お知らせ

◎ フォーローしてね! WinUP情報や不具合情報追加を、ツイッター・フェイスブック・Google+でお知らせしていますのでご利用ください。

保護中記事のパスワードについて 記事の自己検閲によるパスワード保護の開始についてを読み了承の上閲覧される方は「5525」を入力してくださいね。

サイト内検索:カテゴリなど一部詳細情報はページ最下部もご覧ください





【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分38秒です。

◎最新の更新2015/10/23

===重要追記===

ブルースクリーン エラー:DPC_WATCHDOG_VIOLATION

詳細記事:
【Win10】10ルール問題(BSoD)を公式に認めた???【いまさら…】

記事要約:
MSが、どうもこの記事でも触れたドライバ応答が10秒以内にない場合にブルースクリーンになってしまう「DPC_WATCHDOG_VIOLATION0x00000133」について「準公式の場所にMSの社員アカウントで掲載してきたみたい」なのを発見しました。。
残念ながら、この不具合の防止機能はWindows 10 レスキューキット
の有料版でのみ使用できる機能となりますが「思い当たる方はWindows 10 レスキューキット
の導入」をお勧めします。
(MSは対策中と言ってはいますが、「すべてのドライバを検出したり」「新たに(臨時に)接続された機器すべてに」対応するのは無理なように思えます。)

===重要追記ここまで===

大ニュースです!!!

Windows10レスキューキットを支援/補完して、新たに出てくる問題に対応する「Windows10レスキューキット ZERO」(仮称)を来週中にも無償で追加するとの情報です。
【Coming soon】Windows10販売開始後に判明した不具合も手当て !!! 【Win10レスキューキットが頼もしい】

==========

副題: Windows10レスキューキット・プチフリバスターのプログラマーUさんにインタビューしてみた

Windows 10を使用するうえで、「非常に厄介な問題」として「ブルースクリーンエラー0x133, 0x19」という現象があります。

これは、10秒以上デバイス(ドライバ)の応答時間がかかってしまうとブルースクリーン(BSOD)が発生する事象です。不都合な現象であるからなのか、マイクロソフト社では周知をしていないように見えます。

  広告




お歳暮に迷ったらこれ!

そんななか、いち早くこの問題に着目し7/29の一般公開日に「対策ソフトを発表」した会社があります。

そう、電机本舗さんです。

プチフリバスターやWindows 8レスキューキット他、知る人ぞ知る名作ソフトの販売元です。

自分は、もともとブログを書かせていただくうえでご縁があり、今回のWindows 10レスキューキットの仕様で気になる点を問い合わせていました。

その中で、「10秒ルール」のことや、複数回目の起動時に起動不能になってしまう問題など寄稿していただけませんかとお尋ねしたところ「快諾」していただきました!!!

以下、インタビューとなりますが、その前に「もう一つ、うれしいお知らせ」があります。

今回の、Windows10レスキューキット新発売を記念して、レスキューキットとプチフリバスターは期間限定の「特別価格」が設定されています。

詳しい商品説明のページ:

A800009
Windows 10 レスキューキット

A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

「10秒ルール」…Windows 10運用時に「10秒以内にデバイス(ドライバ)からの応答が完了しないとBSODが発生する現象」に勝手に名前を付けちゃいました…。

・インタビュー中、「ブ」はブログ主、「電」は電机本舗さんのプログラマーさんです。

 

===== これよりインタビュー本文 =====

◎こちらはインタビュー記事です。私の理解不足・聞き間違いなどが原因の瑕疵がある場合があります。

ブログ主: 今日は、時間をとっていただきありがとうございます。さっそくで申し訳ないのですが、Windows 10レスキューキットで一番気になる点について教えてほしいと思います。まず自分が勝手に名付けた「10秒ルール」のブルースクリーンについてもう少し詳しく教えて下さい。

