お知らせ

◎ フォーローしてね! WinUP情報や不具合情報追加を、ツイッター・フェイスブック・Google+でお知らせしていますのでご利用ください。

保護中記事のパスワードについて 記事の自己検閲によるパスワード保護の開始についてを読み了承の上閲覧される方は「5525」を入力してくださいね。

サイト内検索:カテゴリなど一部詳細情報はページ最下部もご覧ください





【Windows Update】2016年10月の不具合情報など【定例+臨時】

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分49秒です。

この記事の概要
SN00040
目次
特に緊急・重要な情報など
お知らせ
Windows10レスキューキットの最新Ver.情報
本文
初旬分(1~10日)
中旬分(11~20日)
下旬分(21~月末)

・内蔵HDDのファイル消失は、Win8.1でも発生するようです。【確認必須】Windows10でファイルやフォルダが消えてしまう【解決策追加】

【重要】
Windows Update情報の検索について:
このサイトのリンク先は下記条件に合致しないと開けない場合がります。【Win UP@2015/7~個別】Microsoft Update カタログ ページ【2015/8/21追加】
(IEかつキャッシュ・JAVA・クッキーが有効でないとページが開けない場合があります)

対象 内容
キーワード Windows Update、不具合、月別、まとめ
更新 2016/10/28…更新の配布、JAVAとnVidiaドライバの件。
(クリックでジャンプします)

  広告




お歳暮に迷ったらこれ!

更新履歴
2016/10/28…更新の配布、JAVAとnVidiaドライバの件。
2016/10/26…フラッシュプレーヤーに緊急・重大な脆弱性。
2016/10/19…Win7/8.1にオプションが各1個来ています。
2016/10/15…NASとネットワークのトラブル。
2016/10/14…不具合情報を追加。
2016/10/13…不具合情報追加。
2016/10/12 22:20…障害情報など。
2016/10/12…定例更新が来ました。
2016/10/11…今夜(10/12 02:00)は定例更新です。
2016/10/5…アップグレード互換関連がWin7にKB2952664、Win8.1にKB2976978、懲りずに来ています。
2016/10/4…Win7をSkylakeを搭載したPCにインストールは失敗する場合がある。
2016/9/28…10月分の記事を準備しました。

Win10はこちら⇒【Windows Update 】2016年8月の更新・不具合情報【Windows 10】

特に緊急・重要な情報など

当月分

2016/9/28 定例更新のパッケージ化

2016年10月より定例更新は「大部分がロールアップとしてパッケージ化」されます。環境が、以下のような場合十二分に注意を払ってくださいね。

・古めの機材(ドライバ)・古めのソフトなど「署名が現状に対応していない/署名がない」、(最新のものでも可能性はありますが)その中でも一般的ではないフォントが入っているCAD・会計ソフト

・クラシックシェルなどのようなソフトあり

・OS高速化ソフトやRAMディスク、シンボリックリンクを使用したファイルの移動…など

2016/10/13 EMET使用者の追加操作

【重要】
Win7でEMET使用者は、September 2016 update rollup for Windows 7 SP1 and Windows Server 2008 R2 SP1の対策を実行してください。

対策要約の機械翻訳

改良と修正

非セキュリティの強化およびこの更新プログラムの修正プログラムの詳細については、Windows 7 SP1 と Windows サーバー 2008 R2 SP1 更新履歴「9 月 20、2016-KB3185278」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題
症状

更新 3175024 がインストールされているコンピューターで、Windows 7 サービス パック 1 (SP1) に強化対策経験ツールキット (EMET) を実行するいると仮定します。アプリケーションを起動するときに、アプリケーションはプロセスで非常に早くフリーズするし、完全に起動しません。

原因
この問題は、フィルタ リング (EAF) 軽減のエクスポート アドレス テーブルがアプリケーションにアクティブなために発生します。

回避策

この問題を回避するのにには電気炉緩和すべてのアプリケーションを無効にするのに次の方法のいずれかを使用します。

先月分
2016年9月は掲載情報がありませんでした。

 

