした後にWinUpを適用」してください。

Windows10レスキューキットの最新Ver.情報

Win10特有の10秒ルールやドライバ不適合によるBSoD、内臓HDDデマでファイルが消えてしまう問題の解決のほか、最新の機能としてWinUp後の勝手な再起動を防止して自分の指定して時間に再起動させる機能などが追加されています。

【Win10レスキューキット】最新バージョン情報【随時更新】

 

本文

注意事項:
1) RS1アップの不適合とファイル消失問題に備えて(イメージ)バックアップをしっかりとっておく。
2) ドライバの不適合で多数の問題が発生するように見えますので留意する。
3) 相変わらず、いろいろな問題が収束していないことをいつも頭の隅に置いておくこと。

最近Win8.1とWin10で(以前から指摘していたように)WinUp後に各種のドライバが不正になってしまう事例が発生するケースが散見されます。チップセットドライバなどに不都合が発生するとファイル消失やHDD丸ごとのぶっ飛び(OSが起動しなくなることも…)が発生しますので厳重注意です。

参考記事
【確認必須】Windows10でファイルやフォルダが消えてしまう【解決策追加】

2016/8/30に月例記事中で、Win10のフリーズ解決手法(未検証)を追加しています。こちらの手法も試す価値がある気がします。

すべての場合に効果があるものかは不明ですが、一定の効果が見込まれる可能性のあるフリース・BSoD発生の緩和手段がありました。この手法(特に手法2)は、原文では触れられていませんがこのブログでも繰り返し注意喚起している「チップセットの不整合による省電力等の齟齬によりファイル消失」などを引き起こす原因の排除にもなるかと思います。

チップセットのドライバが、正しく訂正されるということに加えて「Win標準のドライバストアのドライバを使用することになる」ためサードパーティーのドライバなど複数の動揺ドライバがPC上に存在する場合に起動時に複数の場所からシノニムに読み込む動作の不良を訂正し正しく動作するように直せる可能性もあるのではないかと思います。

Win10 RS1にアップグレード後やWin7/8.1などからWin10にアップグレード後に重要ドライバの修復/上書きインストールをしていない場合は「症状に気が付いていなくても」一度この改善手法を実行しておくとよいかもしれません。

引用元:
Windows Updateしたらageるスレ2 (Win10専用)

(ブログ主注:手段1)
Windows10 Anniversary Update以降、フリーズやブルースクリーンに悩まされて解決してない人は
以下の構文をコピーして

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\storahci\StartOverride]
“0”=dword:00000000

上記を、新規で開いたメモ帳にペースト、適当な名前で拡張子.regにして保存
保存されたそのregファイルをダブルクリックして再起動してみるといい

(ブログ主注:手段2)
もし、上記でも直らない(滅多にない)場合は
田+rでファイル名を指定して実行を開いてdevmgmt.mscと打ってデバイスマネージャーを開く
そのなかの「IDE ATA/ATAPIコントローラ」を開いて「標準SATA AHCIコントローラ」をダブルクリック
ドライバータブから「ドライバーの更新」を開いて「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」を押す
「コンピューター上のドライバーの一覧から選択」を開く
「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを外す
一覧の表示の中に、自分のマシンのチップセットメーカ名を探す
有ったら適合するモデル名を探す
有ったらそれを選択して差し替える

もし、一覧に無かったなら、チップセットメーカー公式サイトへ行ってダウンロードしてきて手動でインストールする

これで、アップデート以前は快調だったPCがアップデート後にフリーズしたりする問題の大多数が解決出来る

全てはMSの、レジストリへの記述不足で起きているが、MSはその事を認めない故に起こっている
この問題はXPの頃からの伝統




初旬分(1~10日)

2016/9/28 10月分の記事を準備しました。
2016/10/3 Edge利用時にショッピングサイトなどで不具合。

楽天で次のような告知がありました。ほかのサイトでもあるかもしれません。
Windows10のEdge利用時に発生している一部不具合について(2016/10/01更新)

Windows10のEdgeをご利用のお客様より、以下のようなお問い合わせを多く受けております。

▼発生事象例

買い物かごに商品を入れられない
買い物かごの商品から「ご購入手続き」へ進めない
購入履歴ページが表示されない
my Rakutenにて会員情報の確認・変更がおこなえない
楽天カードで申し込み等ができない
上記現象が起きた場合は、ご迷惑をおかけししており、まことに恐れ入りますが、
他のブラウザ、スマートフォン等の他端末より楽天市場を
お試しいただけますようお願いいたします。

未確認情報:
Anniversary Update バージョン1607が来た際に「更新するのはお勧めしません」というようなダイアログ?が表示される。しかしそのまま更新されるというような情報がありました。

この件ご存知の方がいらしたら情報提供をお願いします。

また、私の環境では、IE11でヤフーのニュースを閲覧中に戻るボタンで前のページに戻ると「ページの有効期限が切れている」ということが多発しているのですが同様の症状の方はいらっしゃいますか?