電机本舗さん: この現象との最初の遭遇はWindows8でプチフリバスターのロードテストを掛けている時でした。 最初は普通に動作確認だけして”8対応”と銘打てば良いと思っていたのですが違いました。

弊社では動作検証にあたり幾つかのガイドラインがあります。その一つにシステムのバックアップが完走することというのがありました。今ではこのテストはしなくなりましたが(注1)、当時、このテストをしているとバックアップが90%くらい進行したところで決まってDPC_WATCHDOG_VIOLATION(Bug Check 0x133)が発生する。あと一歩というところでエラーが出るわけです。

プチフリバスターのようなキャッシュソフトで一番重要なのはキャッシュがパンパンにパンクした時点でガシガシとディスクに書き込み/読み込みを行いデータが壊れない事です。
この高負荷テストは最低でも1時間、余裕がある時は一晩掛けます。

Windows8が出たばかりの頃、DPC_WATCHDOG_VIOLATION(Bug Check 0x133)は敏感にすぐ出ました。

プチフリバスターはありとあらゆる手段を使い、OSの作法にのっとり、DPC_WATCHDOG_VIOLATION(Bug Check 0x133)が絶対に出ないように工夫しました。ですが、エンドユーザのPC、周辺機器を考えるとレスキューキットのような形で対策をしないとまずいだろうこの時に確信しました。

注1:Windows8の出荷開始からしばらくは、クリーンインストールした状態でシステムバックアップ/リカバリが出来ないことが続き「何が正常値か判らなくなり」テスト項目から外した。現在は、数十ギガバイトのデータの連続書き込みで代替テストをしている。

:この現象は、通常にPCを使用していてかなりの頻度で発生するものですか?また、この現象が発生しないように「自分でレジストリなどを操作すること」は、かなり難しいのでしょうか?

:理論上は極めて高い確率で”当たる”はずです。

実はプチフリバスターのVer3から同様の機能を実装しています。当時弊社では15秒(!)あれば充分と考えていました。ディスクから応答が15秒以内に完遂すると考えたわけです。顧客からサポート要請があり調べた結果、当時の一般的なハードディスクが電源ONから8秒で安定して作動する事。

ただし、社内にあった古いハードディスクでは安定化するのに12秒かかっていました。弊社のデータではタイマーの最小値は15秒、余裕をもち20秒以上が【ハードディスク】の場合の正解というのが結論です。

MSの仕様の10秒というのはギリギリのギリというラインです。最新のハードディスクと充分に余裕のある電源では問題にならない。ただし冬は寒いので当然モータの駆動は遅くなります。また、冬季に限らず(古めの規格の電源など)プラス5Vが容量不足で電源が逼迫すれば「当然遅くなります」から非常に綱渡り的な値です。

ハードディスクでこれですから、CD/DVDではちょっと想像がつきません。盤面にキズや埃が原因でエラーリトライが発生したら簡単に発生するのではないかと思います。それでも10秒問題に対応したドライバのある機材では回避できますが、生産終了になった古い機材では無理でしょう。

このような事態が発生しても一過性のこともありますし、一般の方は「まさかOSの仕様が原因で発生する」とは思いもつかないと思います。

レジストリの修整については、「一般の方には難しい」と思います。先日、WebでDPC_WATCHDOG_VIOLATION(Bug Check 0x133)を調べたのですが気がつきにくいことなども影響してか情報が見つかりませんでした。

その代わりに「新たなkp41秒」みたいなヒット(BSOD)が結構あったのですが、詳細が不明で「うーん」という感じです。(疑わしいとも)何とも言えませんね…。

:ソフトの説明に書かれているブルースクリーンのほかに、Windows10のアップグレードに成功したのち「何回目かの起動時」に起動不能になる例が発生しているようです。この現象に対して「効果が期待できる可能性」はどうでしょう?