お知らせ

2016年10月の定例更新予定は、日本時間2016/10/12 02:00前後 (米国日付2016/10/11)です。また、最近の例では第二水曜日は重要、第三水曜日オプションということが多いようです。

・2016年10月より定例日の配信の大部分がロールアップパッケージでの配信となる予定です。このため不具合発生時の対処が非常に困難です。特に業務用のPCでは、様子見が必須です。

今までの例ですと「古めで署名の怪しいドライバの周辺機器やソフト、CAD・会計ソフトなどで特殊なフォントが入っているもの、暗号化ドライブやPTM、指紋認証デバイス」などが起動しないなどの重大トラブルの原因になっていますので留意してください。

定例の注意事項【Win UP@2015/7~個別】一般的注意事項と復元ポイント自動生成の不都合など

・更新前の注意事項は【注意点】Windows Update前の設定など【2015年6月版】で確認してください。また、その中でWindows8/8.1起動時にセーフモードが起動オプションとして必ず表示されるようにする方法を紹介しています。Windows8/8.1を高速スタートアップ有効のままで使用したい方や、ASUSのM/Bを使用しているなどF8キーに起動時の機能が割り当てられている方は参考にしてみてくださいね。

Windows Update情報の検索について:
【Win UP@2015/7~個別】Microsoft Update カタログ ページ【2015/8/21追加】

 

Windows10レスキューキットの最新Ver.情報

Win10特有の10秒ルールやドライバ不適合によるBSoD、内臓HDDデマでファイルが消えてしまう問題の解決のほか、最新の機能としてWinUp後の勝手な再起動を防止して自分の指定して時間に再起動させる機能などが追加されています。

【Win10レスキューキット】最新バージョン情報【随時更新】

 

本文

最近Win8.1とWin10で(以前から指摘していたように)WinUp後に各種のドライバが不正になってしまう事例が発生するケースが散見されます。チップセットドライバなどに不都合が発生するとファイル消失やHDD丸ごとのぶっ飛び(OSが起動しなくなることも…)が発生しますので厳重注意です。

参考記事
【確認必須】Windows10でファイルやフォルダが消えてしまう【解決策追加】




初旬分(1~10日)

 

2016/9/28 10月分の記事を準備しました。
2016/10/4 Win7の新規インストール ・MSSE

・USBドライバの不足?で失敗することがあるようです。

最新CPU Skylake搭載PCにWindows 7をインストールする

・MSSEのコンテキストメニューの件は未解決のままみたいですね。

2016/10/5 アップグレード互換関連がWin7にKB2952664、Win8.1にKB2976978、
懲りずに来ています。

双方オプションです。必要のない方は全く導入の必要はありません。

Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
Windows 7 アップグレード用互換性更新プログラム

Windows 8.1 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2976978)
Windows 8.1 および Windows 8 用の互換性更新プログラム

中旬分(11~20日)

2016/10/11 更新はロールアップの予定

今夜(10/12 02:00)は定例更新です。今回から、Win7とWin8.1もロールアップでKBが提供される予定となります。起動不能になった場合にcmdから、「wusa.exe /uninstall /kb:XXXXXXX /quiet /norestart」を実行(XXXXXXXはKBナンバー)してアンインストールという手法もあるのですが、ロールアップ提供に対する手法として大丈夫であるのかが不明ですし、Win10では使用できません。

復元ポイントが消えてしまったり、システムの保護が無効になるなどの不具合も発生していますので、できる限りシステムイメージを保存しておくことをお勧めします。

参考サイト:
「Windows 7/8.1」など、間もなく月例パッチに移行–MSが詳細を案内
More on Windows 7 and Windows 8.1 servicing changes

2016/10/12
定例更新
Win7
KB3188740・KB890830・KB3185330・KB2952664
Win8.1
KB3192392・KB3185331・KB890830