2016/10/6 KB3197356と「KB3194496、KB3197356 が 更新失敗する問題を解消する」スクリプト。

・x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3197356)
10 バージョン 1607 の Windows の累積的な更新: 2016 年 10 月 6 日
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3197356

実質はエッジの不具合解消?の模様。累積なので死ぬほど容量がでかいの。モバイル回線の人間はこの方式(ロールアップ)でやられると死ぬ気がする…。

P2Pでの配信といい、MSサーバ側の負担を極力減らしてユーザーに押し付ける施策だったのではという疑いを持っちゃう。

・Windows 10 1607 Script fix to unblock update for Windows Insiders
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=53942

KB3194496、KB3197356 が 更新失敗する問題を解消するスクリプトのはずなのですが、日本語版というかインサイダー版でないからなのか「効果がない?」模様です…。

中旬分(11~20日)

2016/10/12 KB3194798・KB3194343

x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3194798)
累積的な更新 Windows 10 バージョン 1607 と Windows サーバー 2016: 2016 年 10 月 11 日

引用したMSページには含まれるKBのリンクがあります。必要な方は見てくださいね。(すべてなのかどうかは不明です)

概要

このセキュリティ更新プログラムの改善が含まれています、Windows 10 バージョン 1607 と Windows サーバー 2016 の機能を修正します。それはまた次の脆弱性 Windows: 3193229 MS16-125 を解決: 診断ハブのセキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

3193227 MS16 124: Windows レジストリのセキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

3192892 MS16 123: カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

3195360 MS16 122: Microsoft ビデオ コントロール用セキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

3192884 MS16 120: Microsoft グラフィックス コンポーネントのセキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

3192890 MS16 119: Microsoft エッジ用の累積的なセキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

3192887 MS16 118: Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

3178465 MS16 101: Windows 認証方法のセキュリティ更新プログラム: 2016 年 8 月 9 日

Windows 10、Windows サーバー 2016 年まで更新プログラムは累積されます。したがって、このパッケージには、すべての以前にリリースされた修正プログラムが含まれています。

以前の更新プログラムをインストールすると、このパッケージに含まれている新しい修正のみはダウンロードされ、コンピューターにインストールされています。初めて、x86 バージョンは 420 MB のパッケージとパッケージ バージョンは、x64 の Windows 10 または Windows サーバー 2016 の更新プログラム パッケージをインストールする場合は 781 MB。

Windows 10 Version 1607 for x64-based Systems 用 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (KB3194343)
Adobe Flash Player の MS16 127: セキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

2016/10/12 22:20 障害情報など

各OSとも今のところ大きな問題はないようです。

Win10
・アップデート以降、IE11のグーグルツールバーの検索窓の検索単語が記憶されなくなった。

・Tclockが起動できない(よくダメになる気がします…)

・IEは別というようなアナウンスでしたが今回は一緒のパッケージでした。

共通
・IE11で推奨設定を選択しないとホームページタブや履歴がおかしくなる。(消えてしまう)

番外
テザリングをBluetoothやUSB経由で行っている場合「従量課金接続」の扱いにならずにダウンロードされる件は解決されていません。Win7/8.1もロールアップとなりましたので今後ファイルが膨れ上がると思われます。

方向性を見ると、Win10同様にインストールの設定ができなくなることも予想されますので今後注意が必要です。

また、OneDriveやOnenoteの同期が従量課金制でも実行される例がありあっという間にパケットを消費してしまうことがあるようですから注意してくださいね。

2016/10/13 不具合情報追加

IE11
今回、IE11の不具合、けっこい多いようです。

過去に【IE11】使っちゃいけない???【今絶不調の様子】というような記事も書いているのですが、ここまで収束していないことや、毎回のように不都合が発生するところを見ると根本的にダメなところがあるように思います。