:エラー番号を見ないとなんともいえないのですが、おそらく、BAD_POOL_HEADER (0x19),SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(0x7e)ではないかと思います。

これについてはWindows10レスキューキットFree版(無料配布版)にある互換性テストで問題を起すドライバをサーチしてください。この検査に引っかかったドライバがあればそれをWindows8/10に対応した最新版に更新するか、アンインストールしてください。回避できるはずです

(ブログ主注:問題のある機器のドライバがない場合は、取り外せれば取り外す。外すことができない場合はデバイスマネージャから無効にします)

A800009
Windows 10 レスキューキット

:10秒ルールについて例としてHDDで説明されていますが、今後 Windows updateやメーカーのドライバーupdateで応答のレスポンスが悪くなった場合ブルースクリーンが発生する可能性はあるのでしょうか?

:当然出るでしょう。実際にアンチウィルスがウィルススキャンに時間がかかり10秒を突破してブルーバックするという事例が起きています。この場合、CPUが速いか遅いかで出たわけです。あるいはウィルススキャンする定義ファイルが小さい時は出ず、大きくなるに従い処理が増えて出るようになる可能性もあります。昨日まで発生しなかったのにウィルス定義ファイルを更新してから出る可能性があります。

:これですと10秒ルールのことを承知していたり、対策を打っていないとかなり困ったことになるようですね。

:ええ、特に、古いコントローラを採用した機材ほど大変です。コントローラつまり機材の内蔵CPUなわけですが5年、10年以上前の設計がゴロゴロしています。

これらはOSが10秒でタイムアウトを起す事を想定しません。事実上無理だと思います。一つの目安として、価格の高い、設計の新しい機材ほど回避が可能でしょう。逆に設計が古く、量産効果で安く手に入る機材ほど要注意となります。

:それですと、Windowsを使用しつづける大きな理由である「手持ち資産の活用や互換性」に疑問があると考えるしかありませんね。このお話を聞いているうちに(まさかそれを承知していてではないでしょうが)「Adobeのイラストレータが、まるで時期を申し合わせたかのように自動バックアップ機能を搭載した」のが頭に浮かんでしまいました…。

Windows 10レスキューキットのそのほかの特徴はどのようなものですか?

:Free版を無料配布しています。活用してください。セーフモードの復活とBAD_POOL_HEADER (0x19),SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(0x7e)を引き起こしそうなドライバの検索ができます。
無料ですので是非活用ください。

:今回、Windows 10レスキューキットを作成したにあたり、こぼれ話や興味深い話はありますか?もしあれば教えて下さい。

:マイクロソフトはファイルの損壊問題を自覚していますね。PCをシャットダウンし、外付けのUSBディスクを他のPCで読み書きするとファイルが壊れるという例の問題です。

Windows10で追試したところ、他のPCにディスクを接続したところこの画面がでます。今まではこれが出ず、使い続けるとファイル損壊、最悪フォーマットが必要になったわけです。これがWindows10からは少なくとも、修復を促すようになりました。ここで修復をすればファイルは壊れないようにです。最も、判っているならば抜本的に対処しろよとな(ポソッ)。Windows10レスキューキットのPremium版以上では抜本的にこの画面がでないようにする機能を提供しています。

そうそう、面白い事と言えば、半年がかりのテストで「SSDにデフラグは必要/不要」のデータが出ました。
Windows10になりますますSSDとの併用は重要に成ると思います。是非参考にしてください。

A800005

従来の仮説:SSDでデフラグは不要、百害あって一利なし。
弊社の主張:SSDだからこそデフラグは必要。ただし最新SSDほど不要になりつつある。

SSDというのは円盤が入っていませんから読み取りヘッドが盤面を移動(いわゆるシーク)しません。
従い、ファイルが分断化してもしなくても同じだというのがマスコミを中心とした一般論なわけです。

結論として現行最新世代のCFD販売HG6Q-512GBの半年間の運用テストのスコアを提示します。

A800006

いかがでしょうか?、デフラグで20~50%の速度が向上しています。

A800007

デフラグを掛ける前の断片化情報がこれです。
初期のSSDではなく、現行最新のもので数十%単位で速度劣化からの回復を観測しました。

半年使えばデフラグしないと20~30%は速度が低下する!