Win7
KB3188740・KB890830・KB3185330・KB2952664

October, 2016 Security and Quality Rollup for .NET Framework 3.5.1 on Windows 7 SP1 and Windows Server 2008 R2 SP1 for x64 (KB3188740)
MS16 120: Windows 7 のサービス パック 1 および Windows Server 2008 R2 サービスのための .NET Framework 3.5.1 のセキュリティと品質プログラムのロールアップの説明パック 1: 2016 年 10 月 11 日

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2016 年 10 月 (KB890830)
サポートされているバージョンの Windows を搭載しているコンピューターから、流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール

2016 年 10 月 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB3185330)
2016年 10 月セキュリティ毎月品質ロールアップ Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の

概要
このセキュリティ更新プログラム改善と以前に出荷された更新プログラムから修正プログラムが 3185278 を更新します。非セキュリティの強化およびこの更新プログラムの修正プログラムの詳細については、参照、2016 年 9 月 20 日-Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 更新履歴欄を 3185278。

このセキュリティ更新プログラムは Windows の次の脆弱性も解決します。

Windows 認証方法の MS16 101 セキュリティ更新プログラム

Internet Explorer の MS16 118 累積的なセキュリティ更新プログラム

マイクロソフト グラフィック コンポーネントの MS16 120 セキュリティ更新プログラム

MS16 122 セキュリティ更新プログラム Microsoft ビデオ コントロール

カーネル モード ドライバー用 MS16 123 セキュリティ更新プログラム

Windows レジストリの MS16 124 セキュリティ更新プログラム

MS16 126 セキュリティ更新プログラム Microsoft インターネット メッセージング API

Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
Windows 7 で Windows を最新の互換性に関する更新プログラム

Win8.1
KB3192392・KB3185331・KB890830

KB3192392とKB3185331の説明が同じに見えるんだけどリンク先のページが誤っているのか?いまいちわかりません…。

2016 年 10 月 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティのみの品質更新プログラム (KB3192392)
2016年 10 月セキュリティ唯一の品質は、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の更新します。

概要
このセキュリティ更新プログラムは、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の次の脆弱性を解決します。

Windows 認証方法の MS16 101 セキュリティ更新プログラム

Internet Explorer の MS16 118 累積的なセキュリティ更新プログラム

マイクロソフト グラフィック コンポーネントの MS16 120 セキュリティ更新プログラム

MS16 122 セキュリティ更新プログラム Microsoft ビデオ コントロール

カーネル モード ドライバー用 MS16 123 セキュリティ更新プログラム

Windows レジストリの MS16 124 セキュリティ更新プログラム

2016 年 10 月 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB3185331)
2016年 10 月セキュリティ毎月品質ロールアップ Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の

概要
このセキュリティ更新プログラム改善と以前に出荷された更新プログラムから修正プログラムが 3185279 を更新します。非セキュリティの強化およびこの更新プログラムの修正プログラムの詳細については、2016 年 9 月 20 日-Windows 8.1 で Windows Server 2012 R2 更新履歴 3185279 のセクションを参照してください。このセキュリティ更新プログラムは Windows の次の脆弱性も解決します。

Windows 認証方法の MS16 101 セキュリティ更新プログラム

Internet Explorer の MS16 118 累積的なセキュリティ更新プログラム

マイクロソフト グラフィック コンポーネントの MS16 120 セキュリティ更新プログラム

MS16 122 セキュリティ更新プログラム Microsoft ビデオ コントロール

カーネル モード ドライバー用 MS16 123 セキュリティ更新プログラム

Windows レジストリの MS16 124 セキュリティ更新プログラム

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2016 年 10 月 (KB890830)
サポートされているバージョンの Windows を搭載しているコンピューターから、流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール

2016/10/12 22:20 障害情報など

各OSとも今のところ大きな問題はないようです。

Win7/8.1
・今月から、テレメトリ関連などを除外してインストールすることは不可能になりました。テザリングで使用している場合通信料が増加します。

・IEは別というようなアナウンスでしたが今回は一緒のパッケージでした。

共通
・IE11で推奨設定を選択しないとホームページタブや履歴がおかしくなる。(消えてしまう)