修正のために無理やりバッジをあてる⇒無理がたたってまたほかのところで不具合、こんな構図に見えます。

現状解決策はKBの削除、代替策はIE11以外のブラウザを使用することとなります。

・履歴と予測が出なくなった。

・ユーチューブがバグる、というよりも複数タブ(ホームページセット?)にして閉じるとバグる。

・真っ白(真っ黒?)になる。

・コピーしようとするとフリーズする、警告ダイアログが出てOKを押すと強制終了する。

・この件に関連するのかどうかは不明ですが、私の検証機中Win10 無印 x32で「native_proxy.exeは動作を停止しました」という警告ダイアログが出るようになりました。WindowsLiveMailのリンクを開くと「native_proxy.exeは動作を停止しました」とポップアップ画面が出るなどを見るとWindows MeilやIE11との関連があるようです。

今のところ実害は不明です。

sn00007

Win8.1
・カスタマーエクスペリエンスの設定が「はい」に変更される。(ブログ主注:位置情報などプライバシー設定すべての確認推奨)

注;この件Win10でも発生する恐れがあると思います。

MSコミュニティーからの抜粋

Win10
アップグレードから1ヵ月半ほどたって動かなくなりました

Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラムでディスクフルになってしまう

windows10 プログラムの更新後くるくる回って2日ぐらい止まらない

2016/10/14 不具合情報を追加

今月はIE11の件を除くとおおむね静かなようです。ただし、安心していると19日には第二定例が来るんですよね…。毎回このぐらい静かだとよいのですがなかなか難しいのかもしれないですね。

最近の傾向として、プリンタ、キーボードマウス、チップセットなど割合とOSの根幹に深くかかわるものが古めというのが不具合発生のキーポイントになっているように見えます。

Win8.1と(特に)Win10では省電力の対応を含め、ファームウエア・ドライバ・ユーティリティーなどがOSに完全対応していないという場合は要注意です。

また、Win10ではOffice2013以降しか正式サポートしていないことにも注意してくださいね。

以下、MSコミュニティー10/13~の抜粋:
Win10
マウスポインターが勝手に透明になって見えない

Windows10電源はついているが、どのボタンを押しても反応なし。電源を押しても長押しでも消えず、コンセントを抜いた時だけ電源が消えるが、再度電源入れても、画面は真っ黒状態。

windows10が正常起動しない

電源を入れてF2キーでBIOSsetupを行い、BootMnager画面でescキーを押すと起動する

2016/10/15 画面真っ暗とNASのトラブル

画面真っ暗とNASのトラブル。

【結構重要】

・微妙に「画面真っ暗」という報告が増殖sている感じ…。DVI/HDMI/DPなど複数ポートがある場合は接続を変更してみる、オンボードと外部VGAの双方がある場合は変えてみる、ということ以外手段はない模様。

先日掲載した不具合のExcel関連のものでもVGAドライバで解決する場合というのがあるので、VGAまわりに不都合というのがあるのかもしれないが詳細は不明。(nVidiaがダメではないかという報告あり)

なお、VGA周りの不都合の場合は「VGAモードで開く」と画面が出る可能性があると考えられます。そのうえで更新を削除してみてください。

ただし、タブレットの場合はストアアプリ画面で開くため解像度の関係でだめな気がする。(これ、地味に何とかしてほしいことの一つ)

Win8.1/10
またまたNASやネットワークストレージなどと接続できない事例が発生している模様。

【WinUp個別】OSアップグレードやWinUp後の無線LANトラブルの回避【WinUP個別】ネットワーク上のNASなどが見えない場合の対処で紹介した方法を参考にしてください。

【重要】
RS1が配信されupdateされた後に下記のような障害が発生しています。

根本の発生原因はドライバ等の不適合ですが、通常使用するプリンタのチェックを外すことで解決します。

Windows10 Anniversary Update後Excelのセルが黒くつぶれたり線が崩れる

Windows10 Anniversary Update後Excel2007を使用しているとセルが一部真っ黒になったり、
セルの線がセル内に多数表示されたりおかしくなったりします。
画面を1ページ分スクロールして戻すといったん元に戻るのですがしばらくするとまた崩れてきます。
他のパソコンのExcel2010でも同様の症状がでています。
Excel2013のパソコンでは問題ないのとExcel2010でも問題ないパソコンもあります。
上記2台はそれぞれ東芝とHPのため共通点は
Windows7の64bitからアップデート
インテルディスプレイドライバとi5だというぐらいなのですが
同様の症状の方はいらっしゃいますでしょうか