これを頭に入れて置いてください。

さて、このデータを取るにあたり、注意事項は次のものです。

1.デフラグを掛けた直後は一時的に速度が遅くなる場合がある。時間と共に回復するのは
ガベージコレクタ(SSD内部の事実上のデフラグ処理)が掛かるためと推測。
速度が一時的に低下するのは断片化が起きた状態にSSDが最適化しているため、デフラグを掛けると
これに適合しないため遅くなると思われる。

2.このSSDは一度、電源を切り、入れなおすと高速化するクセがある。
ガベージコレクタ(SSD内部の事実上のデフラグ処理)が利用する内部メモリが
電源再投入でリセットがかかり、整理されるためと推測。

3.デフラグは「SSDブースター」を使用。プチフリバスターの中に入っている「MyDefragブースター」を
暇な時に自動的にデフラグするよう機能強化した版です。

ちなみに2010年当時のSSDを使ったテストを紹介しておきます。

A800008

この図は2010年当時のSSDの速度の変化です。スペースデデフラグというソフトを使い、極端な断片化を作り出した時のベンチマークです。当時のSSDでこれくらいの変化がありました。

:ソフトウエア開発者の視点から見るとWindows10というのは、「私たちコンシューマーにとって優しいOS」でしょうか?

:8と10の比較とするならば「優しいOS」ですね。Windows10はスタートボタンを備え、ビジュアルも大変きれいで女性受けは良いと思います。

ただ実用一点張りで考えると現行世代ではWindows7が一番優しいOSだと思います。

 


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

 

:話しは変わりますが、私は現在Windows 8.1でプチフリバスターを使用しています。最新版は、Windows10でも使用ができ、快適な環境が手に入るのでしょうか?

:入ります。ですが(ブログ主さんの場合)より高速化した「プチフリバスターVer5」を投入しているのでこちらにアップデートしてください。

ベンチマークソフトのCrystalDiskMarkで言うところの4Kランダムアクセスのスコアが3倍速くなります

:プチフリバスターの「一押しな特徴」を教えて下さい

:一にも二にも高速化です。そして実はSSDよりHDDでより高い効果が出ます。

そうそう、面白い使い方としてパソコン録画に活用してみてください。従来3chしか録画できなかったものが5chと録画できるようになります。これは多ch同時録画をしている方から連絡を頂いて知ったのですが、ハードディスクの掛かる負担が数分の1に減り、今まで3chでアクセスランプが真っ赤だったものが5ch録画でたまにランプが点灯するくらいになったとのことです

および、Webブラウジング等速くなり爽快ですという話を聞きます。

:プチフリバスターの特徴の中で、SSDを使用していてもさらにPCの遠さが速くなるということがあります。この点について教えて下さい。

:SSDは高速が売りですがDRAMはさらに速いです。プチフリバスターはDRAMをキャッシュに利用しているためより速くなります。プチフリバスター付属のSSD寿命カウンタPremiumを見ていると判るのですが一日の平均で8%くらい。瞬間的には数十%単位でSSDへの書き込みが減っています。この分確実に速くなっています。

ブログ主注:結果として毎日の使用で書き込みが少なくなるため、気になる「SSDの寿命」にも好影響です)

例えばファイルの管理情報のように何度も上書きする情報があります。これが8~数十%単位でキャッシュが肩代わりするわけです。もちろんディスクには最後に上書きされた情報を正確に記録します。

:プチフリバスターは注意事項を守っていれば「Windows 10でも今までのOSで使用するのと同様に安全に使用できる」ソフトウエアですか?また、特に使用上の注意点があれば教えて下さい。

:プチフリバスターは初期設定を守っていればWindows 10でも従来同様、安定して使えます

そしてさらに付属の「Windows10レスキューキットPremium」の[信頼性優先設定]を選んでください。これで信頼性は最大になります。

:今日は、お忙しい中どうもありがとうございました。

:こちらこそありがとうございます。

 

Windows 10レスキューキットのフリー版ダウンロードや購入、試用版のダウンロードははこちらからどうぞ !!!