番外
テザリングをBluetoothやUSB経由で行っている場合「従量課金接続」の扱いにならずにダウンロードされる件は解決されていません。Win7/8.1もロールアップとなりましたので今後ファイルが膨れ上がると思われます。

方向性を見ると、Win10同様にインストールの設定ができなくなることも予想されますので今後注意が必要です。

また、OneDriveやOnenoteの同期が従量課金制でも実行される例がありあっという間にパケットを消費してしまうことがあるようですから注意してくださいね。

2016/10/13 障害情報追加

IE11
今回、IE11の不具合、けっこい多いようです。

過去に【IE11】使っちゃいけない???【今絶不調の様子】というような記事も書いているのですが、ここまで収束していないことや、毎回のように不都合が発生するところを見ると根本的にダメなところがあるように思います。

修正のために無理やりバッジをあてる⇒無理がたたってまたほかのところで不具合、こんな構図に見えます。

現状解決策はKBの削除、代替策はIE11以外のブラウザを使用することとなります。

・履歴と予測が出なくなった。

・ユーチューブがバグる、というよりも複数タブ(ホームページセット?)にして閉じるとバグる。

・真っ白(真っ黒?)になる。

・コピーしようとするとフリーズする、警告ダイアログが出てOKを押すと強制終了する。

・この件に関連するのかどうかは不明ですが、私の検証機中Win10 無印 x32で「native_proxy.exeは動作を停止しました」という警告ダイアログが出るようになりました。WindowsLiveMailのリンクを開くと「native_proxy.exeは動作を停止しました」とポップアップ画面が出るなどを見るとWindows MeilやIE11との関連があるようです。

今のところ実害は不明です。

sn00007

Win7
・カスタマーエクスペリエンスの設定が「はい」に変更される。(ブログ主注:位置情報などプライバシー設定すべての確認推奨)

・アップデートが一通り終わった後、KB3046017が現れてアップデート失敗になっていた。

・相変わらず更新の確認に長時間要する例も多い様子。

・最後のKB3194798のDL中に83%で止まり、うんともすんともいわなくなった。

・EMET使用者は、September 2016 update rollup for Windows 7 SP1 and Windows Server 2008 R2 SP1の対策を実行してください。

対策要約の機械翻訳

改良と修正

非セキュリティの強化およびこの更新プログラムの修正プログラムの詳細については、Windows 7 SP1 と Windows サーバー 2008 R2 SP1 更新履歴「9 月 20、2016-KB3185278」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題
症状

更新 3175024 がインストールされているコンピューターで、Windows 7 サービス パック 1 (SP1) に強化対策経験ツールキット (EMET) を実行するいると仮定します。アプリケーションを起動するときに、アプリケーションはプロセスで非常に早くフリーズするし、完全に起動しません。

原因
この問題は、フィルタ リング (EAF) 軽減のエクスポート アドレス テーブルがアプリケーションにアクティブなために発生します。

回避策

この問題を回避するのにには電気炉緩和すべてのアプリケーションを無効にするのに次の方法のいずれかを使用します。

情報提供していただいたコメント

Tef
2016年10月12日 4:25 PM
いつも不具合情報のご提供にとても助かっています

> KB3192392とKB3185331の説明が同じに見えるんだけど

KB3185331(セキュリティ マンスリー品質ロールアップ) は
KB3192392(セキュリティのみの品質更新プログラム) に
KB3185279 のセキュリティ以外の更新 を加えたものとなっています

Windows 7 も同様に
KB3185330 が KB3192391 + KB3185278 になっています
ちなみに KB3185278 は Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) の不具合を抱えていて
対応方法がKBページに掲載されています

情報提供まで

Win8.1
・カスタマーエクスペリエンスの設定が「はい」に変更される。(ブログ主注:位置情報などプライバシー設定すべての確認推奨)

MSコミュニティーからの抜粋

Win7
Windows7用更新プログラムが失敗する

注:KB3177467・エラーの詳細: コード 80242016

Win8.1
windows8 タスクバーに黄色と青の盾アイコンが点滅

注:複数人が「私も!」ボタンを押していますので割合に多いのかもしれません。

2016/10/14 不具合情報を追加。

今月はIE11の件を除くとおおむね静かなようです。ただし、安心していると19日には第二定例が来るんですよね…。毎回このぐらい静かだとよいのですがなかなか難しいのかもしれないですね。