2016/10/16 ドライバ不適合による突然のBSoDや起動不能を防止する。

Win10において不適合ドライバによる障害や起動不能例が発生しています。Windows 10 レスキューキットFree版(無料配布版)で、すべての不適合ドライバというわけではありませんが大部分をチェックできます。

今まで大丈夫であったものが、WinUp後に顕在化し「突然起動不能に陥る」という場合があるため一度自分の環境を確認しましょう。

Windows 10 レスキューキットFree版(無料配布版)にある互換性テストで(デジタル署名のない)問題を起すドライバをサーチすることができます。この検査に引っかかったドライバがあればそれをWindows8/10に対応した最新版に更新するか、アンインストールしてください。

2016/10/19 第二定例日 KB3192209

SR1に1個、TH2は無し。

2016 年 10 月 x64 ベース システム用 Windows 10 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー(KB3192209)
詳細情報なし

8.1と同内容の可能性も高いため8.1の分の説明を載せておきます。企業のリモートということできていますが「MSのテレメトリ」も含まれている感は否めません。
Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の毎月の品質プログラムのロールアップの 2016年 10 月のプレビュー

このパッケージの更新の診断と遠隔測定のサービスを計画し、ウィンドウを管理する分析機能のアップグレードを使用する企業向けの福利厚生を提供するプロセスをアップグレードします。•ユーザーのログオンを偽装して、認証済みのプロキシ環境での設定の遠隔測定のアップロードとダウンロードを有効にするためのサポート
•遠隔測定のアップロードし、ダウンロードの設定を特定のプロキシを構成するのにをサポートします。
診断と遠隔測定のサービスは、Windows からの使用法および診断情報を収集します。ことについての詳細情報、 カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) は、ここです。

この更新プログラムでは、SSL (TCP ポート 443) を使用して、マニフェストをダウンロードし、「遠隔測定」を次のような DNS エンドポイントを使用している Microsoft にアップロードします。•vortex-win.data.microsoft.com
•settings-win.data.microsoft.com
この更新プログラムには、サービスによって使用される次の 2 つのマニフェストが含まれています。•テレメトリ
•utc.app.json

下旬分(21~月末)

2016/10/26 フラッシュプレーヤーに重大な脆弱性

フラッシュプレーヤーに緊急・重大な脆弱性があるとのことです。必ず更新してくださいね。

バージョンが最新版かどうか、以下のページで確認。
Adobe Flash Player:Version Information

最新バージョンでなかった方は、下記のページよりAdobe Flash Player を更新。
Adobe Flash Player ダウンロードセンター

最新の更新

2016/10/28 更新の配布、JAVAとnVidiaドライバの件。

共通
JAVAの更新は忘れがちです。利用して入る方はJAVAも確認してくださいね。

nVidiaドライバの不具合。
昨日からOneNoteやフォトアプリが落ちまくるんなどの症状が発生しているようです。GeForce375.57にバグがあり、すでに375.63がリリースされてるようですので更新してくださいね。

Win10
注:TH2にはフラッシュの更新のみが配信されます。

・x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3197954)
1607 の 10 の Windows のバージョンの累積的な更新: 2016 年 10 月 27 日

・Windows 10 Version 1607 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3199986)
10 バージョン 1607 の Windows 用の更新プログラムのスタック処理: 2016 年 10 月 27 日

・Windows 10 Version 1607 for x64-based Systems 用 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (KB3201860)
Adobe Flash Player の MS16 128: セキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 27 日

2016/10/28 新記事掲載

【Win10】WinUp設定を従来の手動更新ライクに変更する【ごめん無印は不可】

    Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

    A800009
    Windows 10 レスキューキット

    A800010
    プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

    厄介なブルースクリーンエラー、BAD_POOL_HEADER (0x19)、DPC_WATCHDOG_VIOLATION(0x133)の回避機能を実装。

    および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

    初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

    【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
    ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

    About comments

    申し訳ありませんが、日本語のコメントのみを承認しています。 Sorry, only for Japan to approve. 죄송 하지만 일본어 코멘트를 승인 하 고 있습니다. 抱歉,只为日本批准。 عذراً، فقط لليابان الموافقة.

    コメントを残す