Windows 10 レスキューキットの「Free版を無料配布」も利用してくださいね。また、プチフリバスターにも無料試用版が用意されています。

さらに、旧バージョンを使用している方は、
「最新版へのアップデート」が可能です。

加えて、Windows 10 レスキューキットの
プレミアム版が無料で使用できます。

 

A800009
Windows 10 レスキューキット

A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

 

===== インタビューを終えて =====

今回、電机本舗のUさんにインタビュをさせていただいて「やはり体系づけられた豊富な知識も持っている方」というのはすごいな、と感じさせられました。

自分のような「パソコンおたく」とはやはり一線を画します。なんというのか「引き出しの数」が違いすぎます

今回のインタビューでは原因を確定できなかったのですが、自分としては、「Windows 10にアップグレードした後しばらくして起動不能になる」、これは絶対避けたいというのが本音です。

そのためには、Windows 10 レスキューキットのフリー版でも使用可能な「不適合ドライバの検出機能」はかなり役立つのではないかと考えています。

インタビュー中あまり詳しく触れなかったのですが、Windows 10 レスキューキットやプチフリバスターにももちろん欠点があります。

ただし、それは「欠点というよりも使用法の誤り」です。

一般にどの会社が販売している、高速化ソフト・CCクリーナーのような(レジストリなどの)クリーナーソフト・そのほかの各種カスタマイズソフトでは、「ソフトウエアのアンインストール時に設定をデフォルトに戻さない」・「無理な設定」・「禁止されている操作」などのことを行うと障害が発生します。(これは当たり前のことです)

私も、Windows7/8.1の64ビット上で使用していますが、

>プチフリバスターは初期設定を守っていればWindows 10でも従来同様、安定して使えます。

とインタビューで話されているように安定した使用ができていますし、快適さを実感することはあっても不快感があったことはありません

特にWindows 10 レスキューキット
に関しては、素晴らしい「転ばぬ先の杖」と思います。

幸いなことに、

・Windows 10 レスキューキット free版が用意され

プチフリバスター Duo drive (Ver.5)
では、プチフリバスター無料試用版とWindows 10 レスキューキットのプレミアム両方が試用できます。

最後まで、記事を読んでいただき本当にありがとうございました。

 

A800009
Windows 10 レスキューキット

A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

 

=====ご注意と免責事項=====

この記事は、(有)電机本舗さんのプログラマーの方にインタビューした事柄をもとに「原稿として」起こしたものです。記事中に、私の理解不足・聞き間違いなどが原因の瑕疵がある場合があります。また、私の表明した感想や意見には錯誤が含まれている可能性があります。

一切の責任は、「ブログ主」にあります。瑕疵のある際には、ご容赦・ご寛容くださいますようお願い申し上げます。

また、著作権等の明白な違反・個人並びに企業への誹謗中傷であると思われる記述がある場合は、可及速やかに訂正・削除し「お詫びの文言を掲載」しますのでご連絡ください。

 


人気ブログランキングへ

    Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

    A800009
    Windows 10 レスキューキット

    A800010
    プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

    厄介なブルースクリーンエラー、BAD_POOL_HEADER (0x19)、DPC_WATCHDOG_VIOLATION(0x133)の回避機能を実装。

    および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

    初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

    【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
    ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

    About comments

    申し訳ありませんが、日本語のコメントのみを承認しています。 Sorry, only for Japan to approve. 죄송 하지만 일본어 코멘트를 승인 하 고 있습니다. 抱歉,只为日本批准。 عذراً، فقط لليابان الموافقة.

    コメントを残す