最近の傾向として、プリンタ、キーボードマウス、チップセットなど割合とOSの根幹に深くかかわるものが古めというのが不具合発生のキーポイントになっているように見えます。

Win8.1と(特に)Win10では省電力の対応を含め、ファームウエア・ドライバ・ユーティリティーなどがOSに完全対応していないという場合は要注意です。

以下、MSコミュニティー10/13~の抜粋:

Win7
windows updateのクリーンアップがありません。

セーブモードが何をしても通常に戻らない

シャットダウンをしようとしたら、プログラムの自動更新の表示が出て、終了後シャットダウンのはずでしたが、朝にモニターを見たらセーブモードになって起動中の状態。
日常通り、「F2」キーからの通常起動をしても、他の方法を色々とネットでチェックしたものを実行しても改善できず、セーブモードから脱出が出来ません。

Win8.1
当該なし

2016/10/15 NASとネットワークのトラブル

Win8.1/10
またまたNASやネットワークストレージなどと接続できない事例が発生している模様。

【WinUp個別】OSアップグレードやWinUp後の無線LANトラブルの回避【WinUP個別】ネットワーク上のNASなどが見えない場合の対処で紹介した方法を参考にしてください。

2016/10/19 第二定例日
Win7・KB3192403  Win8.1・KB3192404

Win7・KB3192403
詳細情報なし。ただしWin8.1に準ずると考えられます。企業向けリモートとなっていますが「MSのテレメトリ」に関するものが含まれる可能性は否めません。

不要な方には全く不要なオプションなのですが、MSテレマトリに関する更新を最新にしておかないとWinUp時の確認に長時間を要する場合があるというような意見もありますので、MSテレメトリ関連を導入しても気にならない方は導入しておくのもありかもしれません。

Win8.1

2016 年 10 月 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB3192404)
企業のリモートということできていますが「MSのテレメトリ」も含まれている感は否めません。
Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の毎月の品質プログラムのロールアップの 2016年 10 月のプレビュー

このパッケージの更新の診断と遠隔測定のサービスを計画し、ウィンドウを管理する分析機能のアップグレードを使用する企業向けの福利厚生を提供するプロセスをアップグレードします。•ユーザーのログオンを偽装して、認証済みのプロキシ環境での設定の遠隔測定のアップロードとダウンロードを有効にするためのサポート
•遠隔測定のアップロードし、ダウンロードの設定を特定のプロキシを構成するのにをサポートします。
診断と遠隔測定のサービスは、Windows からの使用法および診断情報を収集します。ことについての詳細情報、 カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) は、ここです。

この更新プログラムでは、SSL (TCP ポート 443) を使用して、マニフェストをダウンロードし、「遠隔測定」を次のような DNS エンドポイントを使用している Microsoft にアップロードします。•vortex-win.data.microsoft.com
•settings-win.data.microsoft.com
この更新プログラムには、サービスによって使用される次の 2 つのマニフェストが含まれています。•テレメトリ
•utc.app.json

2016/10/19 ロールアップに関する情報提供をいただきました

Tefさんよりまたまた有益な情報を提供していただきました。今週の日曜までリアルが忙しく(北海道らしく移動距離1,000㎞近い、お仕事道中となります…。3日間で帯広⇒中標津⇒別海⇒根室⇒札幌⇒帯広とか基地外な気が…)詳細の解説などはできないので、リンク先をご覧になってみてくださいね。

ロールアップ についての追加情報を

今回の「マンスリー品質ロールアップのプレビュー(Win7:KB3192403,Win8.1:KB3192404)」は
「セキュリティ マンスリー品質ロールアップ」+「今月のセキュリティ以外の更新」になっています

そして、このプレビューに今月のセキュリティ更新を加えたものが
来月の「セキュリティ マンスリー品質ロールアップ」になります

※ 「セキュリティのみの品質更新プログラム」は新規分のまとめのみ

↓ ココに図付で説明があります
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2016/10/11/more-on-windows-7-and-windows-8-1-servicing-changes/

↓ ココに履歴が残されるようです
https://support.microsoft.com/en-us/help/22801
https://support.microsoft.com/en-us/help/24717

これでいくと ロールアップは毎月どんどん肥大化していくことになるのですが
高速化した世の中なので大丈夫と考えているのかもしれません

情報提供まで

下旬分(21~月末)

2016/10/26 フラッシュプレーヤーに重大な脆弱性

フラッシュプレーヤーに緊急・重大な脆弱性があるとのことです。必ず更新してくださいね。

バージョンが最新版かどうか、以下のページで確認。
Adobe Flash Player:Version Information

最新バージョンでなかった方は、下記のページよりAdobe Flash Player を更新。
Adobe Flash Player ダウンロードセンター

最新の更新

2016/10/28 更新の配布、JAVAとnVidiaドライバの件。

共通
JAVAの更新は忘れがちです。利用して入る方はJAVAも確認してくださいね。

nVidiaドライバの不具合。
昨日からOneNoteやフォトアプリが落ちまくるなどの症状が発生しているようです。GeForce375.57にバグがあり、すでに375.63がリリースされてるようですので更新してくださいね。

Win7
現時点(10/28)手動での更新です。10/27分記載を参考に更新してください。

Win8.1
Windows 8.1 for x64-based Systems 用 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (KB3201860)
Adobe Flash Player の MS16 128: セキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 27 日

 

    Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

    A800009
    Windows 10 レスキューキット

    A800010
    プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

    厄介なブルースクリーンエラー、BAD_POOL_HEADER (0x19)、DPC_WATCHDOG_VIOLATION(0x133)の回避機能を実装。

    および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

    初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

    【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
    ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

    About comments

    申し訳ありませんが、日本語のコメントのみを承認しています。 Sorry, only for Japan to approve. 죄송 하지만 일본어 코멘트를 승인 하 고 있습니다. 抱歉,只为日本批准。 عذراً، فقط لليابان الموافقة.

    3件のコメント

    • Tef

      いつも不具合情報のご提供にとても助かっています

      > KB3192392とKB3185331の説明が同じに見えるんだけど

      KB3185331(セキュリティ マンスリー品質ロールアップ) は
      KB3192392(セキュリティのみの品質更新プログラム) に
      KB3185279 のセキュリティ以外の更新 を加えたものとなっています

      Windows 7 も同様に
      KB3185330 が KB3192391 + KB3185278 になっています
      ちなみに KB3185278 は Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) の不具合を抱えていて
      対応方法がKBページに掲載されています

      情報提供まで

    • >Tefさん
      情報をありがとうございます。

      今、万が一に備えてコマンドラインからアップデートインスタンスの取り消し、KBの削除などWin10も含めてロールアップの場合について調査中です。情報を入手したら記事にしますので見に来てくださいいね。

    • Tef

      ロールアップ についての追加情報を

      今回の「マンスリー品質ロールアップのプレビュー(Win7:KB3192403,Win8.1:KB3192404)」は
      「セキュリティ マンスリー品質ロールアップ」+「今月のセキュリティ以外の更新」になっています

      そして、このプレビューに今月のセキュリティ更新を加えたものが
      来月の「セキュリティ マンスリー品質ロールアップ」になります

      ※ 「セキュリティのみの品質更新プログラム」は新規分のまとめのみ

      ↓ ココに図付で説明があります
      https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2016/10/11/more-on-windows-7-and-windows-8-1-servicing-changes/

      ↓ ココに履歴が残されるようです
      https://support.microsoft.com/en-us/help/22801
      https://support.microsoft.com/en-us/help/24717

      これでいくと ロールアップは毎月どんどん肥大化していくことになるのですが
      高速化した世の中なので大丈夫と考えているのかもしれません

      情報提供まで

    コメントを